UH-1 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UH-1 イロコイ

23d Flying Training Squadron UH-1.jpg

UH-1英語: UH-1 Iroquois・イロコイ、愛称: Huey・ヒューイ)は、アメリカ合衆国ベル・エアクラフト社が開発したモデル 204/205/212ヘリコプターアメリカ軍における制式名称。1959年よりアメリカ陸軍で採用され、ベトナム戦争などで活躍した。現在は後継機種のシコルスキーUH-60 ブラックホークに置き換えがすすんでいるが、日本陸上自衛隊を始めとする多くの国々では現役である。

UH-1には非常に多彩なバリエーションがあるが、ベースとなったエアフレームと搭載するエンジンに応じて、下表のように整理できる。

搭載エンジン
T53-1 T53-5 T53-9 T53-11 T53-13 T53-703 T58 T400 T700
ベースモデル 204 UH-1A
204B UH-1B
UH-1E HH-1K UH-1F/P
UH-1C UH-1M
205 UH-1D UH-1H
205B UH-1J
UH-1HP
212 UH-1N
450 UH-1Y

第1世代[編集]

ベル モデル 204シリーズ[編集]

M6サブシステム
M16サブシステム
M21サブシステム

もっとも初期のUH-1は、いずれも短胴型のモデル 204シリーズに基づいていた。

米陸軍[編集]

アメリカ陸軍は、1959年6月30日よりHU-1の引き渡しを受けて、運用を開始した。当初は、軽輸送用途を主としたスリック(slick)として運用されており、最初期の配備部隊は第101空挺師団第82空挺師団および第57医療分遣隊であり、いずれも負傷者後送用途で運用されていた。また、飛行性能が優れていたことから、1962年春より、武装攻撃用途を想定したガンシップ(gunship)としての運用も検討されるようになった。

同年7月25日から沖縄で、15機のHU-1A(9月以降よりUH-1Aと改称)を有するUTTHCO(汎用戦術輸送ヘリコプター中隊)が編成され、10月9日にはベトナムへと派遣された。この中隊のUH-1は、部隊レベルでの応急艤装により、M60またはM37C 7.62m機関銃二挺とロケット弾ポッド二個をスキッド上に搭載していた。UTTHCOは1962年10月から約5ヵ月間、武装ヘリの実戦運用試験を行った。1,800時間にも及ぶ試験の結果、護衛する輸送ヘリの被弾率は50%以上減少し、その有効性を証明した。また、その運用性格上、射撃制圧時に反撃を多々受けたが、損害は1機のみであった。この試験でUTTHCOは、総じて5~7機のガンシップで20機から25機の輸送ヘリを護衛する事が可能という結論を出した。

1961年3月より、陸軍は、改良型のモデル 204BをUH-1Bとして運用しはじめた。これは、UH-1A(モデル 204)をもとに胴体を延長し、ローターブレードを53cm幅に大型化するとともに、より強力なエンジンを搭載したものであった。これにより、基本となるスリック型においては、兵員7名か担架3基、貨物であれば1,360kg(3,000lbs)を搭載できた。また、ベトナムにおいては自衛用としてドアガンも装備するようになった。もっとも広く使用されたのがいわゆるサガミ・マウントで、これはキャビン後部にM60D7.62mm機銃を各舷に1丁ずつ装備したものであった。なお、この名称の由来は不明であるが、このシステムが相模総合補給廠で製作された可能性が示唆されている。

