コマンドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コマンドー
Commando
監督 マーク・L・レスター
脚本 スティーヴン・E・デ・スーザ
製作 ジョエル・シルバー
ローレンス・ゴードン
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽 ジェイムズ・ホーナー
主題歌 パワー・ステーション
「We Fight For Love」
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 マーク・ゴールドブラット
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年10月4日
日本の旗 1986年2月8日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $35,100,000[2]
日本の旗 10億円と1,500万円[3]
世界の旗 $57,491,000[2]
テンプレートを表示

コマンドー』(Commando)は、1985年アメリカ合衆国で公開されたアクション映画。監督はマーク・L・レスター。本作品は、前年(1984年)の『ターミネーター』の悪役を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーが、転じて屈強で勧善懲悪のヒーローを演じたヒット作である。シュワルツェネッガーは見事にビルドアップされた肉体と、それを存分に活かしたアクションを披露し、この作品で正義の味方としてのイメージを確立すると共に、アクションスターの地位を不動のものとした。

あらすじ[編集]

かつて精鋭部隊・コマンドーの隊長として名を馳せたジョン・メイトリックスは、現在は軍を退役し愛娘・ジェニーと山荘での静かな生活を送っていた。ある日、二人が暮らす山荘をメイトリックスのかつての上司・カービー将軍が訪れ、メイトリックスにコマンドーの元隊員たちが次々と殺害されていることを伝え、護衛として山荘に部下を残してゆく。しかしカービーが去った後、謎の武装集団が山荘を襲撃、護衛たちは殺害され、ジェニーが連れ去られる。メイトリックスは必死に追跡を試みるが失敗し、彼もまた、武装集団に拘束される。

犯人は、過去にコマンドー部隊の工作により失脚したバル・ベルデ共和国の独裁者・アリアスの一味で、その中にはメイトリックスのかつての部下で、一味に殺害されたはずのベネットも加わっていた。メイトリックスに恨みを持つベネットは、アリアス一味に協力して自分の死を偽装し、カービーがメイトリックスに接触するのを待っていたのだった。そしてジェニーの命と引き換えに、メイトリックスは現バル・ベルデ大統領の暗殺を強要される。

やむなくメイトリックスは、一味の監視の下バル・ベルデへ向かう飛行機に乗り込む。しかし一瞬の隙を突いて見張りを殺すと離陸直後に飛行機の尾輪格納室から脱出し、すぐさまジェニーが捕らわれているアリアスの拠点を突き止めるべく隠密行動を開始する。飛行機がバル・ベルデに到着するのは11時間後、その時間内に拠点を突き止められず、自分が飛行機から脱出したことが一味に知れればジェニーは殺される。

空港で監視していた一味の1人・サリーを追うメイトリックスは、サリーに口説かれていた客室乗務員・シンディに目をつけ、脅迫に近い手段で強引に協力を求める。初めのうちシンディは粗野なメイトリックスの態度に不信を抱くが、成り行きで行動を共にする内に、愛娘への思いを語る彼の言葉を信じるようになる。メイトリックスはシンディに助けられながら拠点の位置を突き止め、軍放出品店から武器を調達し、一味の水上飛行機を奪いアリアスの拠点である孤島に辿り着く。

そしてメイトリックスは完全武装して孤島に乗り込み、大挙して襲い掛かるアリアスの軍勢を一人で殲滅する。しかし最後に残ったベネットはジェニーを人質にとり、メイトリックスと対峙する。メイトリックスはベネットを挑発して一騎打ちに持ち込み、苦戦の末に勝利しジェニーを救出する。その後、救援に来たカービーはメイトリックスに軍への復帰を要請するが、メイトリックスはこれを断り、ジェニーとシンディを伴い飛行機で島を飛び去ってゆく。

スタッフ[編集]

主な登場人物[編集]

