マペットめざせブロードウェイ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マペットめざせブロードウェイ!』(The Muppets Take Manhattan)はジム・ヘンソンによるマペットを主役にした一連の人形劇ミュージカル映画の3作目。ITCエンターテイメント、トリスター・ピクチャーズによって製作され、1984年に映画劇場で公開。 フォジー、ミス・ピギー、アニマルの声優でもあるフランク・オズの初監督作品。

作中、マペット・ベイビーズ(フラッシュバック/マペットキャラクターの幼児バージョン)を導入。マペット・ベイビーズはこの映画で初登場。後にアニメのテレビシリーズへと発展した。この連続番組は1984年から1991年まで米国のみで放送。

あらすじ[編集]

カーミット達マペットはダンハースト大学4年生。卒業を間近に控え、カーミット達は、キャンパスで、「マンハッタンメロディーズ」というミュージカルをやり、大人気を博す。しかし、観客席の中から、「カーミット、今度はこのミュージカルをブロードウェイで見せてよ」と言う声が聞こえてきたことで、全員が奮起。一致団結し、マンハッタンへ。

最初は自信に満ち溢れていたものの、資金が集まらず、財布が底をついてしまい、全員が別れて、それぞれの街で仕事を見つけ、自分の力で生きていくことを余儀なくされる。リーダー格だったカーミットは、心の中では「諦めまい」と、マンハッタンの中から仕事を見つけることになる。カーミットが仲間達と別れたコーヒーショップ「ピートのランチオネット」にいくが、アルバイトを拒否。しかし、オーナーのピート(ルイス・ゾリッチ)の娘で、ちょうどカーミットと同年代だったジェニー(ジュリアナ・ドナルド)の協力のおかげで働けることになる。

カーミットの友人(スクーター、ロルフ、フォジー、ゴンゾ、Drティース他)からは朗報の手紙が届いて、カーミットは安心したものの、恋人のミス・ピギーから手紙が来ていなかった。ジェニーのすすめで気分転換のマラソンをすることになったカーミット。その時、カーミットをスパイしていたミス・ピギーが盗難被害にあうことで、二人は再会し、ミス・ピギーも同じ店で働くことになる。そんなある日、カーミットの、ミュージカルの資金を提供し、プロデュースしたいというプロダクションから手紙を貰う。差出人は世界的に有名なプロデューサーの息子ロニー(ロニー・プライス)だった。カーミットは非常に興奮し、ミス・ピギーに公衆電話からすぐ電話し、離れ離れになった仲間を呼び止めるようにたのむが、帰り道、車にひかれて倒れてしまう。

カーミットが目を覚ますと、病院のベッドに横たわっていた。記憶喪失になったカーミットは、自分の名前をフィリップ・フィルであると決めて、広告スローガンを書く仕事のカエルのグループと出会う。

カーミットの仲間は、カーミットが行方不明になったことを気にかけつつもミュージカルを予定通りに行うことをカーミット自身も望んでいるはずだと考え、ミュージカルの準備を進める。何週間もたち、ミュージカルの本番当日。そこへ、自分の名前をフィルだと思い込んでいるカーミットがダイナーを訪問。ピギーらはフィルがカーミットであることを見破り、彼を劇場へ連れて行く。どうしても目の覚めないカーミット。ミス・ピギーは何とか彼の記憶を蘇らせようと得意のカンフー・パンチを繰り出す。吹っ飛ばされ、ソファに頭を打ったカーミットは記憶を取り戻す。

そして迎えたショーは物凄いヒットを記録し、フィナーレの間、結婚式のシーンでミス・ピギーとカーミットは結合する。


豆知識[編集]

