タンデムローター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンデムローター機 CH-47 チヌーク
一般的なメインローター + テイルローターの形態 (UH-1)

タンデムローターとは、ヘリコプターにおいてカウンタートルクを打ち消す方式の1つで、ローターが前後に2つ配置されているヘリコプター。縦揺れに対する操縦安定性が高く、前後方向の重心移動範囲も広い利点を持ち、ヘリコプターの重量に対してローターが小さくてすむため、構造的にも有利である。反面、低い前進速度での安定性が低い、ローターのブレード数を増やすことが難しく騒音対策や効率向上がしにくい、などの短所がある。

多くのヘリコプターでは、機体中心部付近に大きなメインローター(回転軸は垂直)を、機体後部へと伸びたブームの先端に小さなテイルローター(回転軸は水平左右向き)を設ける方式を採用しており、メインローターによるトルクをテイルローターの揚力で打ち消して、機体の回転を防いでいる。

これに対してタンデムローター式のヘリコプターでは、機体上部にメインローターに相当する大きなローターを2つ、前後に並べて設置し(回転軸はどちらも垂直)、互いに逆向きに回転させることでトルクを打ち消している。CH-47 チヌークが代表例。

類似する方式[編集]

旧ソ連のミル設計局やアメリカのカマン社ではローターを左右に並べるサイドバイサイドローター式のヘリコプターを設計した。また旧ソ連のカモフ設計局ではローター軸を共用する二基一対のローターが上下で反転する同軸反転形式のヘリコプターを設計している。ローターを傾けて水平飛行も行うティルトローターV-22は、左右に並列配置する形態をとっているが、これは水平飛行時にプロペラとして使用するという設計要求から採用された配置でありミル設計局の思想とは若干異なる。

採用機[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国


イギリスの旗 イギリス


ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