小山茉美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こやま まみ
小山 茉美
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本愛知県西尾市
生年月日 1955年1月17日(59歳)
血液型 A型
身長 155 cm
職業 声優女優
事務所 青二プロダクション
公式サイト 小山茉美ホームページ
声優活動
活動時期 1975年 -
デビュー作 桔梗屋弥生(初代)(『一休さん』)
女優活動
活動時期 1975年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
デビュー作 キヨコは泣くもんか』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

小山 茉美(こやま まみ、1955年1月17日 - )は、日本声優女優ナレーター歌手青二プロダクション所属。1980年以前の芸名小山 まみ

愛知県西尾市出身。愛知県立西尾高等学校卒業。身長155cm[1]

特徴[編集]

テレビアニメだけでなく、洋画吹き替えにも積極的に参加。専任の俳優はいないものの、シャロン・ストーンキム・ベイシンガーミシェル・ファイファーダイアン・レインメグ・ライアンルーシー・リューなどのクールスレンダーな美女役が多い。

近年ではNHKの教養番組や学校放送、テレビ朝日の『報道ステーション』、TBSの『報道特集』といった報道番組などのナレーションを務めることも多い。

経歴[編集]

元々は劇団シアター・ウィークエンドに所属し、舞台女優として活動していた。1975年にドラマ『キヨコは泣くもんか』でドラマデビュー。声優としての第一声は同年、カネボウ化粧品CM夏目雅子が「クッキーフェイス」と叫ぶシーンをふきかえた。また『一休さん』の桔梗屋弥生(やよいさん)役、『チャーリーズ・エンジェル』のクリス役などを演じる。1980年代には、アラレ、モモ、あんみつ姫、ニルスなど多くの主人公を演じた。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ではタリア・グラディス役を担当し、池田秀一と再度ガンダム作品で共演することとなった。

人物像・エピソード[編集]

声優の古谷徹と結婚するが、1983年に離婚。ただし人間関係が原因ではなく、古谷が再婚後も友人としての関係は続いているという。それぞれの公式ホームページには、互いのサイトがリンクとして貼られている。また、声優界のイベントの女優部門で、3年連続で1位を獲得している。また若手時代にはアイドル的人気も博したため、潘恵子らと共に「元祖アイドル声優の1人」と言われることもある。声優業を行う他の同世代の人物同様、声優業については「俳優業の一環」という姿勢を示している。

オリジナルアルバム・エッセイなども複数発表している。

報道番組のナレーションをメインに据えて以降は、顔出し出演は控えているとのこと(『大胆MAP』より)。ドラゴンボールのランチ役を担当した際は青髪(おとなしい時)と金髪(凶暴な時)をしゃべり方及び声も演じ分けていた。

ファンとの交流[編集]

ファンとの交流を大切にしたいと常日頃から発言している。

最初の公式FCが解散した際、メンバーが解散の飲み会を行っていたところへ、小山本人が姿を現した事があった。本人は「たまたま、アフレコの現場から現場へと移動途中に時間が余ったから覗きに来た」と説明していたが、スタッフは「過密スケジュールの中、本人の要望で無理をして来た」と発言していた。

声優がお茶会や飲み会などのイベントを企画する際、CDや本、DVDなどを購入させるか高額のチケットを要求するケースが多い中、小山は無料で行っている。また、公演を見ていなくても、お茶会のみの参加も可能としている(ただし、小山本人、ファンサイトOFF会以外の主催、または、会場に入るのにチケットがいる場合は別)。

長期休業[編集]

1990年頃、長期休業のため全レギュラー番組を降板していた。当時の後任・代役は以下の通り。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

  • シティーハンター2(美樹)

1989年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

  • シティーハンター グッド・バイ・マイ・スイート・ハート(美樹)

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

  • 十二国記(舒栄)
  • 名探偵コナン(シャロン・ヴィンヤード)

2003年

2004年

2006年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

OVA[編集]

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

  • 地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー ザ・ムービー(スカーレット、ジンクス)

1992年

1993年

1994年

1996年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2006年

2008年

2010年

劇場アニメ[編集]

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1991年

1993年

1994年

1996年

1998年

2001年

2002年

2004年

2007年

2009年

2011年

ゲーム[編集]

  • ギレンの野望シリーズ(キシリア・ザビ、カレン・ジョシュワ)※PS2、PS、SS
  • CRフィーバーパワフルシリーズ・パチスロパワフルシリーズ(夢夢役)

1988年

1990年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

時期未定

吹き替え[編集]

女優[編集]

実写[編集]

特撮[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

ナレーション[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • ウィークエンド「音吉物語」
  • おひさまおはなしコンサート
  • ジャズランド
  • 半次とお銀の悪党稼業(ダーティービジネス)〜 心ならずも人助け?(お銀)
  • 流・流(るる)

音楽作品[編集]

  • アラレちゃん音頭(「Dr.スランプ アラレちゃん」2代目エンディング、1981年7月発売)
  • ラブ・ラブ・ミンキーモモ(「魔法のプリンセス ミンキーモモ」オープニング、1982年3月発売)
  • ミンキーステッキドリミンパ(「魔法のプリンセス ミンキーモモ」エンディング、1982年3月発売)
  • あまから城あっぱれ音頭 (あんみつ姫 音楽編、1986年12月5日発売)
  • プリンセスあんみつ(あんみつ姫 音楽編、1986年12月5日発売)

その他[編集]

書籍[編集]

後二作はラジオのトークショーをまとめたもの。

  • ゆ・れ・てMami - ペンギン村エンジェルのすうぱあエッセイ(近代映画社、1982年)
  • 不思議って好きですか? - 新しい自分発見 心のパワーアップ談議(ISBN 4-938750-01-5
  • 想像の翼を広げて - 未知への旅 SFファンタジー談議(ISBN 4-938750-02-3

出典[編集]

外部リンク[編集]