ジョン・メイトリックス
演 - アーノルド・シュワルツェネッガー
優秀なコマンドー部隊隊長(現地指揮官)として各国を転戦し活躍したが、若くして退役する。結婚後、妻は娘のジェニーを産んだ後死別している。その後は林業で生計を立てながら山奥の小さな家で娘と平和に暮らしていたが、アリアスの一味に襲撃され、娘を人質にされて大統領暗殺を強要されるも、ただ一人で娘奪還に向け行動する。人間離れした屈強な肉体と行動力を持ち、敵地では大勢の兵隊相手にも圧倒できる実力を持っている。
ジェニー・メイトリックス
演 - アリッサ・ミラノ
メイトリックスの娘。11歳。明るい性格で、大人相手にも皮肉を言う気の強さを持ち、アリアス一味に誘拐されても怯えることなく脱出を図る。
シンディ
演 - レイ・ドーン・チョン
飛行機の添乗員。偶然サリーに口説かれたために、メイトリックスと行動することになる。当初は反抗するが、メイトリックスが娘のためにサリーを追跡していることを知り、彼に協力する。飛行士訓練学校に通っており、セスナ機だけではあるが、飛行機の操縦経験もある。愛車はサンビーム・アルパイン。
アリアス[4]
演 - ダン・ヘダヤ
バル・ベルデの元大統領で、拷問で大勢の人間を殺したとされる。メイトリックス率いるコマンドー部隊の策により失脚し、姿をくらましていたが、元軍人のベネットやクック、自身を支持する部下を従え、再び大統領に返り咲こうと企む。バル・ベルデの現大統領ベラスケスの暗殺を、彼が最も信用しているメイトリックスに行わせようと考え、娘のジェニーを人質に取り暗殺を強要する。その後娘を取り戻しに来たメイトリックスに応戦するものの、一瞬の隙をつかれ射殺される。
ベネット
演 - ヴァーノン・ウェルズ
元コマンドー部隊の一人でメイトリックスのかつての部下。楽しんで人を殺す凶暴な性格が原因でメイトリックスに部隊を追い出された。その恨みをいつか晴らそうと考えていた折にアリアスに10万ドルで雇われ、彼の計画に加担。自分もメイトリックスの元部下として何者かに殺されたと思われるよう罠を仕掛け、メイトリックスを捕らえることに成功する。メイトリックスが島に乗り込んできた際にはジェニーを人質にとり一度は優位に立つが、挑発に乗せられてナイフでの一騎打ちに応じ、その果てにメイトリックスに鉄パイプで背後のボイラーごと貫かれ死亡する[5]
フランクリン・カービー将軍
演 - ジェームス・オルソン
メイトリックスのかつての上官。メイトリックスに戦闘訓練を施した。メイトリックスのかつての部下たちが次々と殺されていることを伝え、警護の兵を付ける。しかし、これこそがアリアスの策であり、敵にメイトリックスの居場所を教える結果となる。未公開シーンによると、裏で行方をくらましたメイトリックスが行った蛮行の後始末をしていたが、軍放出品店から武器を強奪したことまでは収拾できなかったようで、これから始まることを"World War III(第三次大戦)"と表現する。当初はリチャード・クレンナが演じることになっていた。
サリー
演 - デビット・パトリック・ケリー
アリアスに雇われた男。女好きで、シンディを口説こうと執拗に付きまとう。空港でメイトリックスを乗せた飛行機が飛び立つのを確認し、次に向かったショッピングモールでメイトリックスを目撃。すぐにアリアスたちに報告しようとするもメイトリックスに阻まれ逃走を試みるが、車を横転させられ、絶壁で宙吊りにされる。メイトリックスには空港で「最後に殺す」と言われていたものの、必要な情報を聞き出されると嘘であったと言われ、谷底へ落とされ死亡する。
クック
演 - ビル・デューク
アリアスに雇われた元グリーンベレー兵士。メイトリックスのかつての部下ローソン、フォレスタルを殺害し、ベネットの偽装死にも加担する。モーテルで手掛かりを得るために待ち伏せていたメイトリックスと戦い、倒れた際に部屋の備品の破片が胸に突き刺さり死亡する。
ディアズ
演 - ゲイリー・セルヴァンテス
アリアス一味のひとり。クックとともに元コマンドー隊員を殺害する。その後山荘を襲撃し、部屋にとどまってメイトリックスにジェニーを拉致したことを伝え協力を求めるが、一味の車を発見したメイトリックスに問答無用で射殺される。
エンリケス[6]
演 - チャールズ・メシャック
アリアスの部下。メイトリックスの見張りとして飛行機に乗り込むが、機内で不意をつかれ首の骨を折られて死亡し、寝ているように見えるよう細工される。飛行機がバル・ベルデに到着した際、彼の遺体が現地の部下に発見され、メイトリックスの逃亡がアリアス側に露呈する。サリーとは軍隊時代からの仲。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS版 テレビ朝日版
ジョン・メイトリックス アーノルド・シュワルツェネッガー 屋良有作 玄田哲章
シンディ レイ・ドーン・チョン 小山茉美 土井美加
アリアス元大統領 ダン・ヘダヤ 千葉耕市 小林勝彦
ベネット ヴァーノン・ウェルズ 青野武 石田太郎
フランクリン・カービー将軍 ジェームス・オルソン英語版 大木民夫 阪脩
ジェニー・メイトリックス アリッサ・ミラノ 冨永みーな 岡本麻弥
サリー デビット・パトリック・ケリー英語版 鈴置洋孝 田中亮一
クック ビル・デューク 渡部猛 坂口芳貞
エンリケス チャールズ・メシャック 池田勝 田原アルノ
ディアズ ゲイリー・セルヴァンテス 小島敏彦 西村知道
ローソン ドリュー・シュナイダー 池田勝 千田光男
レスリー シャロン・ワイアット 勝生真沙子 叶木翔子
フォレスタル マイケル・デラノ 朝戸鉄也 秋元羊介
ジャクソン ボブ・マイナー 喜多川拓郎 幹本雄之
ビッグス警備員 グレッグ・ウェイン・イーラム 山口健 石塚運昇
ケイツ警備員 ウォルター・スコット 喜多川拓郎 千田光男
ビッキー客室乗務員 チェルシー・フィールド 磯辺万沙子 岡のりこ
スーザン・ランス客室乗務員 ジュリー・ハエック 勝生真沙子 堀越真己
ヴェガ ブランスコム・リッチモンド 原語 荒川太朗
フレッド マット・ランダーズ 鈴置洋孝 大滝進矢
ダリル ピーター・デュポン 小島敏彦 西村知道
警官 フィル・アダムズ 星野充昭
兵士 レニー・ジュリアーノ 喜多川拓郎 藤城裕士
  • TBS版:初回放送1987年10月6日、『ザ・ロードショー』 20:00-21:54
演出:田島荘三、翻訳:宇津木道子、制作:コスモプロモーション
演出:蕨南勝之、翻訳:平田勝茂、調整:遠西勝三、効果:猪飼和彦、製作:千代田プロダクション

