ナイト&デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイト&デイ
Knight and Day
監督 ジェームズ・マンゴールド
脚本 パトリック・オニール
製作 キャシー・コンラッド
トッド・ガーナー
スティーヴ・ピンク
ジョー・ロス
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
E・ベネット・ウォルシュ
音楽 ジョン・パウエル
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 マイケル・マカスカー
クインシー・Z・ガンダーソン
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
ニュー・リージェンシー・プロダクションズ
デューン・エンターテインメント
ピンク・マシーン
スリー・ライン・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年6月25日
日本の旗 2010年10月9日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $117,000,000[1]
興行収入 $261,924,837[1] 世界の旗
$76,376,042[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
23.1億円[2]日本の旗
テンプレートを表示

ナイト&デイ』(原題: Knight and Day)は、2010年公開のアメリカ映画2001年の『バニラ・スカイ』以来となるトム・クルーズキャメロン・ディアスの共演作である[3]

あらすじ[編集]

理想の男性を追い求める平凡な女性ジューン・ヘイヴンスは、ある日、ウィチタ・ミッド・コンティエント空港でハンサムな男性、ロイ・ミラーと運命的な出会いを果たす。だが、その男の正体は、ジューンが夢に見た理想の男性どころか、CIA所属のスパイであり、そのCIAから追われているのであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
ロイ・ミラー トム・クルーズ 森川智之
ジューン・ヘイヴンス キャメロン・ディアス 水町レイコ 石塚理恵
ジョン・フィッツジェラルド ピーター・サースガード 二又一成
アントニオ・キンターナ ジョルディ・モリャ 中村秀利 咲野俊介
イザベル・ジョージ長官 ヴィオラ・デイヴィス 高山佳音里
サイモン・フェック ポール・ダノ 平川大輔
ベルンハルト フォーク・ヘンチェル 石川英郎
ロドニー マーク・ブルカス 石住昭彦
エイプリル・ヘイヴンス マギー・グレイス 若原美紀
フランク・ジェンキンス デイル・ダイ 藤本譲
モリー セリア・ウェストン 藤波京子
ナオミ ガル・ガドット 水落幸子
エドゥアルド トレヴァー・ルーミス かぬか光明
  • 日本語吹替1:劇場公開版。DVD・BD収録。
  • 日本語吹替2:テレビ朝日版。初回放送2012年11月4日「日曜洋画劇場」。
その他の声の吹き替え - 両バージョン出演:巻島康一前島貴志ふくまつ進紗外谷勝由喜山茂雄蓮池龍三清和祐子茶花健太佐藤芳洋長尾雅世天沙羽恵美 テレビ朝日版のみ:山内健嗣/菊本平 

製作[編集]

監督がジェームズ・マンゴールドに決定する以前は、トム・デイが候補に挙がっていた[4]。脚本執筆には西部全米脚本家組合所属の脚本家12人以上が係わったが、最終的にクレジットされたのはパトリック・オニールのみとなった[4]

主演キャスト選びが難航したために製作が中々進まず、本作は「企画地獄」の状態に陥っていた。トム・クルーズキャメロン・ディアスに決定する以前は、アダム・サンドラーに声が掛かり、『ウィチタ』(Wichita)の題で製作する計画があったが、サンドラーがオファーを断った[5]。『ウィチタ』の企画はレボリューション・スタジオで進行し、その後ソニー・ピクチャーズに移った[5]。ソニーはクリス・タッカーエヴァ・メンデスのダブル主演とし、タイトルを『トラブル・マン』(Trouble Man)とする計画を立てた[4][5]。タッカーとメンデスが降板した後、ディアスがソニーと契約し、次いでジェラルド・バトラーが候補に挙がったが、最終的にバトラーは同社製作の映画『バウンティー・ハンター』でジェニファー・アニストンと共演することとなった[5]。その後、当時、『ソルト』や『ツーリスト』を含む5作品のオーディションを受けていたトム・クルーズが抜擢される[5]

製作スタジオのレジェンシー・エンタープライズデューン・エンターテインメントは、トム・クルーズの出演料を通常のそれより低くすることで製作費を抑えた[6]。『ロサンゼルス・タイムズ』によると、クルーズには通常2000万ドル以上の出演料が支払われているが、『ナイト&デイ』では1100万ドルしか受け取らなかったという[6]。映画の総製作費は1億1700万ドル以上である[1]

主要撮影は2009年9月中旬にマサチューセッツ州ボストン及びブリッジウォーターで始まった。空港ターミナルの場面はウースター地域空港で撮影された[7]。他に、スペインセビリアカディスオーストリアザルツブルク等でも行われた[8]

