神谷明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
かみや あきら
神谷 明
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
生年月日 1946年9月18日(67歳)
血液型 A型
身長 163 cm
職業 声優俳優
事務所 冴羽商事
公式サイト 神谷明オフィシャルブログ「神谷明の屁の突っ張りはいらんですよ!!」
声優活動
活動時期 1970年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作 千吉
(『魔法のマコちゃん』)
俳優活動
活動時期 1970年 -
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
音楽活動
職種 歌手
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

神谷 明(かみや あきら、1946年9月18日 - )は日本声優俳優歌手ナレーター日本工学院専門学校声優・俳優科講師神奈川県横浜市出身。血液型はA型、身長は163cm、体重は52kg。

来歴[編集]

東京都立芝商業高等学校卒業後、テアトル・エコー青二プロダクションぷろだくしょんバオバブを経てフリーとなり冴羽商事を設立。代表作に『キン肉マン』(キン肉スグル〈キン肉マン〉)、『北斗の拳』(ケンシロウ)、『シティーハンター』(冴羽)、『名探偵コナン』(毛利小五郎〈初代〉)などがある[1]

役者になるまでの経緯[編集]

母と弟一人の家庭に育つが、高校時代に友人に誘われる形で、演劇部に入部。その時に「神谷って良い声してるよな」と言われたことがきっかけで俳優を目指す。当時は今以上に役者になることが困難だった時代であり、本来なら冒険できない立場だったが、母に「役者になりたい」と言ったところ、「自分で選んだ道だから頑張んなさい」と言われた。後にこのことを、「自分が母の立場だったら、泣いて止めたかもしれない」と述懐している。

声優としての活動[編集]

1970年テアトル・エコー研究生時代にテレビアニメ『魔法のマコちゃん』の千吉役でアニメ声優デビュー。初レギュラーは『赤き血のイレブン』のヤシマサスケ役。初主演は『バビル2世』のバビル2世役で、彼のトレードマークの「叫び」もこの作品で体得した。以後、『ゲッターロボ』の流竜馬など、主にロボットアニメ作品で主役を多く担当。必殺技を叫び続けたことから、一部では「叫びの神谷」と呼ばれた。ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」になくてはならない声優の1人であり、『スーパーロボット大戦F』発売時には神谷自身が顔出しでTVCMに出演したこともある。

1980年代には、『週刊少年ジャンプ』連載漫画のアニメ化作品に多数出演。『キン肉マン』、『北斗の拳』、『シティーハンター』などでは主演し、ジャンプアニメでお馴染みの声優の1人としても知られた。これらの「少年ジャンプ」系アニメの多くが長期シリーズになったこともあって、この時期に出演した作品が神谷明の代表作として紹介されることも多い。

アニメ以外の声の仕事ではアメリカ産テレビドラマ『探偵レミントン・スティール』(1982 - 87 / 全5シーズン92回)で主役ピアース・ブロスナンの吹替を担当(第2シーズン終了まで=全42回)し、またブロスナンが映画『007』シリーズで5代目ジェームズ・ボンドを務めた『007 ゴールデンアイ』、『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』でも担当した(各ビデオ版)。

CMやバラエティ番組などでナレーションを手がけることも多い。代表的なものは現在、『スーパー戦隊シリーズ』枠を中心に放送されている東京ドームシティアトラクションズ(旧後楽園ゆうえんち)のヒーローショーのCMであり、1986年より20年以上にわたってナレーションを担当。

アニメージュで開催されているアニメグランプリ声優部門(男性)にて、通算11回に渡りグランプリを受賞している[2]

その他の活動[編集]

1970 - 80年代に活動した人気声優バンド・スラップスティックに結成当初ベーシストとして在籍していた。だが自身のスケジュールが多忙であったこと、本来アマチュアバンドとして皆で和気藹藹と楽しんでいた演奏活動がプロとしての歌手活動としてプロデュースされることに懸念を示し、脱退を申し出たという。

オールナイトニッポン』のパーソナリティーを務めた経験があり、声優としてのレギュラーパーソナリティは神谷明が第1号である。同番組では「ギネスに挑戦!」というコーナーをやっていたが、コミックシンガーソングライターとして知られる嘉門達夫(当時は笑福亭鶴光の弟子だったため「笑福亭笑光」という名前だった)が類似コーナーを『MBSヤングタウン』でやっていたことで知り合いになり、そのまま親交を持っている。

