ラインメタル 120 mm L44

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラインメタル 120 mm L44(Rheinmetall 120 mm L/44)は、ドイツラインメタル社が開発した44口径120mm滑腔戦車砲である。その規格はイギリスチャレンジャー1/2を除き、ほとんどの西側諸国主力戦車の戦車砲に採用するという実績をもつ。

アメリカ合衆国ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズM256の名称でライセンスを取得しており、日本でも日本製鋼所90式戦車用にライセンス生産を行っている。

概要[編集]

射撃後の排出された弾底部

砲弾は、成形炸薬弾(HEAT)・多目的対戦車榴弾(HEAT-MP:High Explosive Anti-Tank Multi-Purpose)や安定翼付徹甲弾(APFSDS)が使用できる。また、アメリカ軍が使用する多目的榴弾 (MPAT)のM830A1は、近接信管を内部に組み込んでいるため、低空を低速で飛行するヘリコプターなども標的にすることができる。

大型化した砲弾の取り扱いを少しでも容易にするため、発射時に薬莢が金属底部を除いて焼失してしまう燃焼薬莢方式を採用している。しかしこのため構造上空包が作れないという欠点があり、訓練用の非燃焼薬莢の空包も用意されているが採用国はなく、射撃訓練には陸上自衛隊TPFSDSの様な、一定距離で分解または失速する訓練専用弾が使用されている。

イスラエルメルカバMk 3/Mk 4イタリアアリエテフランスルクレールに採用されている120mm滑腔砲は、砲弾互換性はあるもののそれぞれ国産オリジナルの製品であるとされている。

ドイツレオパルト2の最新型であるA6では、オリジナルの薬室を保ったまま砲身長を55口径に延長し、より高い砲口初速を得て射程延伸を図った改良型であるラインメタル 120 mm L55が採用されている。

120mm KE DM53および改良型のDM63はラインメタル 120mm砲用の新式の弾薬であり、従来の44口径型と長砲身55口径型の両方で使用可能である。

採用国[編集]

M256を搭載したM1A1エイブラムスの射撃

ドイツの旗 ドイツ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

日本の旗 日本

韓国の旗 韓国

諸元・性能[編集]

諸元

  • 種別: 後装式滑腔砲
  • 口径: 120mm
  • 砲身: 44口径長(L/44)、55口径長(L/55)
  • 重量: 3,780キログラム (8,300 lb)(システム)
    1,190キログラム (2,600 lb)(砲身)
  • 全長: 5.89メートル (19.3 ft)

作動機構

  • 砲尾: 垂直鎖栓式閉鎖機
  • 砲架: 車載砲

性能

砲弾・装薬

  • 弾薬: 完全弾薬筒; STANAG 4385(120x570mm), 4110, 4493など



外部リンク[編集]