ブラック・アイド・ピーズの「サムデイ」が主題歌である[9]。サウンドトラック盤は2010年7月9日に発売された[10]。予告編にはミューズザ・レジスタンスに収録されている「アップライジング」が使われている。

20世紀フォックスは当初、2010年6月23日公開を予定していたが、他の競合作を避けるために[11]二日遅れとなる25日に変更した[12]

北米向けの宣伝ポスターは「大人の映画というイメージを前面に出して『北北西に進路を取れ』のような感じにする」ために、トム・クルーズとキャメロン・ディアスの顔が写っていないシルエットのみのデザインとなった[13]。世界向けのものは両者の顔が写ったオーソドックスなものが採用された[14]

フォックスは6月19日に試写会を行い、口コミによる宣伝効果を狙った[15]。だが、『ロサンゼルス・タイムズ』は同日行ったプレリリース調査から、本作が商業的に失敗する可能性が高いと報じ、また、「クルーズとディアスでは若年層の観客を動員することが難しい」という趣旨の指摘をした[6]

評価[編集]

アメリカカナダの公開日である2010年6月23日(水曜日)の興行収入は約380万ドルで、同日に約1300万ドルを稼いだ『トイ・ストーリー3』を下回って2位となった[16][17]。公開週末3日間での興行収入は2013万9985ドルであり、『トイ・ストーリー3』(公開2週目)、Grown Upsに次いで第3位となった[18]。これは、トム・クルーズ主演のアクション映画としては過去20年間で最低の初動成績である[19][20]。本作は複数のメディアが、興行的に失敗とする[19][21][22][23][24]。この失敗の原因はトム・クルーズの人気が落ちてきたせいであると一部メディアや評論家に分析されたが、それに対し20世紀フォックスのマーケティング責任者は「ポスターのデザインに問題があったせいであり、トム・クルーズには何ら責任はない」という趣旨のコメントをした[13]

Rotten Tomatoesでの評論家支持率は53%(198名中105名)に留まり、平均点は10点満点で5.6点となった[25]。また、Metacriticでの平均スコアは、38のレビューで100点満点中46点だった[26]。『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・エバートは4つ星満点で3つ星を与えた[27]

関連項目[編集]

