9x19mmパラベラム弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
9x19mm Parabellum
9mmLuger.jpg
通常弾(左)とホローポイント弾(右)
種類 Pistol
原開発国 ドイツの旗 ドイツ
製造の歴史
設計者 ゲオルグ・ルガー
設計時期 1901
生産期間 1902 to present
特徴
元となったモデル 7.65x21mmパラベラム弾
薬莢形状 リムレス, ストレージ
弾丸 9. mm (0.35 in)
首径 9.65 mm (0.380 in)
底面径 9.93 mm (0.391 in)
リム径 9.96 mm (0.392 in)
薬莢長 19.15 mm (0.754 in)
全長 29.69 mm (1.169 in)
雷管のタイプ Small pistol
弾丸性能
弾頭重量/種類 初速 エネルギー
7.5 g (116 gr) FMJ 360 m/s (1,200 ft/s) 483 J (356 ft·lbf)
8.0 g (123 gr) FMJ 350 m/s (1,100 ft/s) 494 J (364 ft·lbf)
9.5 g (147 gr) FMJ 300 m/s (980 ft/s) 442 J (326 ft·lbf)
算出時の銃砲身の長さ: 102 mm
出典: Federal Cartridge [1]

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたDeutsche Waffen und Munitionsfabriken(DWM、ドイツ武器弾薬工業)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。

9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。

現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。さらには第二次世界大戦以降、世界で使用されるサブマシンガン用弾薬の主流でもある。

パラベラムの名はラテン語の諺「Si Vis Pacem, Para Bellum」(平和を望むならば戦いに備えよ)に由来している。そしてこれはDWMのモットーでもあった。 価格は50発12ドル(2012ウォルマート調べ)

開発の経緯[編集]

7.65x21mmパラベラム弾を基にしてゲオルグ・ルガー(英語での発音は「ジョージ・ルガー」)は、DWMで9x19mmパラベラム弾を開発し、それをイギリスヴィッカース社(機関銃などを製造したメーカー)を通じて英国小火器委員会に自身が開発したルガーを9mmにネックアップしたものと一緒に提出した。1903年には3タイプの9mm弾がアメリカ陸軍に提供され、スプリングフィールド造兵廠にて実射実験が行われた。1904年には自国、ドイツもその新型弾に強い興味を示すようになった。

初期の9x19mmパラベラム弾は7.65x21mm弾に特徴的であったボトルネックを廃しただけのものであり、テーパーのかかったリムの無い薬莢を使用していた。1910年に弾丸が再設計されより自動装填に適した形に改められた。

第一次世界大戦終了後から、この実包は各国に採用され、世界中で幅広く使用されるようになる。

第二次世界大戦中のドイツでは、の使用を抑えるために、それまでの鉛芯を芯に替えて鉛で周囲をコーティングした弾を開発した。弾丸が黒色であることがその外見的特徴であり、08mit Eisenkern(08スチールコア弾)と呼ばれた。また、戦時中別の弾丸も開発され、弾丸が暗褐色であるという外見的特徴を持っていた。これは鉄粉を高温で焼結形成して作ったものである。

特殊弾として、薬莢底部にXの刻印が入り、薬莢全体が緑色に塗られ、150グレイン(9.7g)という重い弾丸を装備した実包も戦時中に開発された。これはサプレッサーを装備した銃に使用する亜音速弾であり、戦時中、他国でも同じタイプの弾丸が開発された。

第二次大戦後、9x19mmパラベラム弾は精度を向上させるためにその弾体重量を8gへと変えられた。1986年FBIで旧式の7.4gの弾体を持つ弾と重量弾(8g弾など)でトライアルが行われ、新型弾のほうが命中時に対象に効果的に打撃を与えられるという調査結果が出て以降、警察でも8gの弾丸が採用された。現在では9.5gまでの各種9mm弾が販売されている。

薬莢の材質とデザイン[編集]

真鍮
その誕生時から9mm弾の薬莢には真鍮が使われていた。外見、耐久性、視認性を向上させるために、外側はニッケルでコーティングされる。
アルミ
真鍮の使用を抑えるために1941年からスイスではアルミ薬莢が開発され、今日でも使用され続けている。
第一次世界大戦以後、各国で鉄製薬莢が試作された。腐食するという鉄の性質ゆえ成功している例は少ないが、「製造後すぐに使用するもの」という前提で、現在でも中国ロシアで生産されている。

形状[編集]

9x19mm Parabellum.svg

3種類の弾丸: アンジャケッテッド()、フルメタルジャケットホローポイント弾

脚注[編集]

  1. ^ Federal Cartridge Co. ballistics page”. 2007年9月25日閲覧。

関連項目[編集]