1979年には『ミッチと明の底抜け日曜拳銃』という日曜昼間のラジオ番組で堀江美都子とともにパーソナリティーを務め、「Oh! Sunday 青春は日曜日」というデュエット・シングルも出した。

1979年の5月にはかつての日本劇場(現・有楽町マリオン)で、声優としてただ一人ワンマンショーを開いたことがある。その年の春休みに日本劇場と青二プロダクション主催で声優だけのイベント「Voice.Voice.Voice」が開催され人気を博し、日劇での前売り券発売日には神谷本人の来場もあって数寄屋橋交差点までの長蛇の列ができた。

プリンプリン物語』、『北斗の拳』など多数の作品で挿入歌などを歌ったほか、1980年代初頭には曽我部和恭中尾隆聖内田直哉らと演劇活動をしていたこともある。

1995年阪神・淡路大震災の際にはチャリティとしてユニット「WITH YOU」を結成。そのリーダーを務め、「ふれ愛コンサート」でも活動。声優など多数の参加を得る。

近年では日本工学院専門学校(蒲田校・八王子校)で講師を務めており、教え子には新谷良子清水愛などがいる。2006年度には持ち役であるケンシロウ(『北斗の拳』)や冴羽(『シティーハンター』)の「生声」を新入生の前で披露したり、2007年度と2008年度には入学式で新入生に発声練習を施した。また、「冴羽商事」という事務所を立ち上げてナレーションや司会、ラジオCM製作、ゲーム音声製作、コンサート・イベント運営、講演会など幅広い活動をしている。

特色[編集]

長いキャリアと幅広い役どころを持ち、数々のヒーロー物での「叫び」が映える高音と『超時空要塞マクロス』でのロイ・フォッカーや『名探偵コナン』での毛利小五郎などで聴かせた低音などシリアスからギャグまでカバーする。特にロイ・フォッカーは主演ではないがそれまで神谷明の演じてきたロボットパイロットのイメージを覆す低い声で新たな一面を見せ、演技の幅の広さを見せた。

また『ドカベン』の里中智のような美少年、『うる星やつら』の面堂終太郎、『めぞん一刻』の三鷹瞬、『YAWARA!』の風祭進之介などの二枚目半、『究極超人あ〜る』の鳥坂先輩、『オヨネコぶーにゃん』のオヨヨネコ、『もーれつア太郎(平成版)』のニャロメなどのようなギャグキャラクターも演じている。悪役を演じる機会は少ないが人形劇『プリンプリン物語』のルチ将軍、『百獣王ゴライオン』のシンクライン皇太子、OVA『ロードス島戦記』のアシュラム、ゲーム『サクラ大戦2』の京極慶吾などを担当した他、1999年には特撮ドラマ『ボイスラッガー』に敵組織の幹部キャラクター「将軍γ」役として素顔で出演したこともあった。

自分の演技について、神谷は『ふしぎなメルモ』で共演した先輩声優の富山敬の芝居に大きな影響を受けたと語っている。また、九州ローカル番組の『ドォーモ』に出演した際、「テアトル・エコー時代にルパン三世山田康雄さんの演技を穴の開くほど見せてもらった。それが後年の僕のキャラクターの血や肉になっている」と語っており、『シティーハンター』の中で山田を彷彿とさせる演技ができた箇所があったようで、「嬉しかった、真似したんじゃなかったから」と振り返った。『ルパン三世VS名探偵コナン』の中でルパンが小五郎に変装する場面があるが、その声を担当したのはルパン側の栗田貫一ではなく、小五郎側の神谷だった。ここでは毛利小五郎の中に少しだけルパン三世を混ぜるという高度な演技を披露している。

共演の多い声優[編集]

共演の多い声優では、田中秀幸古川登志夫が挙げられる。田中とは、関係の近いキャラクターで配役されることも多い(『ドカベン』、『キン肉マン』、『北斗の拳2』、『シティーハンター』、『めぞん一刻』、『名探偵コナン』など)。また、田中はテレビ朝日で放送されるピアース・ブロスナン版の『007』シリーズの吹き替えも担当している。

