イン&アウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イン&アウト
In & Out
監督 フランク・オズ
脚本 ポール・ラドニック
製作 G・マック・ブラウン
スコット・ルディン
スザンヌ・サントリー
製作総指揮 アダム・シュローダー
音楽 マーク・シャイマン
撮影 ロブ・ハーン
編集 ダニエル・P・ハンリー
ジョン・ジンプソン
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 ギャガ/東京テアトル
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年9月10日
日本の旗 1998年12月19日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $63,856,929[1]
テンプレートを表示

イン&アウト』(In & Out)は、1997年制作のアメリカコメディ映画

自分の教え子によってゲイであることを暴露された教師と、その周囲の悲喜劇を描く。

1994年第66回アカデミー賞授賞式におけるトム・ハンクスのスピーチを基にしたフィクション。

ジョーン・キューザックアカデミー助演女優賞にノミネートされた他、多数の映画賞を受賞。

第11回東京国際映画祭特別招待作品。

ストーリー[編集]

インディアナ州の小さな町に暮らすハワード・ブラケットは、誰からも好かれる高校教師。恋人であるエミリーとの結婚も決まっていた。

かつての教え子キャメロンは俳優となり、ついに今日、アカデミー賞の栄冠に輝いたのだった。そして迎えた受賞スピーチ。町中の人々がテレビに見入っていた。しかし、彼の言葉に誰もが耳を疑った―。

「ブラケット先生はゲイです」

かくして、町中を揺るがす大騒動の幕明けとなるのであった。

受賞・ノミネート[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 吹替え
ハワード・ブラケット ケヴィン・クライン 大塚芳忠
エミリー・モンゴメリー ジョーン・キューザック 小宮和枝
ピーター・マロイ トム・セレック 土師孝也
キャメロン・ドレイク マット・ディロン 堀内賢雄
バーニース・ブラケット デビー・レイノルズ 久保田民絵
フランク・ブラケット ウィルフォード・ブリムリー 長島雄一
トム・ハリウェル校長 ボブ・ニューハート 西村知道
ジャック ショーン・ハトシー 高木渉
マイク ザク・オース 桜井敏治
メレディス アレキサンドラ・ホールデン
ヴィッキー ローレン・アンブローズ
生徒(名前なし) クレア・クレイマー
ソニア シャローム・ハーロウ
ウォルター・ブラケット グレゴリー・ジェバラ 田原アルノ
エドワード・ケンロウ ルイス・J・スタッドレン 田原アルノ
アヴァ・ブレザー デボラ・ラッシュ
カール ケビン・チェンバレン 宝亀克寿
軍の弁護士 ダン・ヘダヤ 稲葉実
ウーピー・ゴールドバーグ カメオ出演・本人 小宮和枝
グレン・クローズ カメオ出演・本人
ジェイ・レノ カメオ出演・本人 宝亀克寿

挿入曲[編集]

ほか

脚注[編集]

  1. ^ a b In & Out (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]