アグスタ A109

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アグスタ A109

A109S グランド(2006年撮影)

A109S グランド(2006年撮影)

アグスタ A109イタリアアグスタ社で開発・生産されたヘリコプター。軽量の双発多目的ヘリコプターである。単発機であるアグスタウエストランド AW119 コアラは本機を基に開発された。

開発[編集]

1960年代、アグスタ社は A109A をターボシャフト単発機として開発を始めた。まもなく、1967年にはエンジンをアリソン 250-C14双発とするように設計変更された。軍用型の A109B は開発されず、開発は民間ビジネス用の8座席の A109C に集中された。 最初の3機の試作機は1975年4月まで待たねばならなかった。1976年から生産機の引渡しが始まり、救急輸送捜索用途において成功を収めた。

1975年、アグスタ社は一時は撤退した軍用の開発に再挑戦し、1976年から1977年にかけて5機のアメリカ製TOW対戦車ミサイルを搭載した試作機が生産された。

500機目のA109がポーランドの航空機メーカーであるPZL・シフィドニク (PZL-Świdnik) によって生産された。2006年6月に顧客に引き渡された。

種類[編集]

アグスタ A109[編集]

ロサンゼルス上空のA109E
アメリカ沿岸警備隊で運用中のMH-68A スティングレイ
グリンデルワルト近郊に着陸中のスイス航空救助隊のA109K2
北海道警察航空隊ぎんれい1号
  • A109A: 最初に生産された形式。アリソン250-C20R ターボシャフトエンジン(450shp × 2)を搭載する。1971年8月4日に初飛行。A109は“イルンド”(ラテン語でツバメ)と呼ばれたが、数年でこの呼び名は廃れた。
    • A109A EOA:イタリア陸軍における軍用型。
    • A109A Mk II: 民間用A109Aの改良型。
    • A109A Mk.II MAX: A109A Mk.IIを原型とする救急・患者輸送型。担架を横向きに搭載するためキャビンを拡幅、後部に上下開きの搬入ドアを備える。
  • A109B: 生産されなかった軍用版
  • A109C: 8席の民間型。アリソン250-C20R-1ターボシャフトエンジン(450shp ×2)搭載。
    • A109C MAX: A109Cを原型とする救急・患者輸送型。
  • A109D: 試作のみ。
  • A109E パワー: 民間用の性能向上型。プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW206C ターボシャフトエンジン(640 shp × 2) を搭載。追加選択としてチュルボメカ・アリウス2K1ターボシャフトエンジン(670 shp × 2)が用意されている。
  • A109K: 高空性能を向上させた軍用型。チュルボメカ・アリウス1K1ターボシャフトエンジン(632shp×2)を搭載。
  • A109K2: A109K原型の民間向け高温高地性能向上型。大半のA109派生型と違い固定車輪を備えている。警察・捜索救難および航空患者輸送に使用される。スイスREGAの要望により作成。
  • A109M: 軍用型。
    • A109KM: 軍用高空性能向上型。
    • A109KN: 海軍型。
    • A109CM: A109Cベースの軍用型
    • A109GdiF: A109E パワーのイタリア財務警察 (Guardia di Finanza) 向け。
    • A109BA : ベルギー陸軍向け。
  • A109S グランド: 民間向けエンジン強化型。プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW207 ターボシャフトエンジン(735 shp × 2)を搭載
  • AW109 ダビンチ:スイス航空救助隊REGAの要望によりA109S グランドをベースとして開発された、高度性能向上型。胴体の短縮、複合材の採用、固定脚採用による脚引き込み用油圧装置の削除等により110kg適度軽量化されている。
  • AW109 Grand New (AW109 SP) : single IFR, TAWS and EVS, especially for EMS

CA109[編集]

A109の中国向けで昌河飛機工業公司ライセンス生産する。

特記[編集]

1988年にベルギー陸軍にA109を売り込んだ時に5000万フラン以上を贈賄した。NATOの事務総長が辞任する事態に発展する。

運用国[編集]

民用[編集]

日本の警察で運用中の機体
北海道警察 JA03HP「ぎんれい」(A109E パワー)
警視庁 JA34MP「はやぶさ4号」(A109E パワー)
宮城県警察 JA109M「くりこま」(A109E パワー)
山形県警察 JA80GT「がっさん」(A109E パワー)
福島県警察 JA110B「ばんだい」(A109E パワー)
群馬県警察 JA01GP 「あかぎ」(A109E パワー)
埼玉県警察 JA323N 「みつみね」(A109E パワー)
新潟県警察 JA02NP「はるかぜ」(A109E パワー)
静岡県警察 JA13PC「ふじ3号」(A109E パワー)
富山県警察 JA6769「つるぎ」(A109K2)
愛知県警察 JA6922「あかつき」(A109E パワー)
三重県警察 JA06ME「いせ」(A109E パワー)
滋賀県警察 JA110P「いぶき」(A109E パワー)
兵庫県警察 JA110H「ひよどり」(A109E パワー)
島根県警察 JA02PC「ちどり」(A109E パワー)
広島県警察 JA22HP「みやじま2号」(A109E パワー)
大分県警察 JA971V「ぶんご」(A109E パワー)

鳥取県警察佐賀県警察においてAW109 Grand Newの採用が2012年3月末に決定[2]

神奈川県警察にもAW109 Grand Newが配備予定

また、鹿児島県ドクターヘリとしてA109EとA109 Grand New が1機ずつ導入された。

軍用[編集]

ニュージーランド空軍のA109LUH

性能・主要諸元 (A109 パワー)[編集]

アグスタ A109 三面図

出典:AGUSTAWESTLAND[3] [4]

  • 乗員:操縦士1-2名
  • 乗客: 6-7名
  • 全長: 42 ft 9 in (13.04 m)
  • 主回転翼直径: 36 ft 2 in (11.00 m)
  • 全高: 11 ft 6 in (3.50 m)
  • 自重: 3,461 lb (2,000kgs)
  • 最大離陸重量: 6,283 lb (2,850 kg- 3,000kg) 注:機種により異なる
  • 動力: いずれか
  • 最大速度: 177 mph (154 knots, 285 km/h)
  • 航続距離: 599 mi (521 NM, 964 km)
  • 実用上昇限度: 19,600 ft (5,974 m)
  • 上昇率: 1,930 ft/min (9.8 m/s)
  • 武装 (アグスタ A109 LUH のみ)
    • 機銃: 携行可能 ポッドに12.7 mm 機銃 (携行弾数250) ピントルマウント 7.62 mm 機銃、ドアの機銃架台に12.7 mm 機銃
    • ミサイル: 2基まで携行可能 × TOWミサイルランチャー(それぞれ2または4基のミサイル)
    • ポッドに無誘導ロケット弾(2.75 in または 81 mm ロケットをポッドに7基または12基)
    • ロケット/機銃ポッド (70 mm × 3基のロケットと12.7 mm 機銃(携行弾数200))

出典[編集]

  1. ^ Agusta A 109 E” (英語). Royal Air Force. 2009年7月22日閲覧。
  2. ^ Japan National Police Agency Orders its First GrandNew Helicopters” (英語). 2012年4月13日閲覧。
  3. ^ AgustaWestland AW109 Power product page” (英語). AGUSTAWESTLAND. 2009年7月22日閲覧。
  4. ^ AgustaWestland AW109 LUH product page” (英語). AGUSTAWESTLAND. 2009年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

関連した開発

競合する航空機

関連リスト

外部リンク[編集]