H&K HK45

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
H&K HK45
HK45C Threaded Barrel.jpg
H&K HK45C(延長バレル付)
概要
種類 軍用・警察用自動拳銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
性能
口径 45口径
銃身長 115mm(Cは100mm)
使用弾薬 .45ACP弾
装弾数 10+1発(Cは8+1発)
作動方式 ダブルアクション
ティルトバレル式ショートリコイル
全長 194mm(Cは183mm)
重量 785g(Cは717g)
発射速度  

H&K HK45は、ドイツ銃器メーカーであるヘッケラー&コッホ社(Heckler & Koch GmbH, H&Kとも)が2006年に開発した自動拳銃である。

概要[編集]

元々は2005年アメリカ軍SOCOM(合衆国特殊戦統合軍)で行われたM9の後継拳銃のトライアルに出品する為、H&K USPの後継版であるH&K P30をベースとしてトライアル条件に合致するよう、.45ACP弾を装備したモデルである。グリップはH&K P2000に準ずる(言わば同社のSOCOM制式拳銃であるMk.23の欠点を改良したモデルと言える。欠点については同項を参照されたい)。しかし計画自体は2006年に無期限延期と言う形で白紙化されている(このトライアルには本銃以外にベレッタPx4グロック21など多数参加していた)。

その後H&K社が2007年にショットショーで本銃を公開し、更に小型版であるHK45C(Compact)も開発され、現在軍・法執行機関、民間向けとして販売されている。

なお、制式採用トライアル自体は白紙となったが、アメリカ海軍特殊部隊Navy SEALsの隊員がHK45C(後述のHK45CTと同じようなサプレッサーを取り付けられる仕様)を携帯している写真が確認できることため、少数は実戦で使用されているようである。

バリエーション[編集]

このHK45はトライアルの他、北米市場向け(マンストッピングパワーの思想による)とする為、.45ACP弾のみのラインナップである。

HK45
基本モデル
HK45C
小型バージョン、重量が717gとなり、全長が183mmに抑えられている。
HK45T
Tは"Tactical"の略。HK45の軍用向けバージョン(USP TACTICALの後継機としての位置付け)。サプレッサー(銃器用減音器)を取り付ける為にネジ切り済みの延長バレル、ハイターゲティングサイトを装備している。
HK45CT
HK45Tの小型バージョン。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]