SIG SAUER P226

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SIG SAUER P226
SIG Sauer P226 neu.jpg
P226
概要
種類 警察自動拳銃
製造国 スイスの旗 スイス
ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 シグザウエル&ゾーン
性能
口径 9mm
.40in
.357in
銃身長 112mm
ライフリング 6条
使用弾薬 9mmパラベラム弾
.40S&W弾
.357SIG弾
装弾数 15+1発(9mm)
12+1発(40&357)
作動方式 ティルトバレル式ショートリコイル
全長 196mm
重量 845g
有効射程 50m

SIG SAUER P226は、シグザウエル&ゾーン社が同社のP220の後継として開発した自動拳銃

特徴[編集]

P220との違いは見た目ではわかりにくいが、ダブルカラムマガジン化が最大の改良点である。このため、装弾数が9x19mmパラベラム弾仕様で、9+1発から15+1発に増えている。.40S&W弾モデルと.357SIG弾モデルの場合は12+1発になっている。

P220同様にマニュアルセーフティを持たない代わりに、起こされたハンマーを安全にハーフコック位置まで落とすためのデコッキングレバーを有する。

長時間、の中に浸けた後でも確実に作動するほど堅牢であり、耐久性は非常に高いが、価格もP220より高い。米軍のトライアルでは、価格の高さやマニュアルセーフティを備えないことなどからM92に負け、採用されなかった(トライアルの経緯はM92頁を参照)。

海上自衛隊特別警備隊」がP226Rを2007年6月28日の公開訓練で使用するなど、各国の軍隊イギリス陸軍ブローニング・ハイパワーを更新)、SASアメリカ海軍SEALsなど)・警察などで予算的に余裕のある特殊部隊・機関では多く採用されている。

バリエーション[編集]

トリガーアクション、バレル長、フレーム素材、装弾数、アジャスタブルサイトの有無などの違いから「X-FIVE」や「XPRESS」など複数のモデルが存在する。 最初期に製造されたモデルはスライドの左側面に「SIG SAUER」、右側面に「P226」の刻印が施されており、現在流通しているモデルと若干異なっている。近年のモデルでは20mmアンダーマウントレールが標準装備されている。 現在はカタログが整理され、後述のP226 E2の名で売られていたものがP226のスタンダードモデルとなっている。

ステンレスのP226 S
P226
P226 E2
一体型の新型グリップとストロークの短いトリガーを装備したモデル。マガジンキャッチとデコッキングレバーも形状が変更されている。E2は"Enhanced Ergonomics"の略。
現在はE2の名が外されて、このモデルが現行型P226のスタンダードモデルである。
P226 TB
サプレッサーを取り付けられるようにバレルにネジが切られたモデル。TBは"Threaded Barrel"の略。
P226 Two-Tone
スライドがシルバー・フィニッシュになっているモデル。
P226 USPSA Two-Tone
上記モデルとは逆に、フレームのみシルバーとなっているモデル。
P226 DAK
ダブルアクション・オンリーのモデル。デコッキングレバーは廃止され、ハンマースパーも削り取られている。
P226 SAS
P226 DAKのスライド、フレームに丸みを持たせ、衣服などへの引っかかりを抑えたモデル。スライドはシルバー、グリップは木製に変更されている。SASは"SIG Anti-Snag"の略。
P226 Elite
スライド前部にセレーション、フレーム後部にビーバーテイル、グリップ前面にチェッカリングがそれぞれ追加された上位シリーズ。
P226 Elite Stainless
スライドとフレームがシルバーで、製グリップを装着したモデル。
P226 Enhanced Elite
フロントセレーション、ビーバーテイル、E2型グリップを装備したモデル。
P226 Elite Dark
可変式畜光サイト、アルミ製グリップを備えたモデル。
P226 Elite Dark TB
P226 Elite DarkのTB版モデル。
MK24
アメリカ海軍特殊部隊SEALs採用モデル。腐食を抑えるためリン酸塩皮膜処理がされている。
P226 Navy
MK24の民間向けモデル。スライドに碇のマークが刻まれている。
シュアファイアX300ウルトラを装着したP226 MK25
P226 MK25
SEALsが採用した最新型モデル(MK24改良型)とその民間向けモデル。特殊コーティングの他に厳密にピカティニーレール規格に改められたアンダーマウントや蓄光サイトを備えている。
P226 Combat
内部パーツにリン酸塩皮膜処理を、バレルにハードクロム処理を施したモデル。フレームとグリップはデザート系カラーになっている。
P226 Combat TB
P226 CombatのTB版モデル。
P226 SCT
フロントセレーション、トリチウム夜間サイト、バンパー付きマガジンを備えたモデル。装弾数は9mmで20発、.40S&Wで14発。
P226 Tac Ops
SCTの仕様にビーバーテイル、マグウェル機能付き大型グリップを追加した最高級モデル。
P226 Classic 22
.22LR弾専用モデル。アジャスタブルサイトを標準装備している。装弾数は10発。
P226 Classic 22 Bevertail
フレーム後部がビーバーテイル形になったモデル。
P226 X-Five
P226 X-Five
競技向けの5.0インチモデル。IPSCの規定に適合する。一部モデルを除きシングルアクション・オンリーでアンビセフティを備え、コック&ロックが可能。他にもアジャスタブルサイト、改良型リコイルスプリング、ビーバーテイル、ハイグリップ加工などを備える。そのためP226とのパーツ互換性はほとんど無くなっている。
SIG社のカスタム部門"マスターショップ"が製作するモデルも存在する。
P226 X-Five
木製グリップ、フルアジャスタブルトリガー、マグウェルを備えるモデル。カラーはシルバー。装弾数は9mmで19発、.40S&Wで14発。
P226 X-Five Competition
ポリマー製グリップ、マグウェルを備えるモデル。カラーはシルバー。装弾数は9mmで19発、.40S&Wで14発。
P226 X-Five Allround
P226のようにシングル/ダブルアクションでデコッキングレバーを持つモデル。カラーはシルバーでポリマー製グリップを備える。装弾数は9mmで17発、.40S&Wで12発。
P226 X-Five Tactical
アンダーマウントレール、固定式サイト、ブラック・カラーなど実戦を意識したモデル。9mmモデルのみで装弾数は15発。
P226 X-Six
SIG社のカスタム部門"マスターショップ"が製作するモデル。
競技向けの6.0インチモデル。シングルアクション・オンリー、サムセフティ、アジャスタブルサイトなど、その他の仕様はX-Fiveとほぼ同じ。


