カクテル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カクテル
Cocktail
監督 ロジャー・ドナルドソン
脚本 ヘイウッド・グールド
原作 ヘイウッド・グールド
製作 テッド・フィールド
ロバート・W・コート
出演者 トム・クルーズ
ブライアン・ブラウン
エリザベス・シュー
ケリー・リンチ
音楽 ピーター・ロビンソン
主題歌 ザ・ビーチ・ボーイズ
ココモ
撮影 ディーン・セムラー
編集 ニール・トラヴィス
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
配給 ブエナビスタエンターテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年7月29日
日本の旗 1989年3月25日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $171,504,781[1]
テンプレートを表示

カクテル』(原題: Cocktail)は、1988年アメリカ映画

ヘイウッド・グールドの同名小説を映画化した作品で、ロジャー・ドナルドソン監督、トム・クルーズ主演。トム・クルーズのスマイルと、フレアバーテンディングによるカクテル作りの派手なパフォーマンスでヒットを博した。

あらすじ[編集]

兵役あがりのブライアンは一攫千金を夢見てニューヨークに降り立つが、就職活動は難航し、ふとしたきっかけでバーテンダーのアルバイトを始める。オーナーのダグラスとコンビを組み、派手なバーテティングで評判を呼んで快調な滑り出しをみせるが、やがて二人は仲違いし、別々の人生を歩んでいく。

概要[編集]

映画のカテゴリーとしては、青春群像劇といえる。野望、出世、金、挫折と成功、師弟関係、友情、恋愛、幸福感などのテーマが入り混じった物語構成で、主人公が人生のアップダウンを繰り返しながら、大切な愛を掴むまでが描かれている。キャッチコピーは「この男のいるところ、いつも喝采…」であるが、内容とは隔たりがある。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ブライアン・フラナガン トム・クルーズ 渡辺裕之
ダグ・コーグリン ブライアン・ブラウン 小川真司
ジョーダン・ムーニー エリザベス・シュー 小山茉美
ボニー リサ・ベインズ
リチャード・ムーニー ローレンス・ラッキンビル
ケリ-・コーグリン ケリー・リンチ
コラール ジーナ・ガーション
パットおじさん ロン・ディーン

評価[編集]

作品自体の興行成績は各国で良好であった。

しかし、その年の最低作品を選ぶゴールデンラズベリー賞に作品賞と脚本賞で選ばれてもおり、単なるアイドル映画として扱われることが多い。トム・クルーズも自身の出演映画ワースト4に入れており、この映画に関して多くを語りたがらない。またグールドの原作・脚本とも、内容や表現が下品と評されることがある。映像の編集に関しても、登場人物の髪の長さに前後で矛盾がある、ガラスにカメラが反射して映っているなどの基本技術がなっていないという指摘もなされる。

備考[編集]

  • 原作・脚本のヘイウッド・グールドは、元ニューヨークポスト記者で、バーテンダーの経験がある。

作品に登場するカクテル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cocktail (1988)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月5日閲覧。

関連[編集]

外部リンク[編集]