M203 グレネードランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M203 グレネードランチャー
M203 1.jpg
M203 グレネードランチャー
概要
種類 擲弾発射器
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 AAI、コルト
ブッシュマスター
ルイス・マシン&トゥール
ナイツアーマメント
性能
口径 40mm
銃身長 305mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 40x46mmグレネード弾
装弾数 1発
作動方式 シングルアクション
全長 380mm
重量 1.36kg
発射速度 5-7発/分
銃口初速 76m/秒
有効射程 点目標150m
面目標350m

M203 グレネードランチャーは、主にM16アサルトライフルM4カービンに装着される40mm擲弾発射器である。銃身下に装着されるほか、ピストルグリップとストックサイトを装着して単体(Stand-Alone)でも使用可能である。単発、後装、施条有の擲弾発射器で、装填はアルミニウム製の銃身を前方にスライドさせて行う。対応弾種は40x46mmグレネード弾で、榴弾発煙弾照明弾、散弾、催涙弾CSガス)、演習弾がある。照準は、至近距離ではハンドガード上に装着されたリーフサイトで、400mまでの射撃ではキャリングハンドル横に装着されたクアドラントサイトで行う。

歴史[編集]

1967年から1968年にかけて、アメリカ陸軍と契約したAAI社が開発を行った。ベトナム戦争に投入されていた銃型のM79 グレネードランチャーと、当時試験採用されていたコルト銃身下装着型のXM148 グレネードランチャーの実績を踏まえたものであった。1968年後半に試験型のXM203が完成し、1970年アメリカ軍によりベトナムでの運用試験が行われた結果、採用となりM79の後継装備品として導入された。

生産は当初はAAIが行ったが、1971年以降はコルトがライセンスを取得して製造している。

1990年代に数度の改修を受け、M203A1、M203A2へと発展している。

現在H&K社がM320 グレネードランチャーを開発中であり、アメリカ軍のM203を更新する予定である。

性能[編集]

  • 最大到達可能距離:400m
  • 最大有効射程(広域目標):350m 
    • (定点目標):150m
  • 最小安全距離
    • 非直接目標時:35m
    • 訓練時:130m
    • 戦闘時:31m

派生[編集]

M16A1に装着されたM203。 訓練弾を装填している
M203 PIを装着したF88 オーストラリア陸軍

M203[編集]

標準型。M16A1M16A2M16A3に対応した12インチ銃身である。専用ハンドガードに固定され、通常は使用者レベルでは分離しない。M16本体のハンドガードを丸ごと置き換えて装着する。

M203A1[編集]

主にM4M4A1用で、銃身長は9インチである。QD(Quick Detach/即時分離)機能を持ち、下部ハンドガードまたはR.I.S下面を外して装着する。

カナダ軍はC7(M16)にM203A1を装着して使用している。

M203A2[編集]

M203A1をM16A4 MWS(Modular Weapon System)用に銃身を12インチにしたもの。ナイツアーマメントのM5 R.I.Sに合わせて設計されている。

M203 PI[編集]

上記以外のに対応したモデルの総称で、ステアーAUGH&K社のH&K G3H&K MP5AKMAK-74になどに装着できる。

M203のコピーまたは改良品は少なくともトルコ韓国ブルガリアミャンマーなどで製造されているようである。

下記のグレネードランチャーはM203の派生品である。

採用国[編集]

M203を装着したSAR21
85式を装着した86式歩槍

以上の銃器に対してサービスが行なわれている(二重括弧内は採用名)

登場作品[編集]

関連項目[編集]

ソ連ロシア製のグレネードランチャー。AKMもしくはAK-74に装着して使用する。
ドイツ製のグレネードランチャー。G3/HK33/G41系列に装着して使用する。
ドイツ製のグレネードランチャー。アメリカ軍におけるM203の後継であるほか、H&K G36にも装着可能。

外部リンク[編集]