P227[編集]

2013年SIG SAUER社が一般に発表したP226の派生モデル。使用弾を.45ACP弾に変更している。P220のマガジン弾数が8発であるのに対しP227のマガジン弾数は10発装填である。

P228[編集]

SIG SAUER P228
P228
P228
概要
種類 警察自動拳銃
製造国 スイスの旗 スイス
ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 シグザウエル&ゾーン
性能
口径 9mm
銃身長 98mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 13発+1発
作動方式 ティルトバレル式ショートリコイル
全長 179mm
重量 742g
有効射程 50m

P226を小型軽量化したモデルとして1989年にリリースされたのがP228である。

このP228は小型軽量化に伴いP226よりも安価になった。それに加え装弾数が13発+1発と多めな事から、アメリカ軍で「M11」の名称で制式採用されている他、アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)、FBIDEA、アメリカ空軍特別捜査室(OSI)と言った捜査機関でも使用されている。また、その他フランス国家憲兵隊特殊部隊である国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)、ドイツ警察の特殊部隊であるドイツ地方警察特別出動コマンドイスラエル陸軍日本警察特殊部隊(SAT)海上保安庁特殊警備隊(SST)で採用されているのが確認されている。

一般的にP228は、P226のスライドを短くしただけのものと誤解されがちだが、装弾数を減少させることによってフレームがスリム化され、手の小さい人でも使用できるようになっている。また、P226のグリップとも若干異なり、親指が当たる部分がややへこんでいて、P226に比べても握りやすくなっている。P226とP228では、実際に握った感覚に大きな違いがある。

後継のP229が開発されたことで民間への販売は中止されたが、2012年よりM11の民間用がM11-A1として販売されている。

P229[編集]

SIG SAUER P229
P229 blk.jpg
SIG Sauer P229R
概要
種類 警察自動拳銃
製造国 スイスの旗 スイス
ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 シグザウエル&ゾーン
性能
口径 9mm
.40S&W
.357SIG
銃身長 99mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
.40S&W弾
.357SIG弾
装弾数 13発+1発(9mm弾)
12発+1発(.40S&W弾&.357SIG弾)
作動方式 ティルトバレル式ショートリコイル
全長 180mm
重量 865g

P228を強装弾に対応できるように改良したモデル。

P229は、スライドが削り出しでつくられており、P228とは形状も異なる。.40S&W弾を使用するモデルと.357SIG弾を使用するモデルが追加されている。

装弾数は、13+1発(9mmパラベラム弾)、.40S&W弾モデル・.357SIG弾モデルはともに12+1発。

アメリカ合衆国シークレットサービス(.357SIG弾)・アメリカ沿岸警備隊(.40S&W弾モデル)が採用している。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]