ドラゴンボールZ』の劇場版『オラの悟飯をかえせッ!!』で敵役・ガーリックJr.を演じた際の古川との競演の理由は監督が『うる星やつら』のファンで、「古川さんのライバルなら、神谷さんだ」とのことでキャスティングされたという。他にも『北斗の拳』をはじめ、さまざまな作品でライバルを演じることが多かった。

また1970年代のロボットアニメでは井上真樹夫キートン山田で共演しており共演する場合はいずれも近しい場合が多い。

島津冴子とは『うる星やつら』での共演以来、恋愛に絡む役が多い。

出演作品にまつわるエピソード[編集]

ロボットアニメ[編集]

勇者ライディーン』、『闘将ダイモス』では声を潰した経験をもつ。どちらも長浜忠夫監督作品であり、「全力で芝居したのだと思うし、思い入れが深い」と神谷は語る。「アニメディア」の連載に来た質問では、「今でも『ライディーン』のひびき洸の声を出せますか?」という質問に「出来るが、いい後進がいれば任せたい」との意見を示した。特に『ライディーン』後半の戦闘シーンでは、叫びっぱなしだったため、最後の「ゴッドバード!チェンジ」の台詞のみは、やむなく本人の声を録音したものを毎回用いるようにしていた。

スーパーロボット大戦シリーズでは多くの作品で神谷の演じたキャラクターが登場しており、音声付の作品ではほぼ毎回新録を行っている。『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』では流竜馬、竜崎一矢、ツワブキ・サンシロー、ひびき洸、ロイ・フォッカーの1人5役を演じた。

1998年に発表されたOVA作品『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』はリメイク作として主要キャラクターのキャスト全てが総入れ替えとなったが、ナレーションという形で神谷が参加。神谷自身、かつての流竜馬役とは異なるが思い入れの深い作品に参加出来た事は非常に感慨深いと述懐している。

『週刊少年ジャンプ』作品[編集]

北斗の拳
『北斗の拳』でケンシロウを演じていた時、「終わった」というアドリブを叫んでいた。このことは2004年放送の『トリビアの泉』で、アニメでケンシロウが「あたたたた……」の後に「終わった〜(ほわたぁ〜と聞こえる)」と言っているというトリビアとして紹介された。神谷によれば、当番組では非常に喉に過酷で甲高い声を出すのが大変だったので「あー、今日も本当に疲れたな。これで(仕事が)終わったな」という意味を込めたアドリブで、当時は仕事が忙しくそうした遊びを入れないとやってられないほどだったという。事実、神谷は『北斗の拳』以外の『ジャンプ』作品だけでも『キン肉マン』、『シティーハンター』と主役を張るほどの売れっ子で、休む暇も無かった。
また、ラジオ関西の番組『ピクチャーランドCLUB』にゲスト出演した際の「北斗百裂拳の声をどのようにして出しているのか」というリスナーからの質問に対し、神谷は「自分の大切なものが無くなって見つからず、ずーっと探していたが見つからず、それがある時机の裏から見つかった時に『あったぁ!』という声を何度も繰り返している」と答えている。
キン肉マン騒動
独立騒動後の2002年から集英社側が制作したテレビアニメ『キン肉マンII世』で登場したキン肉マンは、神谷ではなく古川登志夫が演じていた。これには独立騒動が尾を引いたという説の他、『笑っていいとも!』のコーナーにて「役をやってて死にそうだった」などと告白していることから自身の健康面のことを考えてオファーを断ったのではないかという説、さらにはこれに関連した神谷の健康不安説まで様々な憶測が飛び交うことになった。
2007年2月3日の『青春ラジメニア』にゲスト出演した際、本人がこの件に触れており「製作側の予算の都合。好きなキャラなので、やりたくないわけでは決してない」と説明しこれらの憶測を否定している。これは声優のアニメ出演ではギャラの額の決定に際して「ランク制」という規定が適用されることから、上位ランクでギャラ単価の高い神谷が「自分が出演したいから」「自分がやっていた役だから」という理由でギャラを制作側の予算に合わせる形で規定額から勝手に下げてしまうと、ランク制のシステムの関係で自動的に他の全出演者のギャラ単価にも軒並み大きな悪影響を及ぼしてしまうため、そのような無理な出演はできないという意味であり、すなわちアニメ制作者側の予算と声優業界のシステム面に起因する事情が声優交代の理由であったということを示している。また、1980年代の声優の地位・収入の向上の活動に携わった世代の一員である彼にとっては、同輩や後進に負担を掛ける無理な出演はなおさらにできないことだった。なお、予算が十分に確保されていた同作の映画版ではキン肉マン役で出演を果たしている。
シティーハンター
『シティーハンター』の冴羽が「自分が今まで演じた中で、一番好きなキャラクター」だと公言している。理由はTOKYO FMの番組『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』にゲスト出演した際「ケンシロウのような二枚目の演技も、キン肉スグルのような三枚目の演技も冴羽は全て受け入れてくれるから」と語っている。
神谷の事務所「冴羽商事」の由来も冴羽を演じたことから来ている。事務所の設立に当たっては作者の北条司に名前の使用許可を得ているが北条は本気だと思っていなかったらしく、設立の報告に行ったところ「本当に作ったの!?」と驚かれたという。

