L16 81mm 迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陸上自衛隊の81mm迫撃砲 L16
砲身内。滑腔砲身を採用している
支持架周辺と照準器
砲身下部と底板
迫撃砲を運用している陸上自衛官

L16 81mm 迫撃砲(L16 81mm Mortar)は、イギリスで開発された標準的な迫撃砲であり、イギリス陸軍ほか各国で採用されている。アメリカ陸軍ではM252陸上自衛隊では81mm迫撃砲 L16の名称が与えられた。L16の"L"とは口径長のことで、16口径の砲であることを表す。

概要[編集]

第二次世界大戦イギリス軍が使用したML 3インチ迫撃砲の後継として、同国軍では1965年に正式採用された。砲身など主要3部分に分解することで人力でも運搬が可能なことから、歩兵に追随して山中などでも運用が容易になっている。砲身は滑腔砲身を採用しているほか、放熱のため、その下部外面にはフィンが設けられている。81mmクラスの迫撃砲としてはずば抜けて軽量であり、これが多数の国に採用された最大の理由となっている。

イギリス陸軍は1960年代より運用を開始し、FV432装甲兵員輸送車などに搭載されたが、特にフォークランド紛争では、歩兵が分解して携帯することも多かった。

陸上自衛隊でも64式81mm迫撃砲の後継として、豊和工業でのライセンス生産品を1990年代初頭より採用しており、前任者同様に普通科中隊の主たる火力として運用されている。現在でも調達が続けられており、平成24年度は6門調達が予定されている。価格は約1,000万円である。

諸元・性能[編集]

諸元

  • 種別: 迫撃砲
  • 口径: 81mm
  • 砲身: 1,280mm
  • 重量: 36.6kg
    • 銃身:12.7kg
    • マウント:12.3kg
    • ベースプレート:11.6kg
  • 砲員数: 3名

性能

  • 旋回角: 全周
  • 砲口初速: 225m/s
  • 有効射程: 100m-5,650m
  • 最大射程: 5,650m
  • 発射速度: 20発/分(最大), 12発/分(持続)

砲弾・装薬



運用国[編集]

採用国は39カ国に及ぶとされている。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]