※2013年4月18日発売の吹替の帝王シリーズ「コマンドー 日本語吹替完声版」には両バージョンの日本語吹替を収録。

テレビ放送履歴(ゴールデンタイムのみ)[編集]

※関東地区のデータのみ

回数 放送日時 放送局 番組名 視聴率
1 1987年10月06日(火) TBS ザ・ロードショー 20.9%
2 1989年01月01日(日) テレビ朝日 日曜洋画劇場 12.6%
3 1990年12月19日(金) 日本テレビ 金曜ロードショー 20.4%
4 1992年12月09日(水) TBS 水曜ロードショー 19.1%
5 1993年12月12日(日) テレビ朝日 日曜洋画劇場 22.3%
6 1995年08月27日(日) テレビ朝日 日曜洋画劇場 30.4%
7 1997年04月26日(土) フジテレビ ゴールデン洋画劇場 19.6%
8 1998年10月25日(日) テレビ朝日 日曜洋画劇場 15.3%
9 2001年06月22日(金) 日本テレビ 金曜ロードショー 14.9%
10 2004年06月18日(金) 日本テレビ 金曜ロードショー 17.9%
11 2006年03月05日(日) テレビ朝日 日曜洋画劇場 14.0%
12 2007年07月20日(金) 日本テレビ 金曜ロードショー 12.8%
13 2008年09月18日(木) テレビ東京 木曜洋画劇場 10.2%

