M31 HEAT ライフルグレネード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M31 HEAT rifle grenade
M31HEAT-M14rifle.jpg
M31を装填したM14
種類 対戦車ライフルグレネード
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
運用史
関連戦争・紛争 ベトナム戦争
開発史
開発期間 late 1950s
製造期間 1950s-1960s
諸元
重量 709g
全長 430mm
砲身内径 66mm/warhead
弾体直径 66mm/warhead

有効射程 115meters/effective
最大射程 185meters/maximum
弾頭 コンポジションB
炸薬量 254g
信管 nose-initiated, base-detonated

M31 HEAT ライフルグレネードは、アメリカ合衆国22mmライフルグレネード小銃擲弾)である。陸上自衛隊では、M31対戦車小銃てき弾(エム31たいせんしゃしょうじゅうてきだん)として採用し、普通科部隊などが装備している。

概要[編集]

1950年代末、アメリカ陸軍海兵隊の装備しているENERGAライフルグレネードを更新するために開発された。

弾頭はENERGAと同様の成形炸薬弾であったが、信管は機械式からより構造が単純で信頼の置ける圧電効果を利用したものとされ、有効角度は65度までと広くなった。発射後、安定翼[1]及び3枚のディスクの回転により姿勢を保ち、おおよそ10m前後で1枚のディスクを放出して飛行する。

直径は、ENERGAの75mmから66mmに小型化された。装甲貫通能力は250mmから305mmと言われていたが、1970年代半ば、1973年鹵獲されたソビエト連邦製の戦車を使用して行った実験により、装甲板に対して200mm、コンクリートに対して400mmとされた[2]

米軍で後に開発される対戦車ロケット弾M72 LAWの弾頭はM31とよく似た形状をしており、影響を与えたことを伺わせる。

陸上自衛隊[編集]

  • てき弾を64式7.62mm小銃の銃口に差し込み、実包ではなく専用の薬包(ガス圧発生用空砲)を用いて発射する[1]。黄燐発煙弾頭なども用意されていた[1]
  • 現在では、実戦部隊ではほとんど使われる事のない装備火器である。予備火器としての保有と、新隊員教育における教育などにおいて演習弾などの射撃のみ行われている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c PANZER 臨時増刊 陸上自衛隊の車輌と装備2012-2013 2013年1月号,アルゴノート社,P75
  2. ^ US Army publication September 30, 1977 "FM-7 The Mechanized Infantry Platoon/Squad Section B-21" specification for M72A2 LAW variant which uses a warhead almost identical to the M31 HEAT

関連項目[編集]

外部リンク[編集]