UH-1Bではスリック型以外にガンシップ型も製作され、これは1962年11月にUTTHCOに配備された。UH-1Bガンシップの艤装はメーカーによる本格的なものであり、XM156ユニバーサル・マウントが胴体後部に装着されていた。このマウントには当初、XM6Eアーマメント・サブシステムが取り付けられていた。M6サブシステム(1963年5月に制式化)は、片舷あたり2丁のM60C機銃を油圧駆動の銃座に装備したもので、しばしばFFARロケット弾のMA-2ポッド(2発)と組み合わせて搭載された。副操縦士が射手として光学照準器により遠隔操作したが、機銃が前方正面を向いているときは、機長もロケット弾用照準器によって射撃することができた。1963年末からは、M6サブシステムにFFARロケット弾のXM157ないしXM158ポッド(7発)を組み合わせたM16サブシステムが開発され、初期のUH-1Bガンシップの標準装備となった。また、1963年には、FFARロケット弾を片舷あたり24発(横4列×縦6列の直方体型ポッド)収容したXM3サブシステムが登場した。XM3サブシステムは、一度に480ポンド (220 kg)の高性能爆薬を投射可能という強力な火力投射能力を備えたものの、機銃を省いたロケット弾一本槍の武装であったため、通常、M16サブシステム搭載機のチーム(ライト・ファイア・チーム)とXM3サブシステム搭載機のチーム(ヘビー・ファイア・チーム)を組み合わせての運用が行なわれた。XM3サブシステム搭載機はホッグと通称された。これらのユニバーサル・マウント用のアーマメント・サブシステムに加えて、1964年7月には、M75 40mm擲弾銃英語版を機首下面に装備するM5サブシステムが開発され、UH-1Bに搭載された。その後、より収容力を増強したモデル 205シリーズ(UH-1D/H)の導入に伴い、スリック任務はこちらに任せ、UH-1Bは主としてガンシップ任務に投入されるようになった。ただし、スリック型とガンシップ型が基本的に同一機体であるために、重武装を施したガンシップ型が機動性や航続性能、速力で劣り、編隊を組んでの作戦行動が困難になるという問題が発生した。

このことから、1965年9月からは、ガンシップ用途に特化した機体としてUH-1Cが配備された。UH-1CはUH-1Bの後期生産型をベースとしており、モデル 204BのエアフレームにT53-L-11エンジンを搭載しているが、ローターは68cm幅のブレードとフレキシブル・ローター・ヘッドを採用したモデル540とされている。兵装としては、基本的にはUH-1Bガンシップのものが踏襲され、機首部にはM75 40mm擲弾銃装備のM5サブシステムが、胴体後部にはXM156ユニバーサル・マウントが搭載された。ただし、ユニバーサル・マウントに搭載されるサブシステムとしては、M21サブシステムが主用された。これはM16サブシステムのM60CをM134ミニガンに換装したもので、1966年後半から導入された。また、UH-1Cガンシップにおいては、UH-1BガンシップにおけるXM3サブシステムに相当するものとして、XM159ポッドが多用された。これは空軍の19発入りポッドを導入したもので、XM3サブシステムよりも収容弾数は少ないものの、これによる軽量化と、ポッドそのものの空力設計が洗練されていたことから、機動性と航続性能への影響が低減されていた。UH-1Cは766機が生産された。

また、のちにUH-1CのエンジンをUH-1H同等にまで強化したUH-1Mが登場したが、これはUH-1ベースのガンシップの決定版となった。これ以後、UH-1の機関系を基にベルが製作した専用のガンシップとして、AH-1 コブラが運用されるようになっていく。

米海兵隊[編集]

TAT-101およびTK-2搭載のUH-1E

アメリカ海兵隊は、OH-43DおよびO-1連絡観測機の後継としてUH-1を選定、1964年2月にUH-1Eを受領して、運用を開始した。これは、UH-1Bの後期生産型をベースに、陸軍のUH-1Cで採用されたのと同様のモデル540ローターを搭載するとともに、海兵隊の運用要求に応じた小改正を加えたものである。

海兵隊では、スリック用途には専用の輸送ヘリコプターであるHUS-1 (CH-34) 、およびその後継のHRB-1(CH-46)を、近接航空支援には固定翼攻撃機を充当しており、UH-1Eは、当初は主として連絡・観測・負傷者後送用途で使用されていた。しかしまもなく、陸軍のUH-1Bをモデルに、ガンシップ用途への投入が検討されるようになっていった。

UH-1E用に開発されたアーマメント・サブシステムはTK-2(Temporary Kit-2)と称され、陸軍のM16サブシステムと同様に、片舷につきM60C機銃2丁とFFARロケット弾の7発ポッドを1基搭載するものであったが、陸軍のM16と異なり、機銃は固定式であった。また、1967年4月からは、機首下面にエマーソンTAT-101チン・ターレットが追加装備された。これはM60C2丁と弾薬500発を収容したものであった。

米空軍・海軍[編集]

