バル・ベルデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バル・ベルデまたはバルベルデ(Val Verde)[1]は、ハリウッド映画に登場する架空の国家名である。いくつかの映画で設定が共有されており、これらは広義におけるクロスオーバー作品的要素ともいえる。

なお、実際に同じ名称を持つ地域や、同じ読みのスペイン系の姓が複数実在するが、全く関係はない[2]

概要[編集]

バル・ベルデは主人公の敵役(もしくはその出身国)としての登場が大半を占める。コロンビアニカラグアエルサルバドルのような比較的政情が安定していなかった上に、クーデターや汚職が蔓延している国家を想像させるが、このように架空の国家を設定した理由としては、上記の国家をはじめとする中南米諸国への偏見を避けるための配慮が考えられる。

自らが脚本を手がけた作品にしばしばバル・ベルデを登場させているアメリカの映画家、スティーヴン・E・デ・スーザは、バル・ベルデについて「カリブ海のリゾート地、神秘的な熱帯雨林、様々な人種と文化が混在しているような国」と解説しており、「初めは私が制作に携わる際に使う、仲間内のジョークに過ぎなかった」と述べている。なお、スーザはモデルとなった国家のひとつとしてガイアナを挙げている。

設定[編集]

バル・ベルデは次のような国家として描かれている。

  • 地理的には中南米、もしくはその近辺に位置する。
(『プレデター』ではグアテマラと隣接している事を思わせる描写がある)
  • 気候は熱帯性。国土の多くの地域に熱帯雨林が広がる山岳地帯がある。
(これらの特徴は中南米に属するほとんどの国にあてはまる)
  • 公用語スペイン語である。また、英語母語として通用する。
  • 短期間に何度もの政変(クーデター合戦)を経験した形跡があり、国政状況は混沌としている。
  • 傭兵などが国内へ頻繁に出入りしており、しばしばゲリラ化した武装勢力が勃興する。
  • 農業国である。
  • 社会的格差が激しく、一般人は裕福でない場合が多い。

反米志向が強く、旧ソビエト連邦などの社会主義共産主義を掲げる国家との密接な関係があるとの描写が多く見られる点も特徴である。ただし、現在は自由主義陣営寄りの国家で、民主的な共和制に基づく政治体制となっている、との設定になっていることが多い。

『プレデター』の作中で登場人物が「この国とアメリカは国交が無い」と発言するシーンがあるが、『コマンドー』ではアメリカの後援の下で新大統領となったという人物が設定上存在し、悪役の親玉の位置にある登場人物は、過去にアメリカの介入によって打倒されたバルベルデの独裁者であったという設定である。『ダイ・ハード2』にはかつてアメリカの軍部とコネクションがあったが現在は失脚して収監されているという設定の、反共主義者で(元)独裁者の麻薬王が登場しており、バル・ベルデ空軍機としてアメリカ製のF-4 ファントムIIC-123輸送機が登場するなど、作品によって設定は一定していない。

農業国との設定だが、国内で主に収穫される作物は不明。『コマンドー』では店先に葉巻の吊り看板が見られる。主人公がアメリカからバル・ベルデ行きの飛行機に乗り込んでおり、『プレデター』での「アメリカとの間に国交はない」との設定と矛盾するが、バル・ベルデが農業国であるとするなら、空路も含めた通商路は貿易上不可欠であるため、アメリカとの間に(直通ではないにしても)交通手段があることは不自然ではない。『ダイ・ハード2』作中のセリフによれば「エスカロン国際空港(Escalon Airport)」という国際空港が存在している。

バル・ベルデが登場する作品[編集]

コマンドー
かつて大統領として国民に圧政を強いていた独裁者、アリアスの祖国として登場。アリアスはかつてアメリカが主導したクーデターにより失脚、復権のため主人公に現大統領の暗殺を強要する。
プレデター
主人公率いる特殊部隊が、バル・ベルデとグアテマラの国境付近に墜落したヘリコプターの乗員の救助に向かうという設定。続編の『プレデターズ』劇中にて本作の事件を知る人間が「グアテマラで起きた」と述べているが、前作での「この国とアメリカは国交が無い」という発言と矛盾する。なお当人はあくまで「他人から聞いただけ」としており、不確かな情報であると認めている。また、コミックと小説の『Predator: Concrete Jungle』とその続編の『Predator: Dark River』でもバル・ベルデが登場する。両作品とも映画のプレデター1からの続編的な内容であるが、バル・ベルデの場所は南米と、中米のグアテマラ付近に位置の映画とは違う矛盾した場所として記載されていた。
『Supercarrier』(TVシリーズ)
バル・ベルデ国内の補給港に主人公たちが乗った空母が駐留中、内戦が勃発するというエピソードがある。
ダイ・ハード2
劇中登場する麻薬王、ラモン・エスペランザはバル・ベルデ出身である。

『プレデター』以外の3作品は脚本家がスティーヴン・E・デ・スーザ。同様に『Supercarrier』を除いた3作品はプロデューサーがジョエル・シルバーという共通点がある。

『Adventure Inc.』(TVシリーズ)
シーズン1の第10話には「Plague Ship of Val Verde(バル・ベルデの疫病船)」というサブタイトルが冠されている。
『ジュラシック・アタック』
バル・ベルデ国内へ極秘で潜入したアメリカ陸軍特殊部隊が、恐竜に遭遇するというストーリー。

パロディ[編集]

ハリウッド映画以外の作品においても、非公式なパロディとしてバル・ベルデが登場する場合がある。

戦姫絶唱シンフォギア
2012年に放送された日本のテレビアニメ作品。ヒロインの一人、雪音クリスが過去に「バルベルデ」にて両親を殺害され、奴隷生活を送っていた。
ケモノガリ
日本のライトノベル作品。作中で、南米の小国バル・ベルデからアメリカへ亡命する家族の話が話題に上る。

脚注[編集]

  1. ^ まれに「ヴァル・ヴェルデヴァルベルデ)」と表記されていることがある。
  2. ^ Val Verde”自体は、ラテン語を語源とする言葉で、イタリア語もしくはスペイン語で「緑の谷」を意味する。

関連項目[編集]