M60機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M60機関銃
M60.jpg
M60機関銃
M60機関銃
種類 軍用機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 サコー・ディフェンス
U.S.オードナンス
マーモント社
仕様
種別 汎用機関銃
口径 7.62mm
銃身長 560mm
使用弾薬 7.62x51mm NATO弾
装弾数 ベルト給弾式
作動方式 ガス圧利用(ショートストロークピストン式)、ロータリーボルト式、オープンボルト
全長 1,077mm
重量 10,500g
発射速度 550発/分以下
銃口初速 853m/秒
有効射程 1,500m
歴史
配備期間 1957年-
配備先 アメリカ陸軍など
関連戦争・紛争 ベトナム戦争
カンボジア内戦
湾岸戦争
アフガニスタン紛争 (2001年-)
イラク戦争
テンプレートを表示

M60機関銃(M60 Machine Gun)は、アメリカ合衆国機関銃である。1950年代後半から米軍の代表的な汎用機関銃として、ベトナム戦争を始めとして多くの実戦で使用された。

概要[編集]

M60は、M16よりも大口径銃弾を、高い発射速度で長射程に発射することができ、長距離戦闘でも近接戦でも、攻撃にも防御にも有効な兵器で、分隊支援火器として戦術に多様な形で組み込むことができる。ベトナム戦争を始め、多くの記録や小説、映画や映像などに登場する。 現在のアメリカ軍においては後継機種に置き換えられつつあるが、いまだ様々な用途で残っている。オーストラリアなどいくつかの国では現在も使用されており、生産も継続している。

開発[編集]

アメリカ陸軍は、軽機関銃の開発が立ち遅れ、歩兵分隊単体の火力においては各国に劣っていた。

M60の開発は新型7.62mm軽機関銃(lighter 7.62 mm machine gun)として1940年代の後半から始まった。設計にはそれ以前の優れた武器のものを積極的に取り入れ、独自の改良を加えた。具体的には次の事項のようなものである。

また、M60はガスオペレーション方式を採用しているが、これはFG42を参考にしたと言われている。また、ある資料ではルイス軽機関銃の機構を借りたものとも言われている[1]。部隊配備は1957年より開始された。

設計[編集]

M60は、7.62x51mm NATO弾を使用するガス圧作動、空冷ベルト給弾方式機関銃であり、オープンボルト位置から薬室にNATO弾を装填する。弾薬は金属製分割式リンクで連結された100発単位のベルトで給弾される。また、機関部左側面に装着する弾薬ボックスが存在し、一人で移動しながらの射撃などではほぼ必須である。他の武器と同様、立射、膝射、腰だめ射撃ができるが、この武器は重く、支持架なしでの射撃は照準が難しい。最も使用効果が高いのは二脚を使用した伏射か、三脚に載せて3発から5発までのバースト射撃を行った場合である。オプションの三脚を使用した場合、1,100mが有効射程となる。また、標準装備の二脚を使用した場合では800mが有効射程に、点標的に対しては600m、移動する標的に対しては200mが有効射程となる。アメリカ海兵隊の方針では銃手が熟練している場合、M60やそれと同等クラスの武器は面射撃や制圧射撃で1,500mが有効射程とされている。

全長に渡って直線的な設計は操作ロッドとバッファが銃床まで直接後退し、全長を短くすることに成功している。大きなグリップは腰の位置で持ち運ぶのに非常に便利である。また、実弾を工具代わりに使って分解できる。

設計への批判と問題点[編集]

M60は、アバディーン試験場でテストされた時には極めて有効な兵器と評価された。しかし、すぐに投入された東南アジアジャングルでは、初期型はすぐに数々の問題点を露呈した。重さ自体が問題だったという批判も少なくないが、同時代の7.62mm機関銃の中では最も軽く、代替品のM240より軽いほどである。

