UH-1Y ヴェノム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UH-1Y ヴェノム

「ボクサー」に着艦したUH-1Y

ボクサー」に着艦したUH-1Y

UH-1Y ヴェノム(Bell UH-1Y Venom)は、アメリカ合衆国ベル・ヘリコプターが同社のUH-1N ツインヒューイをアップグレードさせる形で開発(一部新造)した中型軍用ヘリコプターである。

概要[編集]

初飛行から既に30年が経過し、老朽化していたUH-1Nを改造する形で、1996年アメリカ海兵隊が発表したAH-1W スーパーコブラAH-1Z ヴァイパーへの近代化改修計画と並行して、近代化改修させたのがUH-1Yである。

並行して行われた理由として、元々AH-1 コブラUH-1 ヒューイをベースとして開発された機体であり、当機と共通のコンポーネントを使用する事が可能であり、開発・改造コストの抑制を行う事が可能であったからと言う事情がある。この試みにより、強襲揚陸艦への搭載に対応した折り畳み可能なブレード4枚構成のメインローター、新型トランスミッション、対電磁波能力・塩害対策、新型光学センサーゼネラル・エレクトリック T700-GE401Cエンジン2基が搭載され、AH-1Zと84%の共通性が付与された。また、コックピットに関しては、大型多目的表示ディスプレイ4つ及び方位計2つずつから構成されるグラスコックピットに換装され、システムもAH-1Zと同一である。その他、UH-1Nに比較して、速度・搭載能力の向上が図られ、ヘッドマウントディスプレイでの夜間飛行にも対応している。

当機は2001年末に初飛行を行なったが、AH-1Zの試作機の設計変更により、2005年度会計からの承認となった。その後、2006年にAH-1Zと共に飛行テストが完了、2008年に初期作戦能力を付与され、2009年1月に配備が開始された。今後、2016年までに123機のUH-1NがUH-1Yに更新される予定である。

性能・諸元[編集]

コックピット
  • 乗員:2-4名 (操縦士副操縦士、ガンナーなど)
  • 定員:6-10名
  • 全長:17.78m(58ft4in)
  • ローター直径:14.88m(48ft10in)
  • 全高:4.5m(14ft7in)
  • ローター回転面積:168.0 m²(1,808ft²)
  • 空虚重量:5,370kg(11,840lb)
  • 搭載量:3,020kg(6,660lb)
  • 最大離陸重量:8,390kg(18,500lb)

性能[編集]

  • 動力:ゼネラル・エレクトリック T700-GE401Cエンジン2基
  • 出力:最大(2.5分間)1,828shp(1,360kW)、連続定格1,546shp(1,150kW)×2
  • 超過禁止速度:366km/h(227mph, 198ノット)
  • 最大速度:304km/h(189 mph, 164ノット)30分間
  • 巡航速度:293km/h(182 mph, 158ノット)
  • 戦闘行動半径:241km(150mi)
  • 実用上昇限度:6,100m(20,000ft)
  • 上昇率:12.8m/s(2,520ft/min)

武装[編集]

登場作品[編集]

ゲーム
プレイヤーが操作可能。
マルチプレイの輸送ヘリ出現マップでアメリカ海兵隊側の輸送ヘリとして登場。プレイヤーが操作可能なほか、5人まで搭乗可能で、うち2名はガンナー。

関連項目[編集]