M320 グレネードランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M320 グレネードランチャー
PEO M320 Grenade Launcher.jpg
M320 グレネードランチャー
概要
種類 擲弾発射器
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
性能
口径 40mm
銃身長 280mm
使用弾薬 40x46mm擲弾
装弾数 1発
作動方式 ダブルアクション
全長 350mm
重量 1,500g
銃口初速 76m/秒
有効射程 150m

M320 グレネードランチャーは、アメリカ軍が採用している40mm擲弾発射器である。

コンペティションにより2006年ヘッケラー&コッホとの間に契約が交わされ、現在実戦配備が始まっている。

ヘッケラー&コッホでの型式はH&K GLMである。

概要[編集]

M4カービンに取り付けられたM320と電子照準装置

基本構造はM203に近い。すなわち、40x46mm擲弾を単発で発射し、ピカティニー・レールを介してM16M4カービン銃身下に装着できるほかストックなどのアクセサリーキットを用いれば単体の兵器として運用可能で、銃尾から弾薬を装填するものである。

銃身は、銃口付近のヒンジを支点に銃尾を左側にスイングするように動き、薬室を開放する。M203は銃身を前にスライドさせて薬室を開く構造のため、装填できる弾薬の長さに制限があったが、M320はいかなる長さの弾薬も使用可能である。特に非致死性の弾薬は長いものが多い。安全装置は、左右両側から操作できる。

以下の点でM203と違いがある。

  • M320にはピストル型のグリップがある。M203にはグリップはなく、銃本体の弾倉をグリップのように利用した。
  • 照準具は側面に位置している。M203で問題とされたグレネードランチャーのサイトと銃本体サイトの干渉を解決した。
  • ダブルアクションによる撃発となった。もし不発射だった場合、射手は引金を引きなおすだけで射撃ができる。M203はシングルアクションであったため、不発射だった場合は銃身を前にスライドさせて装填をやり直してから引金を引く必要があった。

バリエーション[編集]

XM320
試作型、形態はオリジナルのAG36に近い。

画像ギャラリー[編集]

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]