本銃の評価は良いものから悪いものまで幅広いが、ガスオペレーションシステムの複雑さに起因する信頼性の低さはこの銃に関する共通の批判であった。ベトナムの実戦部隊からの最も一般的な苦情はM60は信頼性が低く、特に伏射して汚れた時にジャム(弾詰まり)を起こしたり、他の動作不良を起こしたりすることであった。M60の機関部は複雑で、砂埃で即座に動作が停止してしまう傾向がある。このことはイスラエル国防軍がM60を不採用とした最も重要な理由の一つとなった。特に汚れが酷い時には空薬莢の排出ジャムを起こしがちで、たいていは空薬莢のリムを引き剥がさなければならない。この処置には時間がかかった。

また、ジャングルでない普通の状態でも数千発を発射するとしばしば弾詰まりを起こした。これは実戦においては非常に深刻な問題である。ベトナム戦争時のM60の写真には、レーションの丸い空き缶を給弾トレイの脇に括りつけている物が良く見られるが、これは弾帯の流れ込みをスムースにするための現地での工夫だった。

また、この機関銃は、M1918ブローニング自動小銃(BAR)よりも清掃とメンテナンスが難しかった。安全装置(セーフティー)は扱いが厄介で、他の銃では発射準備時にセーフティーを下に移動させるが、本銃では上に移動させるようになっており、M16M1911A1に慣れた兵士には誤操作の原因となった。

また、バレル・ラッチ機構(小レバーを前後に回す)は射手の装備に引っかかり、ラッチが閉鎖せず、バレルが脱落するという結果を引き起こしがちであった。このレバー機構の回転軸には、押して解除できるロックボタンが追加された。しかし、レバー機構そのものは未だに残っており、この銃が制式採用されてから40年間経った今でもこの問題は再発している。グリップとトリガーのアセンブリは他の設計でよくある取り外し可能ピンではなく、壊れやすい板バネクリップで取り付けられている。このクリップは、最初に試験場で試験された時に、壊れやすいことを指摘されたことが知られている。戦地でのM60は粘着テープやケーブル結束タイが付いているのが時々見受けられるが、これはクリップが壊れたために現地部隊が取り付けたものである。

初期のM60における最も深刻で致命的な部品はレシーバー・カバーと給弾トレイである。これらはプレス加工された薄い鉄板で、容易に歪んだり破損した。強化部品が供給されるようになったのは1970年代初期である。さらに初期のM60では部品の軽量化のため、ドライビング・スプリング・ガイドとオペレーティング・ロッドが細すぎ、また、ピストン・ヘッドの後ろにあるガス・ピストンは非常に小さく、いずれも脆弱で破損しやすかった。しかし1970年代には強化部品に変更され、緩慢ながら代替されていった。

銃身下のガス・シリンダーの栓が緩みやすく、射撃中に外れて飛んでしまう事も多発したため、現地部隊では脱落、紛失防止として針金を巻いて固定する予防策が流行した。

他のいくつかのバージョンのM60における問題としてFN MAGPKラインメタルMG3など銃身が交換可能な7.62mm汎用機関銃二脚がガス・シリンダーまたは銃身覆いに取り付けられていたのに対してM60では銃身に付けられていた。これは命中精度に影響するので、のちに強化銃身に変更された。

アメリカ海兵隊の大部分の部隊ではM60を信頼せず、代用にいったん制式から外されたブローニング自動小銃(BAR)を1967年-1968年まで公式に使い続けていた。1980年代半ばには海兵隊仕様のM60も8.61kgに軽量化されて、わずかながら信頼性の改良を含む設計が施されたM60E3が支給された。しかしながら部隊からはすぐに銃身の過熱について苦情が出た。これは他のM60と共通の問題である。

M60機関銃の銃身交換

これまでは銃身交換のタイミングが200発の持続発射だったところ、M60E3の軽量銃身は100発の持続発射で交換しなければならない。銃身側に取り扱い用のハンドルがなく耐熱手袋が必要である。また、銃身には二脚が付属しているため、交換作業の際には銃本体を手で支えるか、地面に横たえねばならない。しかしM60E3では二脚が銃本体側へ、ハンドルが銃身後部へ移されたので、ハンドルを使って耐熱手袋無しに銃身を交換することができる。

