マペットのオズの魔法使い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マペットのオズの魔法使い』(マペットのオズのまほうつかい、The Muppets' Wizard of Oz )は、アメリカで製作されたテレビ人形劇。2005年5月20日にディズニーの“ABC's The Wonderful World of Disney”で放送された。放送時間120分(コマーシャル含む) 。

ライマン・フランク・ボームの小説『オズの魔法使い』が原作。この作品は、マペット映画のベテランスタッフと、ジム・ヘンソン社の提供によって製作された。

初放送[編集]

  • 世界初放送:トライベッカ映画祭、2005年4月27日。
  • テレビアメリカ初放送:米国のABC、カナダのCTVCBC、2005年5月20日。
  • 日本初放送:2005年12月8日。
  • イギリス初放送:2005年12月18日。

キャスト[編集]

  • ドロシー・ゲイル:アシャンティ
  • かかし:カーミット(スティーブ・ホイットマイア/真殿光昭
  • ブリキのロボット:ゴンゾ(デイヴ・ゴールズ/塩屋浩三
  • ライオン:フォジー(エリック・ジェイコブセン/江原正士
  • 南部の良い魔女:ミス・ピギー(エリック・ジェイコブセン/小形満
  • 西洋の悪い魔女:ミス・ピギー(エリック・ジェイコブセン/小形満)
  • 北部の良い魔女:ミス・ピギー(エリック・ジェイコブセン/小形満)
  • 東洋の悪い魔女:ミス・ピギー(エリック・ジェイコブセン/小形満)
  • トト:ペペ(ビル・バレッタ/高木渉
  • マンチキン:リゾ(スティーブ・ホイットマイア/石野竜三
  • エムおばさん:クイーン・ラティファ
  • ヘンリーおじさん:デヴィッド・アラン・グリア
  • オズの魔法使い:ジェフリー・タンバー
  • クエンティン・タランティーノ:クエンティン・タランティーノ
  • 門番:サム(エリック・ジェイコブセン/水野龍司
  • ブンゼン:ブンゼン(デイヴ・ゴールズ/江原正士
  • ビーカー:ビーカー(スティーブ・ホイットマイア/小形満
  • スクーター:スクーター(リッキー・ボイド/落合弘治
  • 鬼:ウォルドーフ(デイヴ・ゴールズ/北村弘一
  • 鬼:スタトラー(ジェリー・ネルソン/西川幾雄
  • クリフォード:クリフォード(ケビン・クラッシュ/落合弘治
  • カミラ:カミラ
  • ジョニー・フィアマ:ジョニー・フィアマ(ビル・バレッタ/大塚芳忠
  • サル:サル(ブライアン・ヘンソン/高木渉
  • マペット・ペンギン

歴史[編集]

この作品は2004年にウォルト・ディズニー社がジム・ヘンソン社を買収した後の作品で、ディズニー社の企業の大きさから宣伝範囲はとても大きなものとなった。また、ミス・ピギーや、サムをはじめとするマペット・キャラクターの声を演じていたフランク・オズは、同週に公開された『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(ヨーダ役で出演)と撮影時期が重なったため、降板となった。


原作との比較[編集]

この作品の舞台は、原作どおりアメリカカンザス州である。主人公ドロシーの家族は農場の代わりにダイナーを所有している。忘れてはならないもう一つの家族のトトはではなく、海老。マペットのペペ(クルマエビ)が演じ、笑いを誘うキャラクターとなっている。ブリキのきこり男は、最新式ロボット。

しかしながらいくつかの点で、1939年の映画「オズの魔法使」より密接に原作に従っている。一例として、「彼女がオズのマンチキンの村に到着するときドロシーに挨拶する」魔女と「どのように帰って来るかを彼女に示す」良い魔女は別々のキャラクターであることが挙げられる。他の重要アイテムの一つ、魔法のルビーの代わりに。ドロシーが西洋の悪い魔女を破ると、彼女はフライング・モンキーズの力を獲得。そして、オズの魔法使いは別々に異なった外観でドロシーの友人各人に会う。

面白い点としてはフライング・モンキーズが暴走族、西洋の悪い魔女のなごりであることの特色や、マンチキンのリーダーが女王ではなく、リゾ(男)である点などが幅広く受け入れられている。

クエンティン・タランティーノは本人役で出演している。ドロシーと西洋の悪い魔女の一騎打ちのシーンで、スーツを着たカーミットと、「ドロシーがどうやって悪い魔女をやっつけるか」について話し合うシーンで登場する。出演は約1分前後だが、クレジットにも登場している。

また、マペット全員がカンザス州やハリウッドで本人役で出演する。これらは、ドロシーがオズで出会ったかかしなどとは、まったく別人と考えていいらしい。

外部リンク[編集]