1963年6月、ベル社は、アメリカ空軍向けの基地用汎用ヘリコプターとして、UH-1Fの契約を獲得した。これは、モデル 204Bを元にしているが、米空軍の運用要求に応じた小改正を加えたものである。その最大の変更点はエンジンであり、陸軍・海兵隊向けの機体がいずれもライカミング T53シリーズを搭載していたのに対し、UH-1Fでは、ゼネラル・エレクトリック社製のT58-GE-3(出力 1,250hp/932kW)が採用された。これは、空軍が既に運用していた戦闘捜索救難機であるHH-3Eと共通化するための措置であった。UH-1Fの引き渡しは1964年9月から開始され、計146機が生産されたほか、練習機型であるTH-1Fも27機が生産された。また、のちには武装攻撃に対応して、20機がUH-1P仕様に改修された。

また、アメリカ海軍も短距離救難機として、HH-1Kを採用した。これはモデル 204Bをベースに、強力なT53-L-13エンジンを搭載するとともに、電子機器を海軍仕様としたもので、1970年より引き渡しが開始され、27機が生産された。また、回転翼練習機としてTH-1Lが90機、汎用機としてUH-1Lが8機生産された。

第2世代[編集]

ベル モデル 205[編集]

UH-1D スリック
M23サブシステム搭載のUH-1D

ベル 204シリーズの運用実績はおおむね好評であったものの、モデル 204Bにおいてもなお、収容力の不足が指摘されていた。このことから、モデル 204Bをもとに、胴体を40cm延長するなどの改設計を施した発展型として、ベル社が開発したものがモデル 205であった。

これは1960年に米陸軍に対して提示され、同年7月、試作機としてYUH-1D 7機を生産する契約が締結された。モデル 205は1961年8月16日に初飛行し、1963年8月より、UH-1Dとして米陸軍での運用を開始した。UH-1Dは、UH-1B後期生産型やUH-1Cと同じく、エンジンとしてはT53-L-11を搭載しており、兵員なら12~14名、貨物なら1,800kg(4,000lbs)を搭載することができた。アメリカ陸軍は、合計で2,008機のUH-1Dを調達した。

また、ベル社はさらに、モデル 205をもとにして、エンジンを新型で強力なT53-L-13(出力 1,044kW/1,400shp)に換装したモデル 205A-1を開発しており、これはUH-1Hとして、1967年9月より生産に入った。アメリカ陸軍は合計で3,573機のUH-1Hを調達し、さらに海外向けに1,372機が生産された。また、海外でのライセンス生産も行なわれている。

UH-1Bなどのベル 204シリーズがガンシップ用途に充当されたのに対して、これらのベル 205シリーズは、主としてスリック用途に充当された。205シリーズでは、ドアガンとしてはM23サブシステムが使われることが多かった。

また、空軍向けの軍用救難ヘリとしてHH-1H1971年から1973年に30機がデリバリーされ、HH-43に代わる基地救難機として配備された。

ベル モデル 212[編集]

アメリカ海兵隊は陸軍と異なり、スリック用途にはCH-46を充当しており、UH-1は武装攻撃や連絡・観測・負傷者後送用途に使用されていたことから、ベル 205シリーズの調達は行なわなかった。

しかし、海兵隊の性格上、洋上飛行の頻度が高く、単発では冗長性の問題が指摘されたことから、双発のベル 212の採用が模索されはじめた。これは、ベル 205をベースに、ツインパックエンジンを搭載して双発化した機体であったが、カナダ軍の運用要求に応じて開発されていたためにカナダ製のエンジンを搭載していたことがアメリカ合衆国下院で問題視された。最終的に、AH-1Jと共通のT400エンジンを搭載することによって購入は認可された。294機のベル 212が発注されて1970年に引き渡しが開始され、まず空軍、ついで海軍・海兵隊に配備された[1]。アメリカ軍は、これをUH-1Nとして制式化した。

第3世代[編集]

ベル モデル 205B[編集]

アメリカ陸軍は、UH-1Hの後継としてUH-60 ブラックホークを採用したことから、UH-1のそれ以上の改良は行なわなかった。しかし世界的には、多数のUH-1が依然として運用されていたことから、メーカー側は独自に、モデル 205シリーズをベースにした発展型の開発に着手した。開発は、日本の富士重工業と共同で行なわれ、モデル 205B-2と称された。

富士重工業での生産分は、UH-1Jとして陸上自衛隊で制式化された。

イラク空軍のUH-1HP ヒューイII

一方、ベル社での生産分はUH-1HP ヒューイIIと称されている。新造機だけでなく、既存機からの改修にも対応しており、延べ2200時間で改修可能とされている。最初の発注はコロンビア空軍からのもので、8機のUH-1Hを改修した。2003年までに、ニューヨーク市警察などから82機のアップグレード改修を受注したとされている。また、2007年にはイラク治安部隊からも改修を受注した。