この機関銃のM249軽機関銃への更新は1980年代から始まった。また、1991年に制式採用されたM240機関銃(FN MAGのライセンス生産品)への交換が20世紀の終わり頃から始まった。M240はM60よりはるかに重いが、その高い信頼性から重用されている。しかしながら多数のM60がアメリカ陸軍予備役部隊と州兵部隊で使われ続け、また、米軍特殊部隊において7.62mm機関銃として1990年代の終わり頃まで、さらに、SEALs(米海軍特殊部隊)によって1990年代から最近まで使われ続けた。また、航空機艦船やヘリ用ドアガンとしても配備が継続されているが、耐用年限到達に伴いM240の各バージョンに段階的に更新されている。最終的には残存するM60と現役のM240は双方とも、新開発の軽量型7.62mm機関銃と代替予定となっている。

弾薬[編集]

M60シリーズは多様な弾薬を発射することができる。最も一般的なのがM61徹甲弾(AP弾)、M62曳光弾、M80通常弾、そしてM63模擬弾とM82空包である。弾芯がタングステンでできた新しいM993徹甲弾もM60で使用することができるが、部隊にはかなり後まで支給されなかった。空包を連射で発射する場合には発射速度に応じてM13またはM13A1空包アダプター(Blank Firing Adapter=BFA)を取り付ける必要がある。これらの弾薬はすべてNATO標準の金属製分割リンクで供給される。

M60の標準的な戦闘時の弾薬配列は4発のM80通常弾に対して1発のM62曳光弾である。4:1の配置は射手が標的に対し「着弾を歩かせる」ことを可能とする。しかし曳光弾は通常弾と重量が異なるため、必ずしも同じ弾道を描くとは限らない。曳光弾は最短300mで燃え尽きてしまうため、曳光弾が見えなくなるはるか先の800mを超える範囲に通常弾が着弾していることがある。この問題は7.62mm、およびこれより小さい口径(5.56mmを使用するM249軽機関銃など)では共通の問題である。

歩兵分隊では基本的に一丁あたり600-900発を携帯する。これはおよそ2分間弱の連続射撃ができる弾数である。一人よりも射手と弾薬手の二人で運用した方が効果が高いが、人員の関係で分隊でいちばん体格のよい者が機関銃手に任命され、本銃と弾薬を携行した。映画にみられる弾帯を体に巻きつける方法はリンクのねじれなどが頻発し、実用的でなかった。

弾薬一覧

  • M61 徹甲弾(AP弾 = Armor Piercing)
  • M62 曳光弾(tracer)
  • M80 通常弾
  • M82 空包(空包発射用アタッチメントの取り付けが必要)
  • M63 模擬弾(ダミー)

これらはM13 リンクで連結される。リンクは射撃後に自動的に分解され、空薬莢とともに排出される。

派生型[編集]

M60は、初期の設計に由来する問題を改善しながら長期に亘って生産されたため多数の派生型が存在する。別に、ヘリと戦車搭載用に開発された二つのバージョン(M60CとM60D)がある。

  • T161 - M60の開発名称で、このタイプが制式化されるまでの1950年代の分類。プロトタイプ版、及び競作に勝った最終テストモデル(T161E3)まで含む。
  • M60 - 基本モデルだが、メーカー間での細かな違いと、時間の経過による細かな改修も含む。1960年代に最も多用された。
  • M60E1 - 最初の改良版で、E3・E4バージョンに引き継がれたものや、それまでのM60生産上の数々の特徴を含んでいるが、量産はされなかった。
  • M60E2 - 同軸機銃用として使うための車両版。
  • M60E3 - 1980年代に採用された軽量化版。
  • M60E4(Mk 43 Mod 0) - E3に似ているように見えるが、多くの改良点を持っている改修版。海軍でも使用されたものと、その副派生型も含む。Mk 43 Mod 0はレールの取り付けを含むスペシャル版。
  • M60B - 1960年代、ヘリコプターの中で使用された。ただし、マウントはされていない。
  • M60C - 航空機内で使用するための固定マウント版。
  • M60D - M60Bを置き換える目的の可動マウント版で、特にヘリコプター内で使うために開発されたが、他の目的にも使用されている。

