H&K P2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
H&K P2000
Hkp2000.jpg
H&K P2000
概要
種類 警察自動拳銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
性能
口径 9mm、.40、.357
銃身長 98mm
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
.40S&W弾
.357SIG弾(オプション)
装弾数 13+1発
16+1発
12+1発(P2000SK)
作動方式 ダブルアクション
ティルトバレル式ショートリコイル
全長 173mm
163mm(P2000SK)
重量 704g
680g(P2000SK)
銃口初速 350m/s
有効射程 50m

H&K P2000は、ドイツの銃器メーカーであるヘッケラー&コッホ社(以下H&Kと記載)が同社のH&K USPをベースとして開発した自動拳銃である。

概要[編集]

USP(正確にはUSPコンパクトのドイツ制式採用版のP10)の小型改良版として2001年に開発されたのがこのP2000である。

元々多くのバリエーションを持つUSPではあるが、女性警察官からグリップが太すぎるとの声が上がっていた。そこで、同じくドイツの銃器メーカーであるカール・ワルサー社のワルサーP99の特徴であるバックストラップを交換可能とする事で、手の小さい女性でもグリップがフィットする設計になったのと同時に、左利きの射手に配慮し、操作系統も交換できるようになっている。この特徴から、P2000は極力左右対称のデザインとなっている。

また、グロック17のセーフアクション、ワルサーP99のクイックアクション機構と同様、撃針がダブルアクションとシングルアクションの中間にあり、双方の重さとストローク(長さ)で引金を引く機構(LEM)を採用している。

弾薬9x19mmパラベラム弾.40S&W弾の他、オプションで.357SIG弾から選択できる。

また、近年では、日本の警察がP2000を装備している[1]。日本警察のP2000には専用のランヤードが付属し、弾薬は9mmパラベラム弾を使用している。

バリエーション[編集]

P2000
P2000SK
P2000のコンパクトバージョン。SKは「Sub Kompakt」を意味する。

また、引金を引く重さの違い、システムの相違からV1-V5(ヴァリアント)までのバリエーションが存在する。V3では通常のダブルアクション、V5ではDAO(ダブルアクションオンリー)が採用されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年5月6日に、日本テレビ系ニュース番組内の特集である「密着!警視庁SP要人警護の舞台裏」の中で、警視庁警備部の警護員(SP)が、P2000を使用した実弾訓練を行っている。また、2011年高知県警察年頭視覧式の装備点検展示において、制服警官がP2000を装備していることが確認された

外部リンク[編集]