H&K XM8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
H&K XM8
Xm8 sideview.jpg
XM8 開発初期のベースライン・カービン
カラーリングやアタッチメント・ポイント、消炎器、多機能先進サイト・モジュールなどのデザインが量産型と異なる
H&K XM8
種類 軍用小銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm(標準)
6.8mm
銃身長 318mm(基本型)
241mm(PDW型)
508mm(狙撃銃SAW型)
使用弾薬 5.56mm NATO弾
6.8×43mm SPC
装弾数 30発箱形弾倉(5.56x45mm NATO)
28発箱形弾倉(6.8×43mm SPC)
100発ドラム形弾倉
作動方式 ガスピストン方式
ショートストロークガスピストン
ロータリーボルト閉鎖
全長 840mm(基本型)
重量 3,400g(基本型)
発射速度 750発/分
銃口初速 920m/秒(基本型)
有効射程 300-500m
歴史
テンプレートを表示

H&K XM8は、アメリカ軍の次期制式アサルトライフルとしてドイツH&K社で開発されたアサルトライフル。XM29へ移行する間の穴埋めとして[1]1990年代後半から2000年代前半にかけて開発が進められていた。

概要[編集]

XM8は、H&K G36を基本設計に、強化プラスチックなどの新素材を多く使用、未来を先取りしたような先進的なデザイン[1]をしているのが特徴である。プラスチック素材は自由な形に成型できるので、銃の形を人間工学的にデザインし、使用者の体に丁度良くフィットして自然な姿勢で射撃できるように工夫されている。そのうえ、銃の問題点である反動を軽減して命中精度を向上させることが可能である。

2005年に、アメリカ陸軍が次期制式アサルトライフルとして同銃を発表したが、M16の製造元であるコルト社はロビー活動を展開、海兵隊特殊部隊からの猛反発も重なり決定が覆され[2]、同年4月に採用は保留とされた。その後、10月31日には正式に採用を中止し[1]、今後の動向は未定となった。なお、H&K社は民間軍事会社に対し営業活動を行なっている[3]

しかし、現在は月刊アームズマガジン(2011年11月号)において「生産は終了している」とされている。

性能[編集]

従来の銃と異なる一番の特徴は、部品交換によりアサルトライフルからカービン分隊支援火器として使用できるように改造が可能な点である。部品交換は容易に行える設計になっており、道具を使わず素手で行なえる[2][4]直銃床の設計が優れているため反動が小さく、銃口の跳ね上がりも少ないので、フルオート射撃でも優れた命中精度を誇り、片手でのフルオート射撃も可能としている。

M16系の機関部に直接発射ガスを吹き付けて作動させる方式と異なり、通常のガスピストン方式(発射ガスに押されたピストンが機関部を動作させる)なので銃内部が汚れにくい。そのため、連続2,000発の射撃を行った後でもクリーニングを必要とせず[2]、汚れにも強い。事実、2007年7月に行われたXM8HK416SCAR-L MK.16M4A1の4挺の信頼性比較テストでは、最も優秀な成績を収めている。

ちなみに、テストの内容は各銃10挺を25時間にわたって汚し、その後銃を6千発発砲するというものである。

テスト結果/排莢不良回数[5]

  • XM8 - 127回
  • SCAR-L MK.16 - 226回(内16回は深刻な問題)
  • HK416 - 233回
  • M4A1 - 882回(内19回が深刻な問題)

付属品・オプション[編集]

銃上部に付いたISM(多機能先進サイト・モジュール)は、ドットサイト赤外線ポインター(倍率は1倍)、光学サイト(4倍)、赤外線照射装置を装備する。キャリングハンドルを兼ねるブリッジは取り外しが可能で、リアサイト、フロントサイトを内蔵している。コッキング・レバー、マガジン・レバーは両方とも左右どちら側でも操作が可能で、機関部両側にモード切替レバー(安全装置/射撃モード)を取り付けられているなど、左利きの射手にも対応可能な造りとなっている。

銃床は、5段階に伸縮が可能なバットストックで、取り外しが可能。ハンドガードは人間工学に基づいた設計をしており、対高温であるため銃身の熱を遮断する他、内部には銃剣を装着する部分が収容されている。アタッチメント・ポイントは、各種アクセサリーを付け替えてもボアサイト機能を維持可能。箱型弾倉ポリマー製で、金属製のマガジンよりも重量が30%軽くなっている[2]。箱型弾倉以外にも、100連装ドラム型弾倉も存在する。銃身はコールドハンマー製法[6]でつくられており、長時間射撃、連続発射を繰り返しても命中精度への影響は少ないとされる[2]

また、XM8の銃身下部には40mm擲弾発射器M320 グレネードランチャー」や、マスターキー仕様の12ゲージショットガンレミントンM870」などが工具なしで装着可能[1]

さまざまなオプション部品を取り付けても、同じ条件のM4カービンより2割ほど重量が軽いとされる[1]

バリエーション[編集]

ベースライン・カービン(Baseline Carbine)
アサルトライフル型。標準的なモデル。12.5インチ(318mm)バレルを使用。
コンパクト・カービン(Compact Carbine)
PDW型。携行性を重視した小型モデル。9.5インチ(241mm)バレルを使用し、銃床を装備しない場合もある。
シャープシューター(Sharpshooter)
狙撃銃マークスマンライフル型。20インチ(508mm)バレルと改良型のスコープを装備。
オートマチック・ライフル(Automatic Rifle)
分隊支援火器型。連射のために耐久性の高い20インチ(508mm)バレルを採用。また、折畳式の二脚を装着し、給弾は100発ドラムマガジンで行う。

画像[編集]

登場作品[編集]

ゲーム
ライフルマン用武器「XM8」として登場。購入すれば訓練兵からでも装備可能。
「オペレーション・アローヘッド」の拡張DLCに登場するPMC「ION社」オペレーターのメイン武器として登場。
作中では、本銃が米軍に正式採用されたことになっており、「M8A1」という名称で登場。ハンドガードやキャリングハンドルにレールが増設されるなどの改良が施されている他、デフォルトで4点バーストとなっている。
突撃兵の装備として、また、「XM8 LMG」という名で援護兵、「XM8 C」と言う名で特殊兵の装備としても登場している。
突撃兵の装備「XM8 P」、工兵の装備「XM8 C」、援護兵の装備「XM8 LMG」として登場する。
「コンバットライフル」の名称で登場する。
主に米軍が所持。主人公も使用できる。

参考・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 小林宏明『図説 銃器用語事典』早川書房 ISBN 9784152089014 p336
  2. ^ a b c d e 坂本明『世界の軍用銃』文林堂 ISBN 4893191403 pp94,95
  3. ^ http://www.ex-military.jp/column/01_pmc.html - この記事の末尾には、H&K XM8を装備しているPMCの社員の写真がある
  4. ^ ガス圧利用方式では火傷を起こしてしまうため、通常のアサルトライフルと違いガス圧利用方式を採用していない
  5. ^ 月刊『軍事研究』2008年12月号 pp168,169
  6. ^ ハンマーによる打撃を繰り返して高度に圧縮したスチールを用いて作成し、内部表面をハードクロムメッキを施す製法

関連項目[編集]

外部リンク[編集]