M26 MASS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M26 MASS
PEO M26 MASS on M4 Carbine.jpg
M4カービンに装着したM26 MASS
概要
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 C-MORE社
性能
口径 12ゲージ
銃身長 180mm
装弾数 5発
作動方式 手動操作式ストレートプルボルトアクション
全長 350mm(ストック折りたたみ時)500mm(ストック延長時)
重量 1.5kg

M26 MASS(Modular Accessory Shotgun System)は、M16/M4系列の小銃カービンに装着することを前提に開発されたアンダーバレルショットガンである。

ピカティニー・レールによる拡張性を有しており、ピストルグリップとストックを装着することで単独での使用が可能な設計になっている。

設計はC-MORE社、製造はベルツ・コーポレーション社が担当している。

概要[編集]

M26 MASSを装着したM4を構えるアメリカ陸軍の兵士

M26 MASSの元々の名称は「Lightweight Shotgun System」というもので、特殊部隊向けに開発が行われていた装備であり、殺傷を目的とした弾だけではなくドア破壊用の特殊なスラッグ弾や、催涙弾、ゴム弾といった非致死性兵器も使用できるためさまざまな任務で使用することが出来る。

M26 MASSと同じ設計思想で、1980年代にナイツアーマメント社がレミントンM870から開発した「マスターキー」というアンダーバレルショットガンがあるが、M26 MASSはボックスマガジンを採用したことなどによりマスターキーよりも優れた性能を持っている。

また、ピン1本で本体から分離することが可能で、M4カービンタイプの伸縮式ストックとピストルグリップを取り付けることでM203 グレネードランチャー同様に、単体で使用できるようになっている。

作動方法は、ショットガン伝統のポンプアクション式ではなく、左右組み換え可能なチャージングハンドルを折り畳むことで閉鎖させるボルトアクション式を採用している。

そして銃口先端に取り付けられたマズルガードは、ドア破壊の際にでカギとドアノブに銃口を押し付けた状態で発砲したときに、発射ガスを逃がしながら対象との距離を保つことで銃身を保護する役割があり、更にはマズルガードは伸縮が可能になっており、使わないときには右回りにひねってロックを解除してから収納することで、全体の短縮化が可能である。

アメリカ陸軍はM26 MASSを35,000セット調達することを計画している。

関連項目[編集]