FGM-172 SRAW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッキード・マーティン プレデター
FGM-172 SRAW
SRAW.jpg
種類 対戦車ミサイル
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計 ロッキード・マーティン
性能諸元
ミサイル直径 14cm
ミサイル全長 70.5cm
ミサイル全幅 14cm
ミサイル重量 9.7kg
信管 レーザー/磁気式近接信管
射程 17-200m(対移動目標)
17-600m(対静止目標)
推進方式 固体ロケット
誘導方式 慣性誘導(INS)
飛翔速度 250m/s
テンプレートを表示

ロッキード・マーティン プレデター英語: Lockheed Martin Predator)は、アメリカ合衆国ロッキード・マーティン社製の近距離射程対戦車ミサイルアメリカ海兵隊においてFGM-172 SRAW英語: Short-Range Assault Weapon、近距離強襲兵器)として採用された。また、以前はSRAW MK 40 MOD 0とも呼ばれていた。

発射の前に射手は目標を3秒間追尾する必要がある。これにより内部システムは目標の距離・方向・速度を算出し、目標とミサイルのコリジョンコースを計算し照準線を決定する。発射されたミサイル慣性誘導(INS)によりこの照準線に従って飛翔する。つまりプレデターは目標を追尾するわけではないという点で非常に特異なミサイルであり、この点では非誘導の対戦車ロケット弾とも近い。

しかし慣性誘導装置を有するため、対戦車ロケット弾よりもはるかに安定した弾道を描くことができる。また、目標追尾式のミサイル(ジャベリンなど)は、シーカーが目標を捕捉する必要上、一定程度の最低射程が生じてしまう(例えばジャベリンでは75メートル)のに対し、本機では慣性誘導を採用したことにより最低射程を17メートルにまで大幅に短縮しており、近距離での交戦能力に優れている。

終末航程においては、トップアタックを行なう型と直撃コースを採用する型の2種があり、アメリカ軍では前者をFGM-172A、後者をFGM-172Bとして配備している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]