ジャックとジル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャックとジル
Jack and Jill
監督 デニス・デューガン
脚本 スティーヴ・コーレン
アダム・サンドラー
原案 ベン・ズーク
製作 トッド・ガーナー
アダム・サンドラー
ジャック・ギアーラプト
ベティナ・ソフィア・ヴィヴィアノ
製作総指揮 バリー・ベルナルディ
出演者 アダム・サンドラー
ケイティ・ホームズ
アル・パチーノ
ダナ・カーヴィ
レギス・フィルビン
シャキール・オニール
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
撮影 ディーン・カンディ
編集 トム・コステイン
製作会社 ハッピー・マディソン・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年11月11日
日本の旗 2012年1月21日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $79,000,000[1]
興行収入 $148,822,653[1]
テンプレートを表示

ジャックとジル』(Jack and Jill, オリジナルのタイトルはThe Weird Personality)は、アダム・サンドラー主演のコメディ映画である。ベン・ズークとスティーブ・コレンが原案を書いた。その後、ロバート・スミゲルが手を加えた。監督はほとんどのサンドラーの映画で監督を務めた、デニス・デュガンが担当する。サンドラーの製作会社のハッピー・マディソンが製作しロサンゼルスと、2010年12月に本格出航前のクルーズ船 Allure of the Seasで撮影された。米国では2011年11月11日にコロンビア映画配給の元、MPAAのPGレイティングで公開される[2]。日本では2012年1月に公開された。

内容[編集]

ロサンゼルスで美人の妻と子供を持つ、成功した広告代理店の重役のジャック・サデルステインには毎年1年に1回のイベントに苦しめられていた。それは、双子の妹がやってくる感謝祭だ。ジルの訪問によってジャックは振り回されるハメになる[2]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジャック・サデルステイン アダム・サンドラー 松本保典
ジル・サデルステイン
エリン・サデルステイン ケイティ・ホームズ 榊原奈緒子
本人役 アル・パチーノ 坂口芳貞
フェリペ エウヘニオ・デルベス 板取政明
フェリペの祖母
テッド ティム・メドウス
トッド ニック・スウォードソン 丸山壮史
ジョエル・ファーリー アレン・コヴァート
ダミアンの兄弟
ビツィー・シモンズ ヴァレリー・マハフェイ
操り人形師 ダナ・カーヴィ
ダミアン・ファーリー デヴィッド・スペード
モニカ
アラン ロブ・シュナイダー
ヘンリー デニス・デューガン
ファンバケット ノーム・マクドナルド
本人役 シャキール・オニール
本人役 ドリュー・キャリー
本人役 ジョン・マッケンロー
本人役 ビリー・ブランクス
本人役 ジョニー・デップ

マーケティング[編集]

Mr.ズーキーパーの婚活動物園』公開時に予告編が公開された。

評価[編集]

2012年2月1日現在、Rotten Tomatoesでは89件のレビュー中、支持率は3%となっている[3]

2012年4月に発表された第32回ゴールデンラズベリー賞で10部門全てにノミネートされ、その全て(最低映画賞、最低監督賞、最低主演男優賞、最低主演女優賞、最低助演男優賞、最低助演女優賞、最低スクリーンカップル賞、最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞[脚注 1]、最低脚本賞、最低スクリーンアンサンブル賞)を受賞した[4]

脚注[編集]

  1. ^ エド・ウッド監督作『グレンとグレンダ』(1953年)のリメイクあるいは盗作ではないかという理由から。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Jack and Jill”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月2日閲覧。
  2. ^ a b Pearson, Anthony (2011年7月9日). “New trailer for Adam Sandler comedy 'Jack and Jill'”. Monsters and Critics. 2011年7月19日閲覧。
  3. ^ Jack and Jill (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年2月1日閲覧。
  4. ^ “史上初!今年のラジー賞は『ジャックとジル』が全10部門制覇!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0040817 2012年4月2日閲覧。 

外部リンク[編集]