錠前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南京錠
木箱につけられた単純な施錠機構。1628年に沈没したスウェーデンの船ヴァーサで発見された。
中世期の錠前。カトマンズ
フェンスにかけられた大量の南京錠。ドイツ ケルンホーエンツォレルン橋にて

錠前(じょうまえ)または(じょう)は、扉などにとりつけて締める機械的または電子的道具。物体(カードキー指紋RFIDカード、セキュリティトークンなど)または秘密情報(キーコード、パスワードなど)またはそれらの組み合わせによって開く。

典型的なピンタンブラー錠ウェハータンブラー錠では、安静位で錠前が締まる。(の錠前に差し込む部分)にはどちらかの側(あるいは両側)に一連の溝があり、差し込める錠前が限られている。鍵を錠前に差し込むと鍵穴の突起と鍵の溝が揃い、シリンダーに鍵を完全に挿入することができる(合わなければ入らない)。次に鍵の一連の歯や切欠き(bitting)が錠前内部のピンウェハーを上下に動かし、内側のシリンダーと外側のシリンダーの境界(shear line)に対してそれらが揃うことでシリンダーまたはカムを回せるようになり、開錠される。

歴史[編集]

財産を守ることは昔から世界中の人々の関心事だった。物を隠したり常に監視したりする以上に最もよくなされた対策は、道具を使ってそれらを守ることだった。例えば紐で縛る場合、泥棒結びのように解いて結び直したことを検知したり、ゴルディアスの結び目のように解くのが難しい結び方をした。最初の錠前がどこで発明されたかは定かではないが、エジプト、ギリシア、ローマなどでそれぞれ独自に発達したと見られている。木製の錠前と鍵は4000年前のアッシリアで使われていた[1]。鍵のある最初の錠前としてピン錠(ピンロック)がある。扉の穴からぶら下がったロープに錠前が通されている。穴の開いた木製の円筒状のものが鍵となる。その際円筒の長さが重要な意味を持ち、鍵を挿し込んだときに中のボルトが正しい長さだけ押される。施錠する際はロープを引っ張って円筒の鍵を引き抜き、同時にボルトを引いて締める。このような錠前を今も使っている地域もある(例えば、プエルトリコ)。この錠前の欠点は破壊者がロープを穴に押込むことができる点で、古代には錠前を破るためにを鍵穴に入れた。

1900年代、エジプトで木製のピン錠と木製の鍵が発見された。紀元前250年ごろに使われていたものと見られている[2]

ピン錠への初期の改良はピンの数を増やすことだった。さらに、ピンの方向を変えてロープを使わなくとも鍵だけで開錠する力をかけられるようにした。それによって現代のピンタンブラー錠の原理が確立された。

日本では江戸時代に仕事が激減した刀鍛冶によって錠前の高付加価値化が行われ、和錠と呼ばれる豪華な装飾と(当時の日本では)高機能な防犯性を備えた独特な錠前が作り出された。これは開錠の仕組みその物は当時の一般的な板バネ式だが、複数の鍵を使わないと開かない物(1つの、もしくは複数ある鍵穴に形状の違う複数の鍵を手順通りに差し込む)や、鍵穴を複雑なからくりで隠した物、そのからくりを解くと音が出る仕掛けになっている物など、趣向を凝らした作りになっている。

その後、今も見かけるウォード錠が開発された。ウォード錠の鍵のデザインが現代の鍵の元になっている。高いセキュリティが要求される場合は、錠前がある場所を隠したり、偽の錠前を設置して盗賊に時間を浪費させるなどの対策を施した。

錠前師と鍵師[編集]

錠前(錠)とこれを開くを製作する者を錠前師(じょうまえし)、また各種錠前の機構を理解した上で、これに対応する鍵を用いずに器具等で開錠するための専門技能を持つ職能者を鍵師(かぎし、lock-smith[3]と称する。

また、これらをひっくるめた専門職(主にはメーカーの出張所や市井の店舗)を指す言葉として鍵屋(かぎや)という呼称が使われる事もあるが、これは現在では地名[4]や花火屋の屋号に由来する花火の時のかけごえ[5]に流用される事が多くなったため、現在では職業を指して使われることは稀である。

錠前師および鍵師は、ほとんどの国では専門の養成過程を持つ学校(専門学校・工業系大学など)ないしは、錠前メーカーにおける職業研修を受けた上でなるものとされている。

日本の場合においては各錠前メーカーの他、日本鍵師協会において専門技能者の養成が成されており、技能保持者向けに検定試験(資格試験)が実施されている。また日本では「錠前師」「鍵師」の両語は日本鍵師協会の登録商標とされている。[3]

