爆発反応装甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
代表的な爆発反応装甲「コンタークト1」を装着したグルジア軍T-72
Image Explosive Reactive Armor.png

爆発反応装甲(ばくはつはんのうそうこう、: Explosive Reactive Armour , ERA)は、反応装甲(Reactive Armour)の一種である。戦車などの補助装甲として使用される装甲板で、2枚の鋼板の間に爆発性の物質を挟んだ構造をしており、簡単に言えば、装甲が内部から爆発する力によって、攻撃をはじき飛ばすことで防御するものである。そのため、この装甲を備えた戦車の周囲に立っている味方の兵士を死傷させるなど、問題点が指摘されている。

概要[編集]

金属製の箱の底に薄いシート状の爆薬が設置された構造になっており、被弾時に砲弾成形炸薬弾がもたらす圧力に反応して、爆薬が起爆して表面側の金属板を高速で吹き飛ばし、側面から弾頭に衝突することでメタルジェットの形成を阻害し、内部への浸透を妨ぐ。この構造上、戦車傾斜装甲などに対して30°程度の角度で着弾した際にもっとも効果を発揮し、垂直に当たった場合にはほぼ効果を得られない。

爆発反応装甲のコンセプトを考案したのはドイツ人研究者マンフレート・ヘルト博士で、ドイツにおいて1970年に特許を取得した。最初に実用化したのはイスラエルであった。1973年第四次中東戦争にて、エジプト軍の使用したソ連対戦車ミサイルにより甚大な被害を受けたイスラエル機甲部隊は、その後開発の始まった国産戦車メルカバにスペースドアーマーなどの対策を盛り込むと共に、マガフショットなど既に運用中の戦車における対策として「ブレーザー」と呼ばれる爆発反応装甲モジュールの開発を進めた。爆発反応装甲の理論や実験での効果は既に示されていたものの、実用化には様々な条件(小口径弾の命中や隣接したモジュールの作動で誘爆しない事、軽量安価である事など)が必要とされ開発は難航した。ようやく1982年レバノンへの軍事行動(ガリラヤの平和作戦)において実戦使用され、シリア軍PLOの対戦車ミサイルやRPG-7に対する有効性が実証された。その後シリアを通じて捕獲サンプルを入手したソ連や技術提供を受けたアメリカ合衆国でも同様の物が実用化された。

爆発反応装甲はその構造上、成形炸薬弾を2つ取り付けたタンデム弾頭のものやAPFSDSに対しては効果を期待できないとされているが、ロシア連邦の「コンタークト5」やウクライナの「ニージュ」など新世代のものは、1層目を感度の低いHEAT用、2層目を感度の高いAPFSDS用とすることでこれを解決している。

爆発反応装甲はその構造上、作動時には大量の金属破片を周囲に撒き散らし、随伴する味方歩兵を殺傷するという非常に好ましくない特性を持ち、また、守るべき車両の装甲にも強いプレッシャーを与える(これらは事実と異なるという解説もある)。現代では旧東側諸国の装備するT-55T-64T-72T-80T-90などに多く装備され、他にもアメリカ合衆国M48/M60パットン系列、フランスAMX-30といった、戦後第2世代戦車の近代改修用として追加されている。一方で本家イスラエルでは、ガリラヤ平和作戦以降はAPFSDSなどの運動エネルギー弾にも有効なスペースドアーマーや複合装甲に主眼が移っており、あまり使用されなくなっている。

主な爆発反応装甲[編集]

M60A1に「ブレーザー」を装着したイスラエル国防軍マガフ6
「エラヴァ1」を装着したポーランド軍PT-91トファルドィ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]