M60[編集]

ハンヴィーの屋根の上に搭載されているM60機関銃

基本型。1950年代終わりにアメリカ陸軍で制式化された。この時点では、歩兵用途のみ想定されていた。1950年代のT161(特にT161E3)とT52の競作の結果、T161が採用された。両方とも同様の給弾機構とガス・オペレーションシステムを採用していたが、T161の方がより量産に適していると判断された。

M60E1[編集]

M60E1は、M60基本型の最初のバージョンである。主な変更点は、ガス・シリンダーと銃身二脚の接続方式で、基本型ではこれらはすべて接続されていた。いくつかの資料はM60E1は制式採用されなかったと記述しているが、異なる記述の資料もある。M60E1自体は量産に組み入れられなかったものの、その後のバージョンに影響を与えている。また、1966年からは、M60E1のいくつかの改良点に基づいてM60が改修されている。もう一つの大きな変更点は、二脚の取り付け位置が(M60E3のように)バレルでなくガス・チューブに移されたことである。E3/E4のような、前方の垂直グリップは取り付けられていない。

M60E2[編集]

M60E2。ストックやフォアストック、トリガーグリップなどが省略されている

M60E2は、同軸機銃など、装甲車両への取り付けを目的として開発され、M48A5戦車M60パットンなどのパットン戦車シリーズ、韓国K1戦車で使われた。主な変更点としては、外装の大幅な省略、銃床や銃把の取り外しなどである。発射指令は電気的に行うが、手動で引き金を引くバックアップも残されている。弾薬の供給にはメタルループ(金属で弾帯を誘導する部品)を使用している。銃身の下のガス・チューブは、バレルの長さに合わせて延長されており、車両の形状に合わせて外形が折り曲げられている。このバージョンは、1970年代の試験で平均故障発生間隔(MTBF)は1,669時間と判定されたが、これはFN MAGよりも悪い数値であるため、1977年から同軸機銃はM240に置き換えられた。

M60E3[編集]

M60E3。フォアストックの形状が変更され、二脚の設置場所も変更されている

M60E3は、初期のM60の数々の問題点を解決したものとして、1986年頃から歩兵火器として実戦配備された。これは、軽量で「改修された」バージョンとして、射手の負担を軽くする目的もあった。それまでの同シリーズとは異なり、数々の現代的な改良がなされている。

  • レシーバー部に取り付けられた、より安定した二脚
  • 左右どちらの利き手にも対応
  • 汎用スリング(負い革)アタッチメント
  • 銃身の上にキャリング・ハンドルを取り付け
  • ガス・システムを簡略化

しかしながら、これらは改良された点と同じぐらい、問題を引き起こした。また、銃身が軽くなったが、この銃身では200発を連続射撃することは危険となった。このような連続射撃はすぐにオーバーヒートを引き起こし、銃を使用不能にしてしまう。しかし、複数の兵士は連続射撃が可能であると証言している。この銃身のライナーにステライト合金が使われたことが、このことを可能にしたと考えられる。

これらの軽量化は銃自体の寿命も短くしてしまい、基本型よりも部品がすぐに摩耗・破損する傾向にあった。アメリカ陸軍アメリカ海兵隊の大部分の部隊は、汎用機関銃としてM240に切り替えた。これはM60E3より2.7kg重いが、特に使用環境が過酷な場合など、その頑丈さと信頼性からより好まれているようである。

M60E3には、銃身が重いタイプと軽いタイプの、二つのタイプがある。

M60E4 (Mk 43 Mod 0)[編集]