備考[編集]

撮影
アリアス邸として登場するのは、ハロルド・ロイドの邸宅「グリーン・エーカーズ」である。ここは『ビバリーヒルズ・コップ』の撮影にも使われた。
日本でのテレビ放映
2013年4月18日に発売された『コマンドー<日本語吹替完全版>』に付属されている解説書では、本作は(2013年当時で)地上波テレビ放送洋画最多作品であると紹介されている[7]
日本ではテレビ放映されるたびに、インターネット上でいわゆる「祭り」になるほど人気が高いと報じられている[8]。インターネット掲示板「2ちゃんねる」での実況板ではピーク時には毎分2,000レスポンスを記録したり、関東ローカルの昼の放送にもかかわらず30スレッドを消費する、サーバーがダウンするといった事象が発生するという[9]
テレビ放送の際、アリアスの部下がジェニーの首を切ることについて話すシーンや、メイトリックスが刃物()を使って敵を殺傷するシーンがカットされたことがある。銃を使った殺戮場面はそのまま放映されている。

映像ソフト[編集]

2009年5月22日に一部シーンを追加再編集した『コマンドー〈ディレクターズ・カット〉』と銘打ったDVDが発売された。従来のDVD版ではドルビーサラウンドであったオリジナル音声が5.1chになっており、一層だったディスクも二層に変更、さらに同作品としては初となる日本語吹替(キャストは上記のテレビ朝日版を参照)を同時収録、パッケージも一新された。

2013年4月18日には20世紀フォックスの吹替ファンサイト『吹替の帝王』からの同名レーベル第1弾として『コマンドー<日本語吹替完全版>コレクターズBOX』(当初5,000セット限定、後に5,000セットが追加され10,000セット限定)が発売。内容はBlu-ray(上記のキャストによる2種類の日本語吹替音声を収録した劇場公開版)・DVD(上記のキャストによる2種類の日本語吹替・カット部分の吹き替え追加収録を行ったディレクターズ・カット)・特典DVDの3枚組で、上記「ザ・ロードショー」「日曜洋画劇場」で使用された吹替台本(縮刷版)などが同梱される[10]。同時に、『日本語吹替完声版』と称し『ディレクターズ・カット』版DVDもこのコレクターズBOX仕様に切り替える。

リメイク[編集]

  • 2008年にはロシアミハイル・ポレチェンコフ監督・主演によるリメイク作品『コマンドーR』が製作され、日本国内では2009年9月18日DVDソフトが発売された。作品中では、飛行機に乗り込む際の「シュワルツェネッガーなら脱出できるだろうがな」など、オリジナル版に基づいた台詞がいくつかある。
  • 2010年、キャストは未定だが、デビッド・エアーが監督と脚本で『コマンドー』のリメイクを製作すると発表していた[11]。しかし、2014年にエアーがリメイクのプロジェクトから離れていた事が判明し、企画は頓挫したと報道された[12]

登場武器[編集]

