フルメタル・ジャケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フルメタル・ジャケット
Full Metal Jacket
監督 スタンリー・キューブリック
脚本 スタンリー・キューブリック
マイケル・ハー
グスタフ・ハスフォード
原作 グスタフ・ハスフォード
製作 スタンリー・キューブリック
製作総指揮 ヤン・ハーラン
出演者 マシュー・モディーン
ヴィンセント・ドノフリオ
R・リー・アーメイ
音楽 アビゲール・ミード
撮影 ダグラス・ミルサム
編集 マーティン・ハンター
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年6月26日
日本の旗 1988年3月19日
上映時間 116分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $46,357,676[1]
テンプレートを表示

フルメタル・ジャケット』(Full Metal Jacket)は1987年アメリカ映画で、ベトナム戦争を題材にした戦争映画。監督はスタンリー・キューブリック

原作はグスタフ・ハスフォードの小説『ショート・タイマーズ英語版』(用語の意義としては「短期現役兵」)。邦訳『被覆鋼弾』(意味は弾体の鉛を銅などで覆った弾のことである。詳しくは弾丸の記事を参照のこと)。日本での公開は1988年3月。


あらすじ[編集]

明確に二部に分かれた構成。前半では海兵隊訓練所で新兵が受ける過酷な訓練、後半では彼らのベトナムでの行動が描かれる。

ベトナム戦争時、アメリカ海兵隊志願した青年たちは、サウスカロライナ州パリス・アイランドの海兵隊訓練キャンプで厳しい教練を受ける。キャンプの鬼教官・ハートマン軍曹の指導のもとで行われる訓練は、徹底的な叱責と罵倒、殴る蹴るの体罰が加えられ続けるという、心身ともに過酷を極めるものだった。さらに連帯責任による懲罰、訓練生の間で行われるいじめなど閉鎖的な空間で受ける社会的ストレスが次々と描かれていく。落ちこぼれだった訓練生レナード(ほほえみデブ)はこれにより精神に変調をきたし、卒業前夜にハートマンを射殺し自らの命を絶つ。

厳しい訓練を耐え抜き一人前の海兵隊員となった彼らは、ベトナムへ送られる。テト攻勢の第一撃を受けた後、前線での取材を命じられた報道部員のジョーカーは、訓練所での同期であったカウボーイと再会し、彼の部隊に同行することとなる。ある日カウボーイたちは、情報部から敵の後退を知らされ、その確認のためにフエ市街に先遣される。しかし交戦地帯で指揮官をブービートラップで失った上に敵の狙撃を受け、部隊は混乱する。

登場人物とキャスト[編集]

()内は愛称。本名で呼ばれることはほとんどない。また、原田眞人演出による吹き替え版も下記の声優陣で制作されていたがお蔵入りとなっている。

ジェイムズ・T・デイヴィス(ジョーカー)
演 - マシュー・モディーン(吹き替え - 利重剛
本作の主人公で、海兵隊員。皮肉屋で、その言動から「ジョーカー(おふざけ野郎)」と命名された。ハートマンにも皮肉を言える度胸を買われ、訓練途中から班長に抜擢、ローレンスの補助を命じられる。高校時代広報部だったため、歩兵訓練後は『スターズ・アンド・ストライプス』(米軍の準機関紙)の報道員となる(その際に軍曹に昇進)。原作では高校で演劇部の経験も積んでいて、声帯模写が特技。いつも胸にはピースマークのバッジを付け、ヘルメットカバーには「Born To Kill」と書いている。前線でこれを見咎めて問いただす海兵隊大佐は、ジョーカーの「ユングのいう、人間の二面性のようなものを表そうと思ったのです」という説明が、全く理解できない。
レナード・ローレンス(ほほえみデブ。英語では「ゴーマー・パイル」)
演 - ヴィンセント・ドノフリオ(吹き替え - 村田雄浩
渾名の由来は軍隊ドラマ『マイペース二等兵』の間抜けな主人公より。海兵隊に志願したはいいが、靴紐を結べないなど基本的な生活能力に欠ける面があり、訓練所では当初は失敗を繰り返して、その度にハートマンから厳しい指導を受ける。これを繰り返すうちに、連帯責任として本人を除く全員が罰を受けるようになり、それを恨んだ隊員たちからリンチ(blanket party)を受ける。その後射撃の才能を開花させ入隊時とは別人のように成長していくが、精神に変調をきたし、M14自動小銃に話しかけるなどの奇行が目立ち隊員達から気味悪がられる。原作では最優秀訓練生として、卒業パレードで礼装「ブルードレス」を着る栄誉を得た。訓練所を離れる前夜、営舎トイレにて、武器庫より持ち出したM14自動小銃でハートマンを射殺、自身も銃口を口にくわえて引き金を引き自殺する。
ハートマン
演 - R・リー・アーメイ(吹き替え - 斎藤晴彦
海兵隊の訓練教官で階級は一等軍曹。厳しい教練で知られ、訓練生たちを容赦なく汚い言葉で罵る。原作小説ではガーハイム砲兵軍曹という名で[2]硫黄島での戦歴があるなど、映画とは設定が若干違う。訓練所卒業前夜、M14を持ち出したレナードを諭すが腹部を撃たれて死亡する。
エヴァンズ(カウボーイ)
演 - アーリス・ハワード(吹き替え - 塩屋俊
海兵隊員。訓練所ではジョーカーと同じ班。テキサス出身で、ヘルメットには南部旗のステッカーを貼っている。H中隊第1小隊所属の下士官で、先遣隊隊長のクレイジー・アールがトラップによって戦死したとき、臨時に指揮を執る。戦車を呼ぶ際に、建物に開いていた穴から狙撃され、止血の甲斐なく死亡する。原作では、第3部のジャングル戦で非業の死を遂げる。
アニマルマザー
演 - アダム・ボールドウィン(吹き替え - 岸谷五朗
カウボーイの分隊に所属するM60機関銃手。カウボーイの後退命令を拒否して、撃たれた仲間の救出を試みる。本名は不明。原作では民間人や、気に入らない上官を殺すことすらいとわない凶暴な面が強調されている。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