著名な錠前師[編集]

中国雲南省の20世紀初期の錠前と鍵
  • ロバート・バロン - 1778年、ダブルアクション式タンブラー錠の特許を取得。近代的な錠前の改良がここから始まった。
  • ジョゼフ・ブラマ - 1784年、safety lock の特許を取得。しばらく破れない錠前とされていたが、67年後に A.C. Hobbs が50時間以上かけて破った。
  • ジェレミア・チャブ - 1818年、改良版レバータンブラー錠 (en) の特許を取得。対応する鍵でしか開けられない錠前を発明したということで、政府から賞金を授与された。
  • ライナス・エール・シニア - 1848年、ピンタンブラー錠を発明。
  • ジェームズ・サージェント - 1857年、番号を変更可能なダイヤル錠について初めて記述した。金庫でよく使われるようになり、アメリカ合衆国財務省もこれを採用した。1873年、時限錠の特許を取得。試作品が当時の銀行の金庫室で使われた。
  • ライナス・エール・ジュニア - 1861年、父の錠前を改良。ピンタンブラー錠を現在見られるような形にした。また1862年にはダイヤル錠を改良している。
  • サミュエル・シーゲル - 1916年、バールでこじ開けられない錠前を発明。
  • ハリー・ゾレフ - 1921年、Master Lock 社を創業。1924年、改良版南京錠の特許を取得。ゾレフは日本が好きで、錠前を "joumae" と呼んでいた。

錠前の種類[編集]

南京錠
ダイヤル錠

錠前には完全に機械式のものと電気を使ったものがある。施錠と開錠の操作にを使うもの、ダイヤルを回すなど機械的に入力するもの、電気を利用して暗証番号などを入力するもの、磁気やなんらかのカードを使うものなどがある。また不正侵入を防ぐ目的ではなく、誤操作を防ぐ安全装置も英語では "safety lock"(安全錠)と呼ぶ。

タンブラー錠[編集]

ピンタンブラー錠[編集]

ピンタンブラー錠は西洋では最も広く使われている錠前である[6]。紀元前2000年ごろから使われている。エジプトで使われたピンタンブラー錠は大きくて重く、木製でピンだけが青銅などの金属でできていた。1805年、イングランドで現代的ピンタンブラー錠の特許が取得されている。特許権保持者はアメリカ人のA・O・スタンベリーだった。18世紀中ごろ、アメリカの錠前師ライナス・エール・シニアと息子ライナス・エール・ジュニアが改良を施して現在見られるような形にした。そういった初期のピンタンブラー錠は製造コストが高く、大量生産が可能になるまで広く普及することはなかった。

ウェハータンブラー錠[編集]

ウェハータンブラー錠のアメリカ合衆国での最初の特許は、1868年にP・S・フェルターが取得した[7]。比較的安価に製造可能で、自動車や家具の錠前としてよく使われた。一般に亜鉛合金のダイカストで作られた。

レバータンブラー錠[編集]

レバータンブラー錠は17世紀にヨーロッパで発明された[8]。強い素材で製作可能であるため、金庫や北米の刑務所などでよく見られる。国によってはの錠前としてもよく使われている。19世紀にそれまでのウォード錠に取って代わった。イングランドのロバート・バロンが1778年にダブルアクション式のレバータンブラー錠の特許を取得した。1818年、ジェレミア・チャブがこれを発展させた錠前 (en) を考案している。

その他[編集]

他にもウォード錠、チューブラー錠、電子錠など様々な錠前がある。バリエーションも色々ある。例えばディンプル錠はエールのピンタンブラー錠から派生したもので、ピンが鍵の縁ではなく広い面のディンプル(くぼみ)と接触する。

主な錠前[編集]

扉の種類に対応した錠前の配置

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

  • Phillips, Bill. (2005). The Complete Book of Locks and Locksmithing. McGraw-Hill. ISBN 0-07-144829-2.
  • Pulford, Graham W. (2007), High-Security Mechanical Locks : An Encyclopedic Reference, Elsevier, ISBN 0-7506-8437-2 
  • Alth, Max (1972). All About Locks and Locksmithing. Penguin. ISBN 0-8015-0151-2
  • Robinson, Robert L. (1973). Complete Course in Professional Locksmithing Nelson-Hall. ISBN 0-911012-15-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]