エルサレム・ポスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Jerusalem Post
種別 日刊紙
判型 ブロードシート
所有者 Mirkaei Tikshoret
設立 1932年12月1日
政治的傾向 中道右派[1]
言語 英語とフランス語
本社所在地 エルサレム
発行数 15,000
(Weekends: 40,000) (International: 40,000)[2]
ISSN 0021-597X
公式サイト www.jpost.com

エルサレム・ポストThe Jerusalem Post、ザ・ジェルーサルム・ポスト)は、エルサレムをその本拠地とするイスラエル日刊英字新聞である。

1932年パレスチナ・ポストThe Palestine Post、ザ・パレスタイン・ポスト)として創刊され、1950年をもって現在の紙名に変更。いつしかイスラエル最大の規模を有する英字新聞に成長し、フランス語版を週刊で発行するようにもなった。[3]。そして、イスラエルが1948年に建国した際に、同紙は一面トップで「イスラエル国誕生(STATE OF ISRAEL IS BORN)」と大々的に報道した。なお、その記事は国立国会図書館でも入手可能である。

伝統的に外国のニュースやイスラエル-アラブ関係のニュースに重点を置いてきた。[3] かつては左傾気味の新聞であると見做されていたが、1980年代の後半頃より目立って右傾し始めたことが指摘されている。[4]

また、同紙は「ザ・ジェルサレム・レポート(The Jerusalem Report)」というイスラエルユダヤ中東関連の英字の週刊誌も発行している。

資料[編集]