スティーヴン・ウェバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーヴン・ウェバー
Steven Weber
スティーヴン・ウェバーSteven Weber
本名 Steven Robert Weber
生年月日 1961年3月4日(53歳)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 フィン・カーター(1985年 - 1994年)
ジュリエット・ホーネン(1995年 - )

スティーヴン・ウェバー(Steven Weber, 1961年3月4日 - )は、米国俳優である。

デビュー前[編集]

ニューヨーク市クイーンズのジャマイカ地区で生まれた。母はナイトクラブの歌手で、父はボルシチ・ベルトのコメディアンのマネージャーだった。マンハッタン・スクール・オブ・パフォーミング・アートとニューヨーク州立大学パーチェス校を卒業した。

デビュー後[編集]

3回生のときからテレビ・コマーシャルに出演し始めた。大学を卒業後、ミラー・レパートリー・カンパニーのメンバーとなり、いくつかの作品で伝説的女優ジェラルディン・ペイジと共演した。その後、1985年から1986年までCBSの昼のドラマ『世界が回るときに』に出演、ジュリアン・ムーアの短気で不運なボーイフレンドのを演じた。いくつかの映画テレビの連続ドラマ、例えば、『フラミンゴキッド』、『ハンバーガー・ヒル』、評価の高い『若き日のJFK』に出演した。コメディもドラマもこなし、ナイスガイでも悪役でも等しく才能を発揮する俳優である。

最も有名な役は、テレビの連続コメディ・ドラマ『ウイングス』でのブライアン・ハケット、女好きのパイロットでジョー・ハケット (ティモシー・デイリーが演じた)の兄弟である。この役はスティーヴン・キングの『シャイニング』テレビ連続ドラマ版において絶賛された、アルコール使用障害の父親ジャック・トーレンスの演技とは対照的である。数年後、短命に終わった自身の30分のコメディ番組『カースト』に主演。また、悩める芸術家サム・ブルーとしてABCの『ワンス・アンド・アゲイン』のキャストに加わり、翌年、再びABCで、評判の良かった『地方検事』に主演した。初めてブロードウェイに出演したのは、トム・ストッパードの『リアル・シング』で、2001年から2002年においてはミュージカル版『プロデューサーズ』で、レオ・ブルーム役をマシュー・ブロデリックから引き継いだ。2005年にはケヴィン・スペイシーのオールド・ヴィック・プロダクションと共にロンドンで舞台『国歌』に出演した。また、2003年の映画『クラブ・ランド』の脚本とプロデュースを手がけた。これはショータイムで放映され、ウェバーとアラン・アルダが、1950年代のニューヨーク市を舞台にタレントエージェントを営む父と子を演じた(アルダはこれによりエミー賞にノミネートされた)。最近、他のスティーヴン・キング原作の連続テレビドラマ『悪夢と夢のような情景』の中の「いかしたバンドのいる街で」に出演した。

近年はテレビシリーズ『名探偵モンク』にゲスト出演して、元『ウイングス』の助演俳優トニー・シャルーブと再び共演した。

現在は『ウイングス』のクリエーター、アーロン・ソーキンによる新テレビ番組『サンセット・ストリップの60番スタジオ』で、スター勢ぞろいのアンサンブル・キャストの一人として出演中である。ウェバーはネットワークのボス、ジャック・ルドルフを演じている。

私生活[編集]

最初の妻(その後離婚)、フィン・カーターに出会ったのは、彼女がシエラ・エステバン・モンゴメリーを演じている『世界が回るときに』のセットだった。1995年7月9日、彼は二番目の妻、インテリア・デコレーターでMTVの元ロサンゼルス局長、ジュリエット・ホーネンと結婚した。ウェバーとホーネンには、ジャック・アレキサンダー・ホーネン=ウェバー(2001年1月5日 - )とアルフィー・ジェイムズ(2003年2月25日 - )という2人の息子がいる。

外部リンク[編集]