クリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼムクリップ
特殊クリップ

クリップ (clip) は、つかんで留め置くための器具。一定の状態で固定しておくことそのものを目的としているもの(などを挟むために用いられる文房具のクリップや髪を留めるヘアクリップなど)のほか、物に固定することを手段として一定の目的を果たす役割をもつもの(電線の接続を目的とする電子部品のクリップやはんだ付けの際に熱から電子部品を守るための放熱を目的とするヒートクリップなど)もある。なお、クリップ扇風機のように電気製品の本体と一体となっている場合もある。

歴史[編集]

最も広く使われている細長い長円形のクリップは特許が取得されておらず、誰が発明者かはっきりしていないが、イギリスで1890年頃にゼム・マニュファクチュアリング・カンパニー (The Gem Manufacturing Company) が発明したと思われている。1899年コネチカット州ウォーターバリー出身のウィリアム・ミドルブルックが、この形のクリップを作る機械の特許を取得している。この形のものは現在でもゼムクリップと呼ばれており、スウェーデン語では全ての文房具のクリップをゼム (gem) と呼んでいる。

東ローマ帝国では真鍮製のクリップを使っていたため、この地の職人が発明した可能性が高い。しかし、1つずつ手作業で作られていたこともあり、あまりにも高価であったため、皇帝やわずかな貴族しか使用していなかった。

ノルウェー人のヨハン・バーラー (Johan Vaaler) が、1899年1901年に若干構造を変えたクリップの特許を取得したが、ゼムクリップのほうが機能性に優れていたため、広まらなかった。多くの本が誤ってバーラーを発明者としているが、これは間違いである。またノルウェー人が発明したわけでもない。しかし、バーラーが特許を取得するなど、ノルウェー人が関わっていたことが事実であるため、ゼムクリップは第二次世界大戦中、ドイツの占領下にあったノルウェーで抵抗運動のシンボルとして使われることとなった。イギリス亡命したホーコン7世に対する忠誠とノルウェーの団結を示すため、ノルウェー人はゼムクリップを服につけて密かに抵抗運動のシンボルとしていたのである。戦後、オスロの郊外にバーラーの名誉をたたえて巨大なゼムクリップの彫刻が建立された。

クリップの種類[編集]

目玉クリップ

文房具[編集]

ゼムクリップ
数枚の薄い紙を挟むために用いられる、針金などを曲げて作られたクリップ。プラスチック製のものもある。ゼムピン。
目玉クリップ(蛇の目クリップ)
大きさにもよるが、コピー用紙でおおむね100~数百枚程度までの紙を束ねる事ができる。金属製でバネ仕掛けになっており、つまみの部分が中心に穴の空いた丸い形状をしている。
ターンクリップ(ダブルクリップ・Wクリップ)
つまみの部分を折り返すことによって、かさばらないようにすることが可能なクリップ。バインダークリップ (Binder clip) または、フォウルドバッククリップ (Foldback clip) ともよばれる。
山形クリップ
つまみの部分が山形になった比較的大型のクリップ。
用箋挟(クリップボード)
クリップつきの板。詳しくは用箋挟の項を参照されたい。

電子部品[編集]

電子回路において端子リード線を挟むことによって電線を接続するための電子部品。

みの虫クリップ
端子やリード線を挟んで接続するための本体に、ビニールなどの覆いをかぶせた形状のクリップ。外観がみの虫に似ていることから、この名がある。主に弱電に用いられる。
ワニグチクリップ (crocodile clip)
端子やリード線を挟んで接続するための本体がむき出しになった形状のクリップ。外観がワニの口に似ていることから、この名がある。弱電用の小型のものから、ブースターケーブルの先端に用いる大型のものがある。
ICテストクリップ
電子基板上に実装された DIP タイプの IC を両側から挟み、細く間隔が狭い IC のリード(足)へ、オシロスコープなどの測定プローブを接続しやすくするための工具。Jの字型に曲がった先端部分の内側に持つ接点を、他端に並ぶ金属製のピンに導いてある。ピンの先端はの頭と同じく鍔がついており、プローブが外れにくい工夫がされている。

その他[編集]

外部リンク[編集]

  • GINZA ITO-YA - 銀座伊東屋では文房具店であることがだれにでもわかるようにと、コーポレートシンボルとして「レッドクリップ」という赤色のゼムクリップを採用している。