ティモシー・デイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Timothy Daly
ティモシー・デイリー
ティモシー・デイリー
本名 ジェイムズ・ティモシー・デイリー
(James Timothy Daly)
別名 ティム・デイリー
(Tim Daly)
生年月日 1956年3月1日(58歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
民族 アイルランド系アメリカ人
職業 俳優声優
家族 ジェームズ・デイリー(父)
タイン・デイリー(姉)

ティモシー・デイリー(Timothy Daly、1956年3月1日 - )は、アメリカ合衆国俳優声優プロデューサー

経歴[編集]

デビュー以前[編集]

ニューヨーク市生まれ。俳優ジェームズ・デイリーの息子で、女優タイン・デイリーの10歳年下の弟。バーモント州ベニントン・カレッジ在学中にプロとなった。カレッジでは演劇と文学を学び、サマー・ストック(夏の間だけ上演される劇場)に出演した。

デビュー以降[編集]

初主演は、バリー・レヴィンソン監督の映画『ダイナー』。この映画は、ケヴィン・ベーコン等、今日最も尊敬を集めている俳優達のキャリアのスタートともなっている。その後すぐに続いてアラン・ルドルフの主要作品『メイド・イン・ヘブン』、アメリカン・プレイハウスの『ザ・ライズ&ライズ・オブ・ダニエル・ロケット』、CBSのドラマシリーズ『オールモスト・グロウン』で主役を務めた。

また、ブロードウェイでは、ティナ・ハウ脚本の『コースタル・ディスターバンス』、マンハッタン・シアター・クラブでの『オリバー、オリバー』、 ビル・C・デイヴィスの『マス・アピール』、トリニティ・スクエア・レパートリーでのウイリアム・インジの『バス・ストップ』などの舞台に出演。他にもサンタフェ・フェスティバル・シアターでテネシー・ウィリアムズの『ガラスの動物園』、ウイリアムズタウン・プレイハウスで『心の中のナイフ』と『緋色の研究』、バークシャー・シアター・フェスティバルで『パリ行き』などで主役を務めた。

テレビではNBCの長寿シチュエーションコメディ『ウイングス』のくそまじめなパイロット、ジョー・ハケットの役で有名である。その役はケヴィン・コンロイに勝って得た。『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』にはクリストファー・モルティサンティの旧友で、ギャンブルドラッグの問題と戦う売れない脚本家のJ・T・ドラン役で何度か出演。

最近では『軍事法廷/駆逐艦ケイン号の叛乱』のブロードウェイのリバイバルで、デヴィッド・シュワイマージェリコ・イヴァネクと共演した。ABCの連続犯罪ドラマ『アイズ』にも出演したが、好評にもかかわらず、わずか5話で打ち切りとなった。

また、アニメ版『スーパーマン』でのスーパーマンの声優としても知られる。偶然だが、デイリーもコンロイもいくつかのクロスオーバーするエピソードで互いに同じ役を演じたこともある。デイリーは、『ジャスティス・リーグ』のスーパーマンを演じることはできなかった(その役は俳優ジョージ・ニューバーンが演じることになった)。1960年代の有名なテレビドラマのリメイク『逃亡者』に主演する契約を既に結んでいたためである。このリメイクはわずか1シーズン(2000年-2001年)しか放送されなかった。2002年のビデオゲーム『スーパーマン:アポコリプスの影』と2006年にOVAとして発売された『スーパーマン:ブレイニアックの襲撃』で、スーパーマンの役をもう一度演じた。

2006年現在、ABCの新しいドラマ 『ザ・ナイン』にニック・キャバノー(Nick Cavanaugh)役で出演中。

私生活[編集]

2009年、タイン・デイリーと

デイリーと妻である女優エイミー・ヴァン・ノストランドには2人の子供がいる。夫妻はコースト・プレイハウス社制作、ヴィンセント・J・カーディナル原作の『コロラド・カテキズム』でドラマローグ最優秀女優賞、最優秀男優賞をロサンゼルスで受賞した。

外部リンク[編集]