ミラン (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミラン(データはミラン 3)
MILAN ER.jpg
ミランERとランチャー
種類 対戦車ミサイル
製造国 フランスドイツ
設計 フランス、ドイツ協同開発
製造 フランス、ドイツ、イギリスインドスペイン
性能諸元
ミサイル直径 125mm
ミサイル全長 1,200mm
ミサイル重量 7.1kg
射程 400-2,000m
誘導方式 半自動有線指令
飛翔速度 200m/秒
テンプレートを表示

ミラン: Milan)は、第2世代の対戦車ミサイルである。1962年に開発が始められ、1971年に完成、1972年からの採用である。誘導は半自動有線指令方式で、発射機を目標に照準することで誘導される。MIRA赤外線照準装置により、夜間での射撃も可能である。歩兵が運用するほか、車載型もある。フランスドイツの協同開発だが、ライセンス生産イギリスブリティッシュ・エアロスペースのほかスペインインドでも行われている。名称の「Milan」は歩兵用軽対戦車ミサイルを意味するフランス語missile d´infanterie léger antichar」に由来する。

派生[編集]

ミラン
成形炸薬弾頭1972年
ミラン 2
成形炸薬弾頭(1984年
ミラン 2T
タンデム成形炸薬弾頭1993年
ミラン 3
タンデム成形炸薬弾頭
ミラン ER
射程を延伸

採用した国と地域[編集]

FGM-148ジャベリンへ更新中。
スパイクMRへ更新予定。
FGM-148ジャベリンへ更新予定。
スパイクLRへ更新中。
第四次中東戦争レバノン戦争で使用。
スパイクへ更新中。
スパイクLRへ更新中。
FGM-148ジャベリンへ更新中。

ヒズボラが、2006年イスラエル・レバノン紛争イスラエル戦車を攻撃している。シリアまたはイランから供給されたものだと考えられている。

外部リンク[編集]