ベル モデル 450[編集]

UH-1Y ヴェノム

アメリカ海兵隊では、UH-1Nをもとに、エンジンをゼネラル・エレクトリック T700の双発配置とし、主ローターを4枚ブレードとするなど、AH-1Z ヴァイパーとタイアップして開発されたベル 450がUH-1Y ヴェノムとして採用された。今後、順次にUH-1Nを代替していく計画である。

日本での展開[編集]

UH-1B[編集]

UH-1B

日本では富士重工業1962年昭和37年)から陸上自衛隊向けにUH-1Bライセンス生産を行い、1972年(昭和47年)までに90機を納入した。全機退役済み。

UH-1H[編集]

UH-1H

陸上自衛隊は2013年3月末時点でUH-1HとUH-1Jを141機保有している[2]87式地雷散布装置を機外側面に取り付けることが出来る。1972年(昭和47年)からは、機体を大型化しエンジンをT53-K-13Bに強化したUH-1Hの調達に切り替え、1991年平成3年)までに133機を納入、民間型のB204も販売した。

UH-1Hの最終生産8機は暗視ゴーグルJAVN-V6)対応コックピットとなり、末期生産の少数はテレビ映像伝送装置または赤外線監視装置が搭載された。

UH-1J[編集]

UH-1J

平成3年度(1991年度)予算からは、エンジンをAH-1Sと同じT53-K-703に換装し、ワイヤーカッターなどを装備した富士重工業独自の改良型 UH-1J(平成3年防衛白書にはHU-1H改、平成4年度防衛白書にはUH-1H改と記載)の調達に切り替え、2007年(平成19年)までに130機を納入した。

UH-1Jはベルとの共同開発をベースとしているが、80パーセントを国産技術としている。UH-1Jは当初より、一部の機体が暗視ゴーグル対応コックピットで生産され、また、大半の機体は映像伝送装置か赤外線監視装置を搭載している。また、J型の民間版205Bも開発し、販売している。

防衛庁(現 防衛省)では1997年(平成9年)からUH-1後継機として、三菱重工業ライセンス生産のUH-60JA(約37億円)の導入も開始したが、大変高価なためにUH-1J(約12億円)と混用する計画に変更した。

UH-1Jの調達数[3][4]
予算計上年度 調達数 予算計上年度 調達数 予算計上年度 調達数 予算計上年度 調達数
平成元年度(1989年) 12機 平成6年度(1994年) 13機 平成11年度(1999年) 5機 平成16年度(2004年) 2機
平成2年度(1990年) 0機 平成7年度(1995年) 13機 平成12年度(2000年) 7機 平成17年度(2005年) 3機
平成3年度(1991年) 0機 平成8年度(1996年) 7機 平成13年度(2001年) 6機 平成18年度(2006年) 4機
平成4年度(1992年) 13機 平成9年度(1997年) 3機 平成14年度(2002年) 3機 平成19年度(2007年) 16機
平成5年度(1993年) 13機 平成10年度(1998年) 4機 平成15年度(2003年) 6機 合計 130機

後継機[編集]

平成22年度に防衛省は、平成23年度から平成29年度までに、UH-1JかOH-1をベースに、UH-1Jと同等以下の価格で、長距離洋上飛行での安全性、速度、航続性能を大幅に高め、高温・高標高領域での超低空飛行が可能な「新多用途ヘリコプター」を国産開発する事を決定した。2012年3月には、川崎重工業がOH-1を母体に後継機を開発すること、最終的に約140機を製造し、1機あたりの価格は約10億円になる見通しである事が一部メディアで報じられた[5]。そして同月中に川崎重工から同情報が公式発表された[6]。 しかし、2012年9月、防衛省と関連企業は次期多用途ヘリコプターの開発・納入計画を巡る談合が行われていた疑いが強まったとして、東京地検特捜部の家宅捜索を受けたことが判明した。これを受け、2013年1月11日に、UH-X開発計画の白紙化と川崎重工との契約解除が決定された。

主要諸元・能力[編集]