ジューンに関するキーアイテムとして登場。
物語上、重要な役割を持つ都市。
ロイが「ハイパーモタード」を使ってバイクアクションをしている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Knight and Day (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2010年9月27日閲覧。
  2. ^ 日本映画製作者連盟 2010年全国映画概況
  3. ^ Candler, T C. “INDEPENDENT CRITICS - Review Page” (英語). www.independentcritics.com. 2009年2月23日閲覧。
  4. ^ a b c Zeitchik, Steven (2010年6月24日). “James Mangold wrestles 'Knight and Day' to the screen”. Los Angeles Times (www.latimes.com). http://www.latimes.com/entertainment/news/la-et-mangold-20100624,0,6848019.story 2010年6月24日閲覧。 
  5. ^ a b c d e Cieply, Michael (2010年4月14日). “Out of the Labyrinth and Onto the Screen”. The New York Times (The New York Times Company). http://www.nytimes.com/2010/04/15/movies/15knight.html 2010年6月27日閲覧。 
  6. ^ a b c Eller, Claudia; Ben Fritz (2010年6月19日). “Fox to sneak-preview movie 'Knight and Day' to generate missing buzz”. Los Angeles Times (California: www.latimes.com). http://www.latimes.com/business/la-fi-ct-cruise-20100619,0,6083180.story 2010年6月19日閲覧。 
  7. ^ Staff reports (2009年10月28日). “Melrose's Hollywood streak continues with Tom Cruise filming on Friday”. Melrose Free Press. GateHouse Media. 2009年10月28日閲覧。
  8. ^ Tom Cruise-Film: Komparsen für Salzburg-Dreh gesucht” (German). Die Presse (2009年11月6日). 2009年11月6日閲覧。
  9. ^ Black Eyed Peas new Song Someday ('Knight and Day' theme) for Upcoming Tom Cruise/Cameron Diaz Movie
  10. ^ Pfeifer, Will (GateHouse News Service) (2010年7月9日). “Movie Man: 'Five Star Final' paints dark portrait of news biz”. Dover Post (www.doverpost.com). http://www.doverpost.com/entertainment/x1849227726/Movie-Man-Five-Star-Final-paints-dark-portrait-of-news-biz 2010年7月9日閲覧。 
  11. ^ “トム・クルーズ、もはやスターパワー消滅? 新作が予想の成績を大きく下回る”. MovieWalker. (2010年6月26日). http://news.walkerplus.com/2010/0626/4/ 2010年9月27日閲覧。 
  12. ^ Fritz, Ben (2010年6月24日). “'Toy Story 3' expected to be No. 1 again at box office”. Los Angeles Times (www.latimes.com). http://www.latimes.com/business/la-fi-0625-ct-projector-20100625,0,5761351.story 2010年6月25日閲覧。 
  13. ^ a b “トム・クルーズを責めないで!興行成績の悪さはポスターの責任と米20世紀FOXは異例のスター擁護”. シネマトゥデイ. (2010年7月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0025340 2010年9月27日閲覧。 
  14. ^ “やっと顔出し!トム・クルーズ&キャメロン・ディアス『ナイト&デイ』ポスターがついに全世界的に解禁へ!”. シネマトゥデイ. (2010年7月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0025630 2010年9月27日閲覧。 
  15. ^ DiOrio, Carl; Gregg Kilday (2010年6月24日). “'Grown Ups' poised to beat 'Knight and Day'”. The Hollywood Reporter (www.hollywoodreporter.com). http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3id9ffa2b8a3ae072de5d0f7ee4ee388fa 2010年6月24日閲覧。  alternate link
  16. ^ Fritz, Ben (2010年6月24日). “Cruise-Diaz movie 'Knight and Day' opens to soft $3.8 million at box office Wednesday”. Los Angeles Times (latimes.com). http://latimesblogs.latimes.com/entertainmentnewsbuzz/2010/06/cruisediaz-vehicle-knight-day-opens-to-soft-38-million-at-box-office-wednesday.html 2010年6月24日閲覧。 
  17. ^ Cantor, Brian (2010年6月24日). ““Knight and Day” Bombs In Box Office Debut”. Headline Planet (headlineplanet.com). http://headlineplanet.com/home/2010/06/24/knight-and-day-bombs-in-box-office-debut/ 2010年6月24日閲覧。 
  18. ^ Weekend Box Office Results for June 25-27, 2010 - Box Office Mojo” (英語). Box Office Mojo. 2010年9月27日閲覧。
  19. ^ a b Germain, David (Associated Press) (2010年6月27日). “Tom bombs while 'Toy Story 3,' Sandler soar”. Salon (www.salon.com). http://www.salon.com/entertainment/movies/movie_news/?story=/news/feature/2010/06/27/us_box_office_13 2010年6月27日閲覧。 
  20. ^ Furse, Jane H. (2010年6月28日). “'Knight' terror for Cruise as 'Toy' tops”. New York Daily News (www.nydailynews.com). http://www.nydailynews.com/entertainment/summer_movie_guide/2010/06/27/2010-06-27_knight_terror_for_cruise_as_toy_tops.html 2010年6月29日閲覧。 
  21. ^ Goldstein, Patrick (2010年6月28日). “Fox's Tony Sella on 'Knight and Day'”. Los Angeles Times (latimes.com). http://latimesblogs.latimes.com/the_big_picture/2010/06/foxs-tony-sella-on-knight-and-day-blame-game-blame-me-not-tom-cruise.html 2010年6月29日閲覧。 
  22. ^ Pomerantz, Dorothy (2010年6月29日). “Is Tom Cruise Really Toast? No, Of Course Not.”. Forbes (forbes.com). http://blogs.forbes.com/bizblog/2010/06/29/is-tom-cruise-really-done-no-of-course-not/ 2010年6月29日閲覧。 
  23. ^ “Tom Cruise Bombs At Box Office”. Star Magazine (www.starmagazine.com). (2010年6月28日). http://www.starmagazine.com/tom_cruise_bombs_at_box_office/news/17033 2010年6月29日閲覧。 
  24. ^ Lumenick, Lou (2010年6月22日). “Cruise shoots a blank: Flop Gun Tom in trite ‘Knight,’ with ditz Diaz no help as kooky captive”. New York Post (www.nypost.com). http://www.nypost.com/p/entertainment/movies/cruise_shoots_blank_hlZX4RAu7i9MmN3vtU4FrI 2010年6月22日閲覧。 
  25. ^ Knight and Day Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster, Inc.. 2010年9月27日閲覧。
  26. ^ Knight and Day reviews at Metacritic.com”. Metacritic. CBS Interactive. 2010年9月27日閲覧。
  27. ^ Ebert, Roger (2010年6月21日). “June 21, 2010”. Chicago Sun-Times (rogerebert.suntimes.com). http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20100621/REVIEWS/100629998 2010年6月22日閲覧。 

外部リンク[編集]