  • イングラムM10 - 冒頭でクックとディアズがごみ収集車から取り出して、元コマンドー隊員ローソンの殺害に使用。
  • コルト・コンバットコマンダー - カービー将軍が所持、実際に使う場面はなし。
  • HK91 - メイトリックスが自宅の武器庫から持ち出す。 
  • マイクロUZI - ベネットが携行。
  • M202ロケットランチャー - 軍放出品店でメイトリックスが入手する武器のひとつ。シンディが逮捕されたメイトリックスを救うため警察の車両に向けて二発使用(一発は間違って後ろに発射)ほか二発は敵地で車両破壊、門爆破に使用。
  • バルメM78 - 敵地突入時のメインウェポン。
  • スペツナズ・ナイフ - 敵地への潜入シーンで使用。
  • M18クレイモア対人地雷 - 敵地で建物を破壊に使用。実際は建物を吹き飛ばすほどの威力はないうえ、建物外に仕掛けたにもかかわらず、建物は内部から大爆発を起こして吹き飛ぶ。『コマンドーR』でも同様に建物の破壊に使われるが、その際は、燃料タンクや爆発物に仕掛けて爆発させる。
  • UZI - 敵地および港での戦闘中に使用。
  • デザートイーグル - 敵地での戦闘中に使用。
  • M67破片手榴弾 - 敵味方の双方が使用。
  • AR-15系統の小銃 - 敵兵などが使用。終盤、メイトリックスも敵兵が使用していたものを奪って使用し、アリアス元大統領に向かって片手でフルオート発射。また、バル・ベルテ国際空港の正規兵も携行。登場するのは民間向きのSP-1モデルのほかA2のハンドガードをかぶせたM16(M604)、M16A1、CAR-15である。
  • M1911 - 敵兵の指揮官クラスが携帯しているが、発砲直後にもかかわらず、本来起きているはずの撃鉄が倒れたままのシーンがある。
  • AKM - 敵兵が使用。敵兵は東側と西側双方のアサルトライフルを使用している。
  • ミニ14 - 敵兵がフルオート射撃可能でストックを折りたためるGBモデルを使用。
  • HK94(ステージガン) - 敵兵が港の銃撃戦で使用。MP5の民間モデルであるHK94をフルオートが射撃可能なようにしたステージガンである。1980年代のアメリカ製作の映画にはこのタイプのMP5が多く登場する。
  • M60E3 - 敵兵が使用していたものを奪って使用。映像が左右反転した射撃シーンがあるが、これは前後のシーンとのバランスを取るため故意に「鏡写し」にしたもの。ランボー同様片手撃ちをするが、これはステージガンだからこそ可能なシーンである。
  • レミントンM870 - チューブ型弾倉を延長したポンプアクションショットガン型。敵地での戦闘中に使用し、アリアス元大統領を仕留める際にも使用する。
  • ステアーAUG - アリアス元大統領が使用。

脚注[編集]

  1. ^ Movie Commando”. The Numbers. 2010年1月28日閲覧。
  2. ^ a b Commando (1985)”. Box Office Mojo. 2010年1月4日閲覧。
  3. ^ 日本映画産業統計 過去配給収入上位作品 (配給収入10億円以上番組) 1986年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月6日閲覧。
  4. ^ 字幕版では「アリウス」
  5. ^ この際鉄パイプから蒸気が噴き出し、メイトリックスはそれに対し"Let off some steam, Bennett!(鬱憤を晴らせ、ベネット)"という蒸気(steam)とかけた台詞を発する。字幕版では「蒸気抜きをしろ」、TBS版吹き替えでは「これで腐ったガスも抜けるだろう」、テレビ朝日版吹き替えでは蒸気に触れず「地獄に堕ちろ、ベネット」と訳されている
  6. ^ 字幕版やTBS版の吹き替えでは「エンリケ」
  7. ^ 解説書、2ページ目
  8. ^ シュワルツェネッガー主演映画『コマンドー』のリメイク、ジョエル・シルヴァー が製作か?”. シネマトゥディ (2009年11月27日). 2012年5月13日閲覧。
  9. ^ ソル (2012年6月28日). “なぜかネットで大人気の映画『コマンドー』の秘密に迫る! 「筋肉モリモリ、マッチョマンの変態だ」”. ガジェット通信. 2012年12月22日閲覧。
  10. ^ 幻の「コマンドー」吹替版復活、欠落シーンを復元した“完声版”。 - ナリナリドットコム、2012年12月22日配信
  11. ^ シュワルツェネッガー主演「コマンドー」リメイクへ - 映画.com、2010年4月30日配信
  12. ^ シュワちゃん主演『コマンドー』のリメイク企画が頓挫 - シネマトゥデイ、2014年7月4日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]