ノーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーター(NOTAR、No tail rotor)とは、他の多くのヘリコプターが備えるテイルローターに相当する飛行装置の一形式の名称。テイルローターと同様に、ヘリコプター特有の回転運動(トルク)を打ち消すための機体固有の仕組み。MDヘリコプターズによって開発された[1][2]

MD Explorer (German police)

開発[編集]

ノーター・システムの開発は1975年ヒューズ・ヘリコプターズの技術者が概念を開発した。[3] 1981年、12月、数機のヒューズH-6Aにノーター・システムが初めて搭載された。米陸軍からノーター技術開発の為、貸与された機体であった。


動作原理と機構[編集]

ノーターの動作
図では示されていないがテイル・ブーム中央部から右下方向へサーキュレーション・ジェットが噴出される。

テイル・ブームの基部内に備わった送風ファンがエンジンによって駆動されて、外気を取り込み、後部へと伸びるテイル・ブーム内へ送風する。テイル・ブームにはブーム途中の片側側面とブーム末端部の反対側面に開口部を持ち、送風された空気を噴出させる。それぞれの噴出は「サーキュレーション・ジェット」と「ダイレクト・ジェット」と呼ばれる。ブーム途中の開口部では、側面から下方へ向けてサーキュレーション・ジェットを噴出することでメイン・ローターの作り出す強力な下降気流を曲げる。このコアンダ効果によって、ブーム左右の下降気流の流れが不均一となり開口部側の流速が高まって側方へ引っ張られる。ブーム末端部の開口部からのダイレクト・ジェットはそのまま側方へ押す力となる。

2つの側方への力は、メイン・ローターの回転が作り出す回転運動(トルク)を打ち消すように働く。また、機首方向を決める運動(ヨー)で使用される。通常のテイル・ローターのように回転翼が露出せず、機体内部にあるので地上離着陸時などでの人身事故の危険が減らせることや、騒音の低減が計れる。

ホバリング時には、サーキュレーション・ジェットとダイレクト・ジェットは、ヨーイングの制御にほぼ50%ずつの効果を発揮しているが、前進飛行速度が40km/h〜95km/hぐらいでは、テイル・ブーム側面を流れるメイン・ローターからの下降気流が斜めになるためコアンダ効果は働かず、サーキュレーション・ジェットの効果に代わって、テール末端部の垂直尾翼が反トルクを含めてヨーイングの制御に使用できる[4]

長所・短所[編集]

長所[編集]

  • 騒音低減が期待できる
  • 地上離着陸時に高速回転しているテイル・ローターに接触する危険がなくなる
  • 振動軽減 - テイル・ローターの翼端が発生する渦流がないので振動が軽減される
    • テイル・ローター機のドクターヘリでは振動の為に機内で注射を打つことは困難だったが、ノーター機では可能となった
    • ダクテッド・テイル・ローターでは振動が軽減される
  • パイロットの負荷が軽減される

短所[編集]

  • 効率 - ノーター・システムはテイル・ローターよりも効率が低い[要出典]
  • 機動性 - テイルローター機と比べペダル操作の反応にラグがある。
  • 空力特性 - テイル・ブームが太くなるので空力特性が悪くなる

ノーター採用機種[編集]

ノーター・システムを搭載した機体は3機種生産されている。全てMDヘリコプター製である。 テイルローターに起因する振動や危険が皆無であるため、警察、報道、ドクターヘリ等にも使用されている。

MD Helicopters 520N NOTAR

出典[編集]

  1. ^ ノーターシステム解説(日本語)
  2. ^ http://www.kulikovair.com/Notar.htm
  3. ^ Frawley, Gerard: The International Directory of Civil Aircraft, 2003-2004, page 155. Aerospace Publications Pty Ltd, 2003. ISBN 1-875671-58-7
  4. ^ 鈴木英夫著 「図解ヘリコプター」 BLUEBACKS 講談社 2001年10月20日発行第1刷 ISBN 4-06-257346-6

外部リンク[編集]

関連項目[編集]