ジェリコ941

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェリコ941
Jericho 941F.jpg
ジェリコ941F
概要
種類 軍用・警察用自動拳銃
製造国 イスラエルの旗 イスラエル
設計・製造 イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ
性能
口径 9.00mm(9mmパラベラム弾)、10.16mm(.40S&W弾)、10.41mm(.41AE弾)、
銃身長 112mm(フルサイズ)
90mm(コンパクト)
ライフリング 6条・右回り
使用弾薬 9mmパラベラム弾, .40S&W弾, .41AE弾, .45ACP弾(一部モデル)
装弾数 16+1(フルサイズ)
13+1(コンパクト)
作動方式

シングル/ダブルアクション

ショートリコイル
全長 207mm(フルサイズ)
184mm(コンパクト)
重量 1092g(フルサイズ スチール)
890g(フルサイズ ポリマー)
有効射程 50m

ジェリコ941(Jericho 941)は、イスラエルの兵器製造コンツェルンであるイスラエル・ミリタリー・インダストリーズ社(IMI社:現イスラエル・ウェポン・インダストリーズ社(IWI社))によって開発された自動拳銃。1990年より登場した。通称「ベビーイーグル」。

特徴[編集]

イタリアのタンフェリオ社がチェコのCz75を元に開発したTA90の技術提供によって開発された。Cz75と比べて、スライドマウントセーフティー/デコックを搭載したモデルの存在、独特の台形のスライドによりCz75の弱点である剛性不足を解決、メンテナンスも容易といった特徴を持つ。

マズルフェイスからスライド前半の台形形状、グリップのテクスチャー、ハンマー形状、グリップフレームのテイル部分形状などに、北米の民間市場を意識して成功作であるデザートイーグルシリーズのラインを取り入れている。

さらに、同じスライドとフレームながら銃身(バレル)や弾倉(マガジン)を交換することで9mmパラベラム弾だけでなく.41Action Express弾(以下.41AE弾)や.40S&W弾、バリエーションのジェリコ945では.45ACP弾も使用可能。販売当初は.41AE弾と9mm弾の交換キットがセットで販売されていた。しかし、.40S&W弾が急速にシェアを伸ばしたことから同等の性能を持つ.41AE弾は市場から駆逐され衰退していき、ジェリコ941発売よりわずか一年程で.41AE弾の交換キットは生産終了している。後に9mm弾と.40S&W弾の交換キットモデルが販売される事となった。

初期はスチール製モデルのみであったが、後にポリマーフレーム製もラインナップされている。また、各種オプションを装着できるよう、マウントレールを備えたモデルも用意されている。

名前の由来[編集]

ジェリコという名はパレスチナの都市の名前に由来(エリコ参照)。941という数字は9mmパラベラム弾と.41AE弾が撃てるということから来ている。

最も一般的な通称「ベビーイーグル」は、先に名前の売れた同社の自動拳銃デザートイーグルにあやかり、アメリカの輸入元のマグナムリサーチ社が命名し、販売したことによる。同様の理由から「ベビーデザートイーグル」、さらにはそのままの「デザートイーグル」という名で販売された物もある。また以前Mossberg社がアメリカで販売していた時は、IMI社のヒット商品であるサブマシンガンウージーにあやかり、「ウージーイーグル」という名で販売されていた。これらのマーケティングによる理由から特にアメリカ国内では様々な名前で呼ばれている。

ラインナップ[編集]

以下の違いでそれぞれ12モデルがラインナップされている。

  • セーフティーの方式(F:コックアンドロック, R:デコッキング)
  • サイズ(フルサイズ, S:セミコンパクト, B:コンパクト)
  • 素材(スチール, L:ポリマー)

上記の特有のアルファベットによって型番が構成される。例えば、コックアンドロック、フルサイズ、スチールならば「Jericho 941 F」となり、デコッキング、コンパクト、ポリマーならば「Jericho 941 RBL」という型番になる。

装弾数はフルサイズ、セミコンパクトともに9mmパラベラム弾が16発、.40S&W弾が12発。コンパクトが同13発と10発。セミコンパクトでかつスチールのモデル(FSとRS)のみ.45ACP弾が使用可能で、装弾数は10発となっている。

2009年からIWI社の方針転換により、ジェリコの後継として開発・販売されていたバラク(アメリカ販売名SP-21)が統合され、新たにシリーズの仲間入りを果たし「ジェリコB」として販売される事となった。Bはバラクの頭文字で、前述のB:コンパクト・モデルとは名称だけでなく銃自体が新規設計された全くの別物である。詳細なスペックについてはIMI バラクSP-21の項目を参照。

海外製のジェリコ[編集]

  • クジール M92 - ルーマニア製。スライドに安全装置を移した。
  • md.2000 - ルーマニア製。スライドに安全装置を移した。

ジェリコ941が登場する作品[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

トニー・アルメイダがシーズン1で使用。
ティム・スピードルがシーズン1~シーズン3 第1話で使用。
アンジェリーナ・ジョリー演じるフォックスがカーチェイスでの銃撃戦で使用。
トーマス・ガブリエルがシルバーモデルを使用。
傭兵のリーダー、マーカス・ペンがフレームシルバーモデルを所持。
ミャンマー陸軍のパ・ティー・ティント大佐がジェリコ941FBを所持しているが、劇中での使用は終盤の戦闘で安全圏へ退避を図ったNGOメンバーを背後から撃って射殺した時のみ。
ガル・ガドット演じるジゼルが所持。発砲するシーンはない。

漫画・アニメ[編集]

デビッド古谷が使用。
主人公のスパイク・スピーゲルがレーザーグリップカスタムを使用。
バトーが使用。

小説[編集]

ゲーム[編集]

コンパクト45の名称で登場。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]