チェコ共和国の軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェコ共和国軍
Armáda České republiky
Logo of the Czech Armed Forces.svgCzech roundel.svg
紋章(左)とラウンデル(右)
創設 1918年
再組織 1993年1月1日
派生組織 チェコ陸軍
チェコ空軍
指揮官
最高司令官 大統領ミロシュ・ゼマン(2013年 - )
総人員
兵役適齢 18歳から
徴兵制度 2004年終了
適用年齢 15 - 49歳
-適齢総数
(2005年)
2,414,728、年齢 15 - 49歳
-実務総数
(2005年)
1,996,631、年齢 15 - 49歳
-年間適齢
到達人数
(2005年)
66,583
現総人員 29992(軍人21,751、文官8,241)[1]
財政
軍費/GDP 1.11%(2012年)[2]
テンプレートを表示

チェコ共和国軍(チェコきょうわこくぐん、チェコ語Armáda České republiky)は、チェコ共和国軍事組織である。

歴史[編集]

1918年、第一次世界大戦の結果として独立したチェコスロバキアの軍として編成された。1939年、チェコスロバキア併合が行われると軍は分散し、ポーランド軍チェコスロバキア軍団)、フランス陸軍イギリス空軍イギリス陸軍第1チェコスロバキア機甲旅団)、赤軍第1軍団)に加わった。1945年末には、4個飛行隊がイギリス空軍からチェコスロバキアに帰還している。

1950年代から1992年まで、チェコスロバキア軍(Československá lidová armáda、ČSLA)として知られた。これは、1945年に四散していたチェコ及びスロバキアの軍人がチェコスロバキアに帰還し、1948年のチェコスロバキア政変により西側諸国に属した軍人が追放されたことに始まるものである。なお、チェコ事件においては何ら抵抗を行わず、事態終結後にソビエト連邦によって再編されている。

冷戦を通じてソビエト製の兵器を主軸に、自国産の兵器で補完する体制を取っていた。

チェコスロバキア解体に伴い、1993年に再創設された。創設時の兵力は9万人、これが1997年には65,000人(11個師団、空軍)、1999年には63,601人に減少した[3]。その後も減勢を続け、2012年には文官と合わせて29,992人まで減少している[1]。同時に近代化とより防衛的な性格への再編が進行し、2004年には徴兵制を廃止して予備役の運用を開始した。

北大西洋条約機構(NATO)には、1999年3月12日に加盟している。

チェコ共和国は国際連合欧州安全保障協力機構の一員であり、多くの作戦・活動に参加している。その中にはデイトン合意に基づくボスニア・ヘルツェゴビナへの展開や、湾岸戦争が含まれている[4]

組織構成[編集]

構成

軍は、プラハの参謀本部の下に第601特殊部隊、統合軍(オロモウツ)と支援コマンドを置く。統合軍は、陸軍、空軍、訓練コマンドと直轄の技術部隊を持つ。

陸軍[編集]

陸軍は機械化2個旅団(ジャテツフラニツェ・ナ・モラヴィェ)と砲兵1個旅団(en:Jince)の計3個旅団を保有している。

空軍[編集]

空軍のJAS-39

空軍はJAS 3914機、L-159 ALCA24機[5]を固定翼作戦機として保有し、回転翼機としてはMi-24とその発展型Mi-35を24機運用している。

防空旅団も空軍の管轄であり、ストラコニツェに基地を置く。

直轄部隊[編集]

第53偵察・電子戦旅団は統合軍の直轄部隊であり、オパヴァに基地を置く。

予備役[編集]

予備役(チェコ語: Aktivní záloha)は、チェコ共和国軍の一部であり、軍に対する好意的な感情を作り出している。志願者は徴兵制の経験者か8週間の訓練を要し、年に3週間以下の勤務と2週間までの非軍事的な危機に対する招集が行われる。予備役が海外派兵の対象となることは無く、現在ではミリタリーショーに動員される程度である。

装備[編集]

チェコはヨーロッパ通常戦力条約の加盟国であり、これによって戦車957両、装甲戦闘車両1368両、100mm以上の砲767門、戦闘用固定翼機230機、戦闘用回転翼機50機に制限されている[5]

制服[編集]

階級[編集]

将官はは大将以下の4階級となっており、2012年には22人。佐官尉官は3階級で2140人、3318人となっている。准尉(Praporčík)は5階級、6052人。下士官は3階級7399人、兵は2階級1158人[1][6]。 歴史上は、元帥(Polní Zbrojmistr)、次帥(Polní Podmaršálek)などを含めて将官が10階級、尉官が5階級など細分化されていた。但し全てが同時に存在したわけではない。

出典・注[編集]

  1. ^ a b c Personnel Size of the Defence Department in 1993 - 2012”. Ministerstvo obrany. 2012年10月13日閲覧。
  2. ^ Defence Budget”. Ministerstvo obrany. 2012年10月13日閲覧。
  3. ^ Starting points for professionalization of the armed forces” (Czech) (2000年). 2008年6月27日閲覧。
  4. ^ History of Czech Military Participation in Operations Abroad (1990 - 2012)”. Ministerstvo obrany. 2012年10月13日閲覧。
  5. ^ a b Equipment Size in 2012”. Ministerstvo obrany. 2012年10月13日閲覧。
  6. ^ Ranks”. Ministerstvo obrany (2012年10月6日). 2012年10月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • Stephane Lefebvre, 'The Army of the Czech Republic: A Status Report,' Journal of Slavic Military Studies, Vol. 8, No. 4, December 1995, pp. 718–751

外部リンク[編集]