シコルスキー S-69

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シコルスキー S-69

XH-59A helicopter in 1981 (3).JPEG

シコルスキー S-69 (Sikorsky S-69) はヘリコプターにおける同軸反転ローターの先進回転翼実証計画の為に開発された実験機である。初飛行は1973年7月26日。

この先進的な回転翼機には目的が2つあった。1つは従来の形式では高速飛行時に空気抵抗が増える領域での先進的な回転翼によってもたらされる揚力を生み出す特性の検証、2つ目は互いに反対方向に回転する回転翼によって反動を相殺する事により高速域においてテールローターによって反動トルクを打ち消す方法は不要である事を示すことであった。

仕様 (S-69)[編集]

出典: U.S. Army Aircraft Since 1947[1], Avia.Russian.ee Website[2]

諸元

  • 乗員: 2
  • 全長: 12.42 m (40 ft 9 in)
  • 全高: 4.01 m (13 ft 2 in)
  • ローター直径: 36 ft 0 in
  • 最大離陸重量: (9,000 lb, ターボジェット使用時 11,000 lb)
  • 回転翼: 2基の3枚羽根同軸反転

性能

  • 最大速度: 296 km/h, ターボジェット使用時 518 km/h (184 mph, 322 mph)
  • 巡航速度: 185 km/h (125 mph, 109 knots)
  • 実用上昇限度: 4,570 m (15,000 ft)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Harding, Stephen (1997). U.S. Army Aircraft Since 1947. Atglen, PA, USA: Schiffer Publishing Ltd.. p. 251. ISBN 96-69996. 
  2. ^ Sikorsky S-69 / XH-59”. 2007年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]

類似項目[編集]

  • Ka-50 (航空機) - ロシアのヘリコプターで、同軸反転式ローターを持っている