  • カーミットが卒業したダンハースト大学のロケ地はヴァーサー・カレッジ・キャンパス。
  • 「ねずみのリゾ」の初出演作。
  • Muppet Caperという技術を採用。これは、リゾの動きや、ミス・ピギーが泥棒を追うときに使用したローラースケートに使った。
  • 結婚式のシーンの間、観客席にセサミストリートのキャラクターが多数出演。アーニー、バート、クッキー・モンスター、ビッグ・バード、グローバー、カウント伯爵、サリー、ビフなど。他、ブンゼン、ビーカー、ボーボー、サムも見られる。
  • この作品に登場するマペットベイビーズは、カーミット、ミス・ピギー、フォジー、ゴンゾ、スクーター、ロルフ。(アニメ版では、アニマル、ブンゼン、ビーカーも登場。)
  • 作品のラストはマンハッタンメロディーズのフィナーレで締めくくられる。(ミス・ピギーとカーミットの結婚式のシーン)。牧師役は、ゴンゾだったが、別の人が牧師をしている。この牧師役を演じたシリル・ジェンキンズ博士はニューヨークの実在している正真正銘の牧師。(『ミス・ピギーが「マペットめざせブロードウェイ!」のスタッフに粘り強く頼みこみ、自分で勝手につれてきてしまったんだ』とスタッフがインタビューで明かしていたという。)

キャスト[編集]

声の出演[編集]

  • ジム・ヘンソン:
    • カーミット真殿光昭)/ウォルドーフ(北村弘一)/ロルフ/Dr. ティース/スウィーディッシュ・シェフ/アーニー/ニュースキャスター/馬技師
  • フランク・オズ:
    • ミス・ピギー(小形満)/フォジー(江原正士)/アニマル/バート/サム/クッキーモンスター
  • デイヴ・ゴールズ:
    • ゴンゾ(塩屋浩三)/ズート/チェスター/ビル/マペットペンギン/ブンゼン
  • ジェリー・ネルソン:
    • カミラ/ルージーランド/フロイド/クレイジーハリー/ポップス/犬
  • スティーブ・ホイットマイア:
  • リチャード・ハント:

カメオ出演[編集]

オリジナルサウンドトラック[編集]

アメリカ盤のサウンドトラック(現在は絶版)。日本版はなし。

  1. Together Again (ジム・ヘンソン/フランク・オズ/デイヴ・ゴールズ/ジェリー・ネルソン/リチャード・ハント)
  2. You Can't Take No For An Answer (ジム・ヘンソン)
  3. Saying Goodbye (ジム・ヘンソン/フランク・オズ/デイヴ・ゴールズ/ジェリー・ネルソン/リチャード・ハント)
  4. Something's Cooking (スティーブ・ホイットマイア)
  5. I'm Gonna Always Love You (ジム・ヘンソン/フランク・オズ/デイヴ・ゴールズ/リチャード・ハント)
  6. Right Where We Belong (ジム・ヘンソン/フランク・オズ/デイヴ・ゴールズ/ジェリー・ネルソン/スティーブ・ホイットマイア/リチャード・ハント)
  7. Somebody's Getting Married (ジム・ヘンソン/フランク・オズ/デイヴ・ゴールズ/ジェリー・ネルソン/スティーブ・ホイットマイア/リチャード・ハント)
  8. Waiting for the Wedding (ジム・ヘンソン/フランク・オズ/デイヴ・ゴールズ/ジェリー・ネルソン/スティーブ・ホイットマイア/リチャード・ハント)
  9. She'll Make Me Happy (ジム・ヘンソン/フランク・オズ)
  10. The Ceremony (ジム・ヘンソン/フランク・オズ/デイヴ・ゴールズ/ジェリー・ネルソン/スティーブ・ホイットマイア/リチャード・ハント)
  11. Closing Medley: Saying Goodbye/Together Again (ジム・ヘンソン/フランク・オズ/デイヴ・ゴールズ/ジェリー・ネルソン/スティーブ・ホイットマイア/リチャード・ハント)
  • 歌は、日本語版でも字幕スーパーで歌われている。

外部リンク[編集]