M60E4。M60E3よりも銃身が短い
M60C機関銃
M60D機関銃

これは、M60E3のコンパクト版である。M60E3の短銃身版に見えるが、より多くの改良点が含まれている。このバージョンは、海軍ではMk 43 Mod 0として制式化されているが、M60E4と同じものである。特徴としては、前方に垂直銃把(ピストルグリップ)が取り付けられ、より信頼性を上げたものである。1990年代、M60E4はアメリカ陸軍歩兵用支援火器の次期トライアルで、M240E4と競合。M240BはM60E4より重いが、試験により信頼性が確認されM240E4が採用された。

Mk 43 Mod 1は、M60E4 (Mk 43 Mod 0)の修正版で、より短い銃身と、垂直銃把の変更、レールの改良が行われている。

  • MK46 Mod 0
M60E4の全長を短くした短小モデル、SEALsに採用されMK46 Mod 0の正式名を得る。MK46 Mod 1(ミニミの短小モデル)とは別物。

M60B[編集]

M60Bは、短命に終わったバージョンで、1960年代に少数が配備された。ヘリコプターから射撃するために作られたが、どこにもマウントされていないため、射撃手が保持していなければならない。これはすぐにマウント版のM60Dに置き換えられた。M60Bの基本型との違いは、二脚がないことと、銃床の形が異なることである。しかし、ピストルグリップはそのまま残されており、スペードグリップになっていない。

M60C[編集]

M60Cは、M60基本型の航空機搭載型である。最も重要な違いは、M60Cでは電気的制御により遠隔操作で発射することと、そのために油圧による回転装置が組み込まれていることである。機長または副機長が、コックピットから制御することができる。空冷、ガスオペレーション、ベルトリンク給弾式である点は変わらない。これはM2、M6、M16火器システムに組み込まれた他、OH-13 スー、OH-23 レイブン、UH-1B イロコイOV-10 ブロンコに搭載された。

M60D[編集]

M60Dは、ヘリコプタードアガン仕様である。M60Cのようにコックピットから遠隔操作するのではなくドア部分にマウントされ、乗員が直接目視で射撃を行う。M60シリーズとほぼ共通であり、空冷、ガスオペレーション、ベルトリンク給弾式である。他のバージョンと異なる点としては、通常の引き金と肩当てグリップは外されて、押し金(発射ボタン)を装着した、両手で把握しながら撃つスペードグリップになっていること、照準が円形に変更されていること、メタルループなどにより給弾方式が改善されていることが挙げられる。空薬莢や分解したリンクがヘリの回転翼やエンジン吸気口に飛散しないよう、キャンバス・バッグ式のカートキャッチャーが付いている。本銃はヘリコプターだけでなく、ボートや車両にも取り付けることができる。

M60Dは、次の機種で使われた。ACH-47Aを除き、基本的に両側のドアに取り付けられた。

なお、サガミ・マウント(Sagami mount)は、相模原補給廠で製作されたためにこの名がある。

民生用バージョン[編集]

セミオートマチック(連射不可能)にしたバージョンが、アメリカ国内で市販された。連射を不可能にするために、広範囲の箇所に修正が施された。アメリカ国内においては、アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(BATFE)により、これらはベルト給弾式自動小銃として取り扱われる。しかしながら、州法や条例は適用対象となる。

サコー社から軍用M60と、その部品について生産委託を受けたうち主要なメーカーはU.S.オードナンス社である。しかしながら、U.S.オードナンス社は、生産設備を軍用に優先使用し、民生版半自動M60の販売を2006年まで延期した。民間人向け半自動M60の価格は約8,000ドルである。

多数の旧型フルオート版が市場に流通しているが、購入には多くの法的要件を満たさなければならない上に、費用が20,000-30,000ドル以上かかる。これはアメリカにおける1986年以降の銃規制強化による。

使用国[編集]

M60機関銃が登場する作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1](英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]