フレディのワイセツな関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレディのワイセツな関係
Freddy Got Fingered
監督 トム・グリーン
脚本 トム・グリーン
デレク・ハービー
製作 ラリー・ブレズナー
ハワード・ラピデス
ローレン・ロイド
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
出演者 トム・グリーン
音楽 マイク・シンプソン
撮影 マーク・アーウィン
編集 ジャクリーン・キャンバス
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年4月21日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 $14,333,252[1]
テンプレートを表示

フレディのワイセツな関係』(原題: Freddy Got Fingered)は、2001年アメリカ映画第22回ゴールデンラズベリー賞では5部門(最悪作品賞・最悪監督賞・最悪主演男優賞・最悪スクリーンカップル賞[2]・最悪脚本賞)で受賞し、トム・グリーンが授賞式に駆けつけ、話題となった[3]。日本では劇場未公開で、ビデオ・DVDがレンタル・発売されたのみ。その際パッケージに「2002年度ゴールデンラズベリー賞受賞!」と書かれていた。

あらすじ[編集]

ゴード(トム・グリーン)はアニメーターになる夢を実現させるため、ハリウッドを訪れる。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Freddy Got Fingered (2001)”. Box Office Mojo. 2009年11月3日閲覧。
  2. ^ 受賞者は「トム・グリーン&彼が陵辱した動物たち」。
  3. ^ Waters, Darren (2002年3月23日). “Green gets fingered for Razzies” (英語). BBC News. 2008年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]