ハンバーガー・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンバーガー・ヒル
Hamburger Hill
監督 ジョン・アーヴィン
脚本 ジェームズ・カラバトソス
製作 マーシャ・ナサティア
ジェームズ・カラバトソス
製作総指揮 ジェリー・オフセイ
出演者 アンソニー・バリル
マイケル・ボートマン
ドン・チードル
マイケル・ドラン
ドン・ジェームズ
ディラン・マクダーモット
スティーヴン・ウェバー
音楽 フィリップ・グラス
撮影 ピーター・マクドナルド
編集 ピーター・タナー
製作会社 RKO
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年8月28日
日本の旗 1987年9月12日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$13,839,404 [1]
テンプレートを表示

ハンバーガー・ヒル』(原題:Hamburger Hill)は、1987年制作のアメリカ合衆国の映画

1969年南ベトナムアシャウ渓谷にある丘、ドン・アプ・ビア=通称“937高地”でアメリカ軍第101空挺師団北ベトナム軍との間で繰り広げられた攻防戦「アパッチ・スノー作戦」を描いた作品であり、ベトナム戦争の悲惨さを戦場に送られたばかりの若い新兵を中心に描いている。

タイトルの由来は、兵士たちが次々と“ミンチ”にされていく程の悲惨な戦況から、“この丘は俺たちをハンバーガーにしようとしている!!”と叫ぶ1人の兵士のセリフから。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヴィンセント・”アルファベット”・ラングイリ アンソニー・バリル 堀内賢雄
レイ・モータウン マイケル・ボートマン 吉村よう
ジョニー・ウォッシュバーン ドン・チードル 島香裕
ハリー・マーフィー マイケル・ドラン 江原正士
エリオット・”マック”・マクダニエル ドン・ジェームズ 笹岡繁蔵
アダム・フランツ ディラン・マクダーモット 安原義人
ポール・ガルヴァン マイケル・A・ニックルズ
マイケル・ダフィー ハリー・オライリー 西村知道
フランク・ゲイガン ダニエル・オーシェア
ジョー・ベレツキー ティム・クイル 大塚芳忠
マーティン・ビーンストック トミー・スワードロウ 土師孝也
エイブラハム・”ドク”・ジョンソン コートニー・B・ヴァンス 谷口節
デニス・ウースター スティーヴン・ウェバー 若本規夫
テリー・イーデン ティーガン・ウェスト 小室正幸
  • 日本語吹替:1989年4月18日、TBS「火曜ビッグシアター」版※コレクターズ・エディションDVDに収録
その他:伊藤博成田剣小島敏彦土井美加
プロデューサー:上田正人、演出:松川陸、翻訳:宇津木道子、制作:ザック・プロモーション/TBS

スタッフ[編集]

製作の経緯[編集]

ジェームズ・カラバトソスは第一騎兵師団の一員としてベトナム戦争に参加していた。帰国後、彼は帰還兵についての物語を書き、1977年の映画幸福の旅路』の脚本を書き上げた。

その後、カラバトソスはマーシャ・ナサティアに本当に書きたい物語について話し、『ハンバーガー・ヒル』の脚本を渡した。ナサティアは脚本を3年間撮影所などに売り込み、RKOが製作費を出してくれることになった。監督はドキュメンタリー作家としてベトナムに行ったことがあるジョン・アーヴィンが選ばれた[2]

スタッフなどがロンドン、衣裳や小道具などはロサンゼルスで調達され、ロケ地には革命後のフィリピンが決まった[2]

俳優の選考は約2ヶ月かけてオーディションで行われ、1千人の中から14人が選ばれた。14人はフィリピンのアメリカ海軍基地でベトナムに3度出征したアルバート・ニール曹長によって特訓され、衛生兵エイブラハム・”ドク”・ジョンソン役のコートニー・B・ヴァンステキサス州フォートサムヒューストンにある医学アカデミーで医学知識を習得した[2]

また、リアリズムを出すため、戦争体験者のジョセフ・コンミー元陸軍大佐らを軍事コンサルタントとして迎えた[2]

脚注[編集]

  1. ^ Box Office Mojo
  2. ^ a b c d 公開当時のパンフレットより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]