撮影[編集]

アメリカとベトナムが舞台だが、イギリスで撮影された。そして原作の後半が省略されたこともあり、ベトナム戦争を扱った映画には珍しくジャングルでの戦闘がなく、主に市街地戦闘が描かれている。ただし原作ではフエ宮殿地域の邸宅群が舞台となっているのに対し、映画ではコンクリート建築が並ぶ街並みにアレンジされている。

配役[編集]

当初、訓練教官役への演技指導として、海兵隊の訓練教官を務めた経験のあるリー・アーメイが呼ばれたが、その迫力が余りにも生々しく圧倒的だったため、自ら訓練教官を演じることになった。劇中の台詞の半分は猥褻で下品なものが含まれ、さらに本人ばかりか出身地や家族まで徹底的にこき下ろしてしまう彼の罵詈雑言に出演者が怒りだすこともあったという。映画前半の訓練キャンプの描写は非常に有名だが、原作小説では全体の1/5程度を占める部分にすぎず、配給会社が用意した映画の予告編にも登場しない。
ハートマン役の予定だったティム・コルセリは、降板させられたことが非常に不満だったという。代わりに演じた輸送ヘリのドア・ガンナー役では、ヘリから眼下のベトナム農民を片っ端から撃ち殺し「逃げる奴は皆ベトコンだ、逃げない奴はよく訓練されたベトコンだ」と言い、さらにジョーカーの「よく女子供が殺せるな」という質問に対しては「簡単さ、動きがのろいからな」と答え、「ホント、戦争は地獄だぜ!」と言い放つという、数分の登場ながら狂気に満ちた演技を見せた。

日本語訳[編集]

他のキューブリック作品にも顕著なことだが、キューブリック自身が再翻訳をチェックするプロセスを採っているため、直訳のままでは外国人にわかりづらい言い回しの冗談がたびたび見られる(「あっちはジョン・ウェイン? こっちは僕?(「ジョン・ウェイン気取りか、ふざけんなよ」というニュアンス)」など)。当初本作の字幕翻訳は戸田奈津子が担当したが、台詞を柔らかめの表現で翻訳したため、再英訳を読んだキューブリックは汚さが出ていないとして拒否。急遽、当時ハリウッド在住だった原田眞人がキューブリックと直接連絡を取りつつ翻訳した。例えば「BORN TO KILL」を直訳の「殺すために生まれてきた」ではなく「生来必殺」としたり、海兵隊の掛け声である「ガンホー」を「闘魂」と翻訳している。原田は戦時下のベトナムが舞台でスラングが飛び交う映画『グッドモーニング・ベトナム』でも字幕翻訳を担当した他、『時計じかけのオレンジ』ビデオ用字幕の新訳も手がけることになった。

小道具[編集]

M16アサルトライフルが数多く登場するが、発砲する必要がない場面では日本製のモデルガンが使われている。メーカーはMGC。金属製のモデルガンで質感は実銃に似ているものの、細部の形状が実銃とやや異なる。また作中後半で登場するチェコ製のVz 58アサルトライフルは、AK-47の代役というわけではなく、実際に当時のベトナムで使われていた。

パロディ[編集]

訓練中に歌っている歌は「ミリタリーケイデンス」といい、日本では、1988年夏期放映のウォー・シミュレーションゲームファミコンウォーズ』のテレビコマーシャルの中で、パロディ化されて歌われた。

日本語吹替版の有無[編集]

原田眞人による日本語吹替版が制作されたが、放映もしくはソフト化はされずにお蔵入りとなっている。

劇中で使われている音楽[編集]

評価[編集]

1957年の『突撃』と並び「反戦映画」と称される事があるが、キューブリック監督自身には本作と『突撃』いずれにも「反戦映画」という意識はなく、本作の脚本家マイケル・ハーはキューブリックから「戦争そのものを映画にしたい」という企画意図と『突撃』が「反戦映画」と見なされていることに対する落胆を聞いている[3]

原作[編集]

  • グスタフ・ハスフォード/高見浩訳『フルメタル・ジャケット』角川書店〈角川文庫〉、1986年3月発売(絶版)。
    • 映画との違いは、前述した様にハートマンの名前がガーハイムとなっている他、映画化されている市街地戦闘(映画の後半部分)の後に、ケサンのジャングルを舞台にしたパトロールが挿入された全三部構成となっている点が挙げられる。作中の三部構成は、海兵隊訓練キャンプの部は「銃剣の魂」、フエでの市街地戦闘は「殺害戦果」、映画化されていないジャングルでの戦闘は「歩兵たち」と名称が付けられている。続編としてThe Phantom Blooperが1990年に発表されている。こちらは日本語には訳されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Full Metal Jacket (1987)” (英語). Box Office Mojo. 2011年12月21日閲覧。
  2. ^ 日本語の「一等軍曹」に相当する語は「Gunnery Sergeant」で、逐語訳すると砲兵軍曹となる
  3. ^ 2001年製作のドキュメンタリーStanley Kubrick: A Life in Picturesより

外部リンク[編集]