アイデンティティー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
“アイデンティティー”
Identity
監督 ジェームズ・マンゴールド
脚本 マイケル・クーニー
製作 キャシー・コンラッド
製作総指揮 スチュアート・ベッサー
出演者 ジョン・キューザック
レイ・リオッタ
レベッカ・デモーネイ
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 デヴィッド・ブレナー
製作会社 コロンビア映画
コンラッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年4月25日
日本の旗 2003年10月25日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,000,000[1]
興行収入 $90,259,536[1]
テンプレートを表示

“アイデンティティー”』(原題:Identity)は、2003年製作のアメリカ映画ジェームズ・マンゴールド監督のサスペンス。

アメリカでは2003年4月25日に公開され、週末興行成績で初登場1位になり、トップ10内に5週間いた。日本では同年10月25日にニュー東宝シネマ系列で公開された。

ストーリー[編集]

死刑囚マルコム・リバースは多重人格障害の疑いがあり死刑執行の前夜、彼の罪を問う再審議が行われようとしていた。

一方、大雨のために裏寂れたモーテルに一晩閉じ込められることになった11人の男女は何者かに次々と殺されて行く。女優の運転手であるエドは次第に連続殺人の奇っ怪さを感じ始め、ある瞬間に突如としてモーテルから審議室に意識が飛ぶ。そこでマリック医師から、自分はマルコムの人格の一人であること、マルコムの生み出した人格の内誰かが殺人鬼であること、医師の処置により今晩マルコムの人格の全員が引き合わされたことを聞かされ、モーテルはマルコムの精神に存在し、そこでの一連の殺人劇は殺人鬼の人格が他の人格を消滅させているものだと悟る。

モーテルに戻ったエドはロードこそが殺人鬼だと確信し彼の抹殺に成功する。これによりマルコムは死刑を免れ入院することになったが、その護送の最中ティミーの人格が現れマリック医師とドライバーは殺害される。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD テレビ
エド(女優の運転手) ジョン・キューザック  藤原啓治 堀内賢雄
ロード(囚人を護送中の警官) レイ・リオッタ 大塚芳忠 大塚明夫
パリス(娼婦) アマンダ・ピート 岡寛恵 岡本麻弥
ラリー(モーテルの主人) ジョン・ホークス 横島亘 大塚芳忠
ジニー(新妻) クレア・デュヴァル 佐藤ゆうこ 朴璐美
ジョージ・ヨーク ジョン・C・マッギンリー 星野充昭 牛山茂
アリス・ヨーク(ジョージの妻) レイラ・ケンズル 佐々木優子
マリック医師 アルフレッド・モリーナ 大滝寛 江原正士
テイラー判事 ホームズ・オズボーン 有本欽隆 谷口節
カロライン(女優) レベッカ・デモーネイ 小山茉美 土井美加
ルー(ジニーの夫) ウィリアム・リー・スロット 落合弘治
ロバート・メイン(護送中の囚人) ジェイク・ビジー 楠大典 三宅健太
マルコム・リバース(死刑囚) プルイット・テイラー・ヴィンス 玄田哲章
ティミー・ヨーク(アリスの連れ子) ブレット・ローア かないみか
被告側弁護人 カーメン・アルジェンツィアノ 小島敏彦
テリー地区検事 マーシャル・ベル 渡部猛
地区検事のアシスタント マット・レッシャー 横堀悦夫
  • DVD版
その他日本語吹き替え:岩松廉桐本琢也中博史永田博丈津村まこと石塚理恵、横堀悦夫、岩尾万太郎
  • テレビ版
その他日本語吹き替え:廣田行生船木真人田中一永武虎

脚注[編集]

  1. ^ a b Identity (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2009年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]