以上のように『少年ジャンプ』系アニメで多く主演した関係から、それらの作品の原作者である漫画家らが集英社から独立して設立した編集プロダクションのコアミックスに出資、役員を務めていたが2004年12月31日をもって退社している。

高橋留美子作品[編集]

高橋留美子にその声を気に入られており、『うる星やつら』の面堂終太郎や『めぞん一刻』の三鷹瞬の声を演じている。また、ギャグ系キャラクターへの転機となったのは『うる星やつら』の面堂と神谷は述懐している。

『うる星やつら』『めぞん一刻』終了後には、面堂や三鷹のキャラクターの流れを汲む『らんま1/2』のライバルキャラクター・九能帯刀のキャスティングにも推薦されたが『らんま1/2』の監督・芝山努は「新人など、今までの高橋留美子作品に無いものを」と考え却下した(アニメ版の九能は鈴置洋孝が演じた)。高橋の強い推薦により、その九能帯刀に仕える猿隠佐助という新たなアニメオリジナルキャラクター(デザインは高橋が担当)が登場しているが、それも監督には認められず千葉繁が演じている。『らんま1/2』後期には、いくつか神谷のために用意されたキャラクターが登場した。

名探偵コナン[編集]

2009年9月18日、自身のブログにおいて「9月17日をもって『名探偵コナン』の毛利小五郎役を解任させられた」事を明かしている。詳細については触れず「契約上の問題と信・義・仁の問題」であるとし、『名探偵コナン』という作品にはこの件は無関係であること、原作者の青山剛昌・共演者・APUスタジオ読売テレビ小学館に対しお詫びと長年の愛顧についての感謝の言葉を述べている[3]。この際には具体的な理由が明かされなかったため、ファンの間では様々な噂や憶測が飛び交った[4]。神谷自身は19日、自身のブログで降板の理由について「制作会社の方」との「信頼関係を失わせる」出来事があったことを仄めかすものの、翌日にその内容を削除している[5]

2009年10月28日発売の週刊少年サンデーにおいて、神谷の後任として小山力也が小五郎役を受け継ぐ事が発表され、10月31日放送話から担当している。神谷自身も小山にエールを送り、翌年4月に改めて会食して正式にバトンタッチとアドバイスが完了したと、ブログでも述べている。

『名探偵コナン』の直接の番組プロデューサーやメインキャストとの各個人的交流は降板後も断たれずに続いており、『コナン』はこれからもずっと続いて欲しいことと、番組からひとまず離れたが応援団として変わらず支え続けている旨を、神谷自身は現在もブログ・ツイッター・各種イベントその他で公言している。

その他のエピソード[編集]

テアトル・エコーに所属していた頃の先輩である、山田康雄納谷悟朗の教え子である事を自認している。前述にあるように『シティーハンター』の冴羽りょうなどは山田を彷彿させるような演技を行い、『名探偵コナン』の毛利小五郎などは、納谷を意識した演技を心がけたという。

声優業が専業として確立する以前から活動する人物の中では「声の仕事は、俳優の仕事がないときの副業、アルバイトにすぎない」という認識を持つ者が多いが、神谷は声優をプロと考えている数少ない人物である。かつては声優と呼ばれることに抵抗があったが、声の仕事を経験するうちにその仕事にプライドを持つようになったと語る[6]。また、声優呼ばわりを嫌悪する人物に対して「"声優ではなく俳優"と言ったところで、実際に自らの生計を立てたのは声の仕事ではないか」という批判的な発言をしている[6]

