スパイク (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパイク
SPIKE ATGM.jpg
スパイク-LR型のモックアップ
種類 対戦車ミサイル
製造国 イスラエルの旗 イスラエル
設計 ラファエル
性能諸元
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線画像(IIR)可視光画像(TV)併用式
飛翔速度 130-180m/s(※-LR型)
テンプレートを表示
スパイク対戦車ミサイルの断面図

スパイク(Spike)は、イスラエルRafael Advanced Defense Systemsによって開発された第三世代対戦車ミサイルである。

概要[編集]

スパイクは発射後に自動誘導される、いわゆる撃ちっ放し能力を備えたミサイルである。

また、誘導方式は赤外線画像シーカーを用いた赤外線ホーミング。さらにスパイクの派生型ではミサイル本体と発射機に備えられた光ファイバーケーブルにより高い射撃・進路修正観測能力を持つものもある。

弾頭成型炸薬弾を二つ重ねたタンデムHEATで、先頭のHEATが爆発反応装甲を爆発させ、二番目のHEATが敵の主装甲を貫徹する。

このミサイルは多くの陸軍で旧式化したミランドラゴンなどの第二世代対戦車ミサイルを置き換えた。

発射はソフトローンチ式で、爆発の力ではなく圧縮ガスによって射出され、ロケットモーターに点火する。これによりバックブラストを軽減しており、より狭い場所からでも発射可能で市街戦に有利な特徴となっている。

構成要素[編集]

スパイクは主に二つのサブシステムから構成される。すなわち「三脚付き発射台と射撃管制システム」および「ミサイル本体」である。全体での重量は長射程型のMR/LRの場合は26kg。重量削減はサーマルサイトを撤廃することで実現する。

このミサイルは歩兵が三脚付き発射台を用いるか、あるいは装甲車にマウントされた発射器から用いられる。さらに、フランスSAGEM Sperwer英語版UAVへの装備が試みられている。また、スペイン陸軍はスパイク-ERをティーガー攻撃ヘリコプターに装備させている。

販売[編集]

ヨーロッパでの販売を容易にするため、ドイツにEuroSpike GmbH社が設立された。この会社の持株比率はDiehl BGT Defenceen)社40%、ラインメタル社40%、ERCAS B.V社(Rafaelが100%の株を所有する子会社)が20%である。所在地はバイエルン州Röthenbach

派生型[編集]

スパイク-SR
短射程型。射程200-800mで歩兵が使用する。
スパイク-MR
中射程型。射程200-2,500mで歩兵か特殊部隊が使用。ミサイル重量が13.5kg、キャニスター重量13kg。射撃管制装置、バッテリー、サーマルサイトは他のスパイク派生型でも用いることが可能。それぞれ重量5kg、1kg、2.8kg、4kg。
スパイク-LR
長射程型。最大射程は4,000m。歩兵か軽装甲車両が使用する。通信用の光ファイバーケーブルが追加されている。装甲貫徹能力はRHA換算で700mm。
スパイク-ER
超長射程型。かつてはNT-DandyあるいはNT-Dとして知られていた。最大射程は8,000m。直径や重量も大幅に増加しており、通常は車両などに搭載して使用する。歩兵、装甲車、ヘリコプターが使用。フィンランド沿岸防備旅団では対舟艇ミサイルとしても使用されている。ミサイル重量は34kg。発射器重量は車載型が30kg、空中発射型が55kg。装甲貫徹能力はRHA換算で1,000mm。
スパイク NLOS
超々長射程型。最大射程は25kmだといわれている。重量はさらに増加して70kg。
諸元表
-SR型 -MR型 -LR型 -ER型 -NLOS型
直径 n/a 130mm 170mm n/a
全長 1,200mm 1,670mm
弾体重量 9kg 13kg 13kg 34kg 71kg
最小射程 50m 200m 400m n/a
最大射程 800m 2,500m 4,000m 8,000m 25,000m

採用国[編集]

チリの旗 チリ
2,600発。
コロンビアの旗 コロンビア
クロアチアの旗 クロアチア
32-64機のスパイク-ER発射機をAMV装輪装甲車用に購入。
フィンランドの旗 フィンランド
MR発射機100機と追加で70機以上。ERを対上陸用舟艇用に18機購入。
ドイツの旗 ドイツ
LR発射機をプーマ装甲歩兵戦闘車用に331機購入[1]
イスラエルの旗 イスラエル
MRとLR、およびER。
イタリアの旗 イタリア
イタリア陸軍歩兵用に65機、ダルド歩兵戦闘車にLRを20機、Freccia IFVに38機、野外訓練システムを37、屋内型を26。イタリア海軍が歩兵に6発。野外・屋内訓練システムをそれぞれ2つ。SR, MR, LR, ERをあわせて1,000発以上のスパイクを購入した。初期調達価格は1億2,000万ユーロ
オランダの旗 オランダ
MR発射機を227機。
ペルーの旗 ペルー
LR発射機を24とミサイル224発を2009年に注文[2][3]
ポーランドの旗 ポーランド
KTO Rosomak装甲車用にLR発射機を購入(ミサイル2,675発)。
ルーマニアの旗 ルーマニア
IAR 330 SOCAT攻撃ヘリコプター用にER発射機と(MLI-84M歩兵戦闘車用にLR発射機を購入。
シンガポールの旗 シンガポール
スロベニアの旗 スロベニア
MRとLRをいくつかAMV装輪装甲車用に購入。
スペインの旗 スペイン
LR発射機を236機(追加で100以上)、ミサイル2,360発をスペイン陸軍に、LR発射機24機/ミサイル240発をスペイン海兵隊に購入。
トルコの旗 トルコ
LR発射機をコブラ軽装甲車用に購入。
韓国の旗 韓国
延坪島砲撃事件の後に配備[4]
インドの旗 インド

発射機を300機、ミサイル8,000発を購入予定[5]

類似のシステム[編集]

外部リンク[編集]

参考[編集]