ベル 206

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベル 206

ベル 206A ジェットレンジャー

ベル 206A ジェットレンジャー

モデル 206 ジェットレンジャー(Model 206 JetRanger)は、メインローターとテイルローターのブレードが2枚のガスタービンヘリコプター

開発[編集]

1961年アメリカ陸軍はLOH(Light Observation Helicopter)の提案(RFP)を提出し、ベルは他の12メーカーと共に競争に参加した。軍はベルを含むフェアチャイルド・ヒラーヒューズ・エアクラフトの3社に絞り、試験と評価のため各社5機の試作機製作を命じた。そして、モデル 206は軍によってYHO-4Aの名称を与えられた。

1962年に軍は長期間の試験および評価を終え、出力不足などの理由でYOH-4Aは採用されなかった。その後、ベル・ヘリコプターはモデル 206をマーケットに出そうとしたが、売れ行きは芳しくなかった。調査の結果、顧客の大部分はボディーの形状に不満があることを示し、より流線型で美的な機体へと設計し直した。前席2つと後席3つの5シートで、これをモデル 206A ジェットレンジャーとして再び販売したところ、商業的な成功を収めた。

業績[編集]

ジェットレンジャーは1967年に民間市場へと参入した。その後もモデル 206の改良は続けられ、より出力の高いエンジンに換装した206B ジェットレンジャー II(206B JetRanger II)が1971年に登場した。また、1974年には座席を7席に増やすため機体を延長した206L ロングレンジャー(206L LongRanger)が初飛行を行った。それとは別にジェットレンジャー IIの後継にテイルローターを改良した206B-3 ジェットレンジャー III(206B-3 JetRanger III)が1977年に登場している。しかしながら、いずれも基本的な機体のラインは206A ジェットレンジャーから変化させていない。

ヒューズOH-6 カイユースを採用したアメリカ陸軍であったが、ヒューズ社に同軍の調達規模に見合う生産能力が無い事などから調達を中断して再び競争を行った。その結果、1968年に206A ジェットレンジャーをOH-58 カイオワとして採用し、モデル 206は当初の目的をも達成することができた。ベトナム戦争では観測ヘリコプターだけでなく、輸送ヘリコプターとしても運用された。アメリカ陸軍はジェットレンジャー IIIをヘリコプター訓練生向けのTH-67 クリーク(TH-67 Creek)として発注し、アメリカ海軍アメリカ海兵隊もTH-57 シーレンジャー(TH-57 Sea Ranger)としてジェットレンジャー IIIを採用した。

ジェットレンジャーは先進的なデザインが人気を呼び、建設や採掘の現場へ向かうビジネスマンの移動手段としても使用された。現在でもニュースと交通速報に使うためメディアが使用している。その人気はアメリカに留まらず、イタリアアグスタ社でもライセンス生産され、世界中で幅広く運用された。観音開きのダブル・ドアを持つロングレンジャーは貨物の搬入が容易になり、エンジンの出力向上と併せて大型貨物の輸送ができた。それは担架ごと機内に収容することを意味し、空の救急車の発祥となった。飛行計画ではICAOから与えられたB06の認識記号を使用する。日本でも警視庁や都道府県警航空隊が採用した他、農薬散布や物資輸送、送電線パトロールなどで幅広く使用されている。

イタリアでは、ベル社のヘリコプターをライセンス生産していたアグスタ社がAB206として製造し、本家のベル206同様に各国に輸出されている。

なお、使用国の一つであるイランにおいては、同機をリバース・エンジニアリングして国産化したPanha Shabaviz 2061が存在している。

運用者[編集]

ベル 206の軍用採用国


派生型[編集]

206B ジェットレンジャー III
206L ロングレンジャー
OH-58D カイオワウォーリア
民間
ベル 206
ベル 206A
アグスタ・ベル 206A
ベル 206A-1
アグスタ・ベル 206A-1
ベル 206B
アグスタ・ベル 206B
ベル 206B-2
ベル 206B-3
ベル 206L
アグスタ・ベル 206L
ベル 206L-1
アグスタ・ベル 206B-1
ベル 206L-1+
ベル 206L-3
アグスタ・ベル 206B-3
ベル 206L-3+
ベル 206L-4
ベル 206LT ツインレンジャー
ベル 407
ベル 417
軍用
OH-58 カイオワ
TH-57A
206L テキサスレンジャー
TH-57B
TH-57C
TH-57D
TH-67 クリーク

仕様 (206L4)[編集]

出典: ベル・ヘリコプター (2012年1月). “Bell 206L4 Product Specifications (PDF)” (英語). 2013年8月23日閲覧。

諸元

性能

  • 巡航速度: 226 km/h/122 kn(高度1,524m, ISA+20℃, 離陸重量1,633kg)
  • 航続距離: 708 km/382 nmi(高度1,524m, ISA+20℃, 離陸重量1,633kg)
  • 実用上昇限度: 6,096+m (20,000+ft)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

外部リンク[編集]