売れっ子の神谷は歯を治療した直後の当日に仕事をしなければならなかったこともあった。しかもスタジオ入りの途端麻酔が再び効きだし、『プリンプリン物語』のタイトルを「フリンフリン物語」としか言えず、危機に陥った経験がある。

かつては稀代の雨男として名を馳せた。イベントにおいてはそれまで快晴だった空が神谷が登場するや否や雲が差し掛かり、そのまま雨が降ってきたという事態も一度や二度ではなかった。

立ち食いそばが大好物でとてもうるさく、JR山手線全駅の立ち食いそばを制覇している。

神谷浩史とは、同じ名字ではあるが血縁関係は一切ない。ただし、神谷浩史はラジオ等で神谷明を「僕のお父さん」などと発言し、慕っている様子。

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

  • キン肉マン キン肉星王位争奪編(キン肉スグル〈キン肉マン〉
  • ゲッターロボ號大道凱
  • シティーハンター'91(冴羽

1994年

1995年

1996年

  • 美少女戦士セーラームーンセーラースターズ(土萠創一)
  • シティーハンターザ・シークレット・サービス(冴羽
  • 名探偵コナン毛利小五郎〈初代[7]〉)

1997年

  • キューティーハニーF(如月猛)
  • シティーハンターグッド・バイ・マイ・スイート・ハート(冴羽

1998年

1999年

  • シティーハンター緊急生中継!? 凶悪犯冴羽の最期(冴羽

2000年

2001年

2003年

2005年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

OVA[編集]

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1998年

2000年

2002年

  • マクロス ゼロロイ・フォッカー
  • 名探偵コナン 16人の容疑者(毛利小五郎)

2005年

  • 名探偵コナン 標的は小五郎!!探偵団マル秘追跡レポート(毛利小五郎)

2006年

  • 名探偵コナン 消えたダイヤを追え! コナン・平次vsキッド!(毛利小五郎)

2007年

  • 名探偵コナン 阿笠からの挑戦状! 阿笠vsコナン&少年探偵団(毛利小五郎)

2008年

  • 名探偵コナン 女子高生探偵 鈴木園子の事件簿(毛利小五郎)

2009年

  • 名探偵コナン 名探偵コナン 10年後の異邦人(毛利小五郎)

2010年

  • うる星やつら ザ・障害物水泳大会(面堂終太郎)

劇場アニメ[編集]

1975年

1976年

1977年

1978年

1980年

1981年

1983年

1984年

1985年

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1993年

1994年

1995年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2013年

Webアニメ[編集]

2013年

ゲーム[編集]

1985年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2013年

パチンコ・パチスロ[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

特撮[編集]

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

インターネットラジオ[編集]

CD[編集]

レコード[編集]

CM[編集]

特記のない限りは、全てナレーションである。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Yahoo!人物名鑑によるプロフィールより 2010年2月6日閲覧
  2. ^ 1979年から1981年(1980年は上半期と下半期でそれぞれ受賞)、1983年から1985年、1987年から1990年まで連続で受賞。
  3. ^ 神谷明オフィシャルブログ[リンク切れ] - 2009年9月18日。この時共演者の中でも毛利蘭役の山崎和佳奈が、「お父さんを奪わないで」と泣いて懇願までしてくれたことにも触れ、特に山崎に最も迷惑をかける結果になったことを悔いて詫びてもいる。
  4. ^ “声優の神谷明「名探偵コナン」降板 読売テレビが正式発表”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2009年9月18日). http://www.j-cast.com/2009/09/18050051.html 2009年9月18日閲覧。 
  5. ^ “神谷明コナン降板のナゾ 関係者の「悪意」なのか”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2009年9月23日). http://www.j-cast.com/2009/09/23050089.html 2009年9月24日閲覧。 
  6. ^ a b 「声優マジカル通信 VOL.3・神谷明さん」『月刊OUT』1985年8月号、みのり書房、p.121。
  7. ^ 1 - 548話。2009年度まで担当。
  8. ^ キャスト”. DD北斗の拳. 2013年2月24日閲覧。
  9. ^ ゲスト声優が決定!!”. 『劇場版 銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』公式サイト. 2013年6月3日閲覧。
  10. ^ 花のずんだ丸”. 2013年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]