ローレンス・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローレンス・ゴードン
Lawrence Gordon
生年月日 1936年3月25日(78歳)
出生地 ミシシッピ州
ヤズー
職業 映画プロデューサー
著名な家族 チャールズ・ゴードン (弟)

ローレンス・ゴードンLawrence Gordon1936年3月25日 - )は、アメリカ合衆国映画プロデューサー。主にアクション映画をプロデュースすることで知られる。

人物[編集]

ミシシッピ州ヤズーで生まれ、ベルツォーニで育つ。ルイジアナ州ニューオーリンズチューレーン大学卒業。ロサンゼルスに移った後はアーロン・スペリングの下でキャリアを積んだ。ゴードンは着々と出世し、1980年代前半にはスペリングと共同でテレビシリーズ『Matt Houston』を製作した。

1984年から1986年までは20世紀フォックスの社長を務めた。

彼は次に、弟で同じく映画プロデューサーのチャールズ・ゴードンと共に、日本ビクターの支援の下でラルゴ・エンタテインメントを設立した。日本の企業が本格的に映画会社に投資したのはこれが初めてだったので当時話題となった。1989年にはアカデミー作品賞にノミネートされた『フィールド・オブ・ドリームス』をプロデュースした。

ゴードンはラルゴ・エンタテインメントの下で『ハートブルー』(1991年)、『G.I.ジェーン』(1997年)、『狼たちの街』など、全部で23本の映画を製作した。

また、ゴードンはユニバーサル・ピクチャーズの傘下のローレンス・ゴードン・プロダクションズでも映画を製作している。主な作品に『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』(1986年)、『ブギーナイツ』(1997年)、『ミステリー・メン』(1999年)、『トゥーム・レイダー』シリーズ、『ヘルボーイ』シリーズ、『ウォッチメン』(2009年)などがある。

3人の息子がおり、うち一人は、ミュージシャンで映画プロデューサーのジョージ・ジョゼフ・ゴードンである。

主なフィルモグラフィ[編集]

製作[編集]

製作総指揮[編集]

外部リンク[編集]