UH-1B UH-1D UH-1H UH-1J UH-1HP[7]
全長(主回転翼含む) 16.15m 17.39m 17.44m 17.46m
胴体幅 2.85m 2.62m 2.86m 2.65m
全高 3.77m 4.39m 4.41m 3.97m 3.91m
主回転翼直径 13.41m 14.63m 14.69m 14.63m
エンジン T53-L-5×1
(960shp;720kW)
T53-L-11B×1
(1,100shp;820kW)
T53-L-13×1
(1,400shp;1044kW)
T53-L-703×1
(1,800hp;1342kW)
最高速度 236km/h 238km/h 230km/h 240km/h
巡航速度 202km/h 209km/h 204km/h 200km/h 219km/h
上昇率 810m/min 535m/min 487m/min
航続距離 418km 507km 512km 502km
上昇限界 5,150m 5,910m 4,145m 3,840m 6,096m
空虚重量 2,047kg 2,365kg 2,255kg 2,473kg 2,552kg
最大離陸重量 3,856kg 4,310kg 4,772kg 5,080kg
積載量 貨物: 1,451kg(3,200lbs)
兵員:7名
貨物: 1,800kg(4,000lbs)
兵員:11名
貨物: 2,268kg
(機外搭載時)
乗員 1~4名
Bell UH-1 IROQUOIS.png


形式一覧[編集]

UH-1A/B/C
UH-1D/H
UH-1E/F
UH-1N
ベル214
XH-40
社内モデル ベル204 原型機。3機製造。
YH-40
前量産型、6機製造。
HU-1A
社内モデル ベル204量産型。1962年にUH-1Aに名称変更。
HU-1B
HU-1Aのローターなどの改良型。1962年にUH-1Bに名称変更。
UH-1C
UH-1Bの武装ヘリ型としてエンジンを強化した型。
YUH-1D
UH-1Dの前量産型。7機製造。
UH-1D
社内モデル ベル205量産型。ベル204より機内容積を拡大。
HH-1D
UH-1DのSAR型。
UH-1E
UH-1B/Cのアメリカ海兵隊向け。
TH-1E
UH-1Eの訓練型。
UH-1F
UH-1B/Cのアメリカ空軍向け。
TH-1F
UH-1Fの訓練型。
UH-1G
AH-1Gとの混同防止のために未使用。しかし、一部ではUH-1D/Hのガンシップ型を非公式にUH-1Gと呼称。
UH-1H
UH-1Dのエンジン強化型。
CUH-1H
UH-1Hのカナダ軍向け。
EH-1H
ELINT任務機。
HH-1H
UH-1HのSAR・救急任務機。アメリカ空軍向け。
JUH-1H
戦場監視任務機。4機改造。
TH-1H
UH-1Hのアメリカ空軍・訓練型。
UH-1J
日本の富士重工業におけるUH-1Hの改良型。陸上自衛隊向け。
UH-1Y
アメリカ海兵隊(UH-1Nアップグレード型)
HH-1K
SAR型。アメリカ海軍向け。
UH-1L
アメリカ海軍向け。
TH-1L
UH-1Lの訓練型。
UH-1M
UH-1Cガンシップ型の改良型。
UH-1N
社内モデル ベル212。エンジンを2基に増備(ツインパック)
VH-1N
VIP輸送用。
HH-1N
SAR型。
CUH-1N
UN-1Nのカナダ軍向け。
UH-1P
UH-1Fのアメリカ空軍、特殊作戦向け。
UH-1V
アメリカ陸軍の救出作戦向け。
UH-1X
1機のみ製造。
RH-2
調査・研究機。


使用国[編集]

UH-1 operators.png


登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Drendel, Lou: Huey, pages 14-17. Squadron/Signal Publications, Carrollton, Texas, 1983. ISBN 0-89747-145-8
  2. ^ 平成25年度防衛白書 資料13 主要航空機の保有数・性能諸元
  3. ^ JapanDefense.com
  4. ^ 防衛白書の検索
  5. ^ “東京新聞:多用途ヘリ 川重に決定 防衛省”. 東京新聞. (2012年3月7日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012030702000026.html 
  6. ^ “新多用途ヘリコプター(UH-X)を受注”. 川崎重工公式サイト. (2012年3月28日). http://www.khi.co.jp/news/detail/20120328_2.html 
  7. ^ ベル・ヘリコプター (2012年8月). “Bell Huey II - Product Specifications (PDF)” (英語). 2013年8月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]