キャットウーマン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャットウーマン
Catwoman
監督 ピトフ
脚本 ジョン・ブランカート
マイケル・フェリス
ジョン・ロジャース
原案 テレサ・レベック
ジョン・ブランカトー
マイケル・フェリス
原作 キャラクター創造
ボブ・ケイン
製作 デニーズ・ディ・ノヴィ
エドワード・L・マクドーネル
製作総指揮 ブルース・バーマン
マイケル・フォトレル
ロバート・カービー
ベンジャミン・メルニカー
マイケル・E・ウスラン
出演者 ハル・ベリー
音楽 クラウス・バデルト
撮影 ティエリー・アーボガスト
編集 シルビー・ランドラ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年7月23日
日本の旗 2004年11月3日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $82,102,379[1]
テンプレートを表示

キャットウーマン』(Catwoman)は、2004年に公開されたハル・ベリー主演の映画である。

DCコミックから出版されている『バットマン』のキャラクターのひとりキャットウーマンを主人公としているが、本作は映画『バットマン』シリーズとの接点は無い。

概要[編集]

2004年ピトフ監督により実写映画化された作品。ハル・ベリーがキャットウーマンを演じたが振るわず、作品賞・監督賞・脚本賞・主演女優賞の4部門でラジー賞を受賞した。ベリーはこの授賞式に出席し、「他人の助力なしにアカデミー賞(ラジー賞)は取れないわ」「最高(最低)のスタッフに囲まれたおかげよ」と泣きはらし、アカデミー賞を受賞した時のスピーチを全く同じく再現してみせた[2] 。ベリーの懐の大きさに、観客は拍手喝采を送った。

ストーリー[編集]

ペイシェンス・フィリップスはシャイで感じやすい芸術家タイプのグラフィックデザイナー。 ある日、ペイシェンスが働いている巨大な化粧品会社「ヘデア・ビューティー社」が革命的な老化防止商品の発表を控えていた際、彼女はその商品に関する驚くべき秘密を知ってしまい、暗殺される。

しかし彼女はエジプトの猫神「マオ・キャット」の力によって蘇り、猫の強さやスピード、俊敏さ、そして超人的な鋭い感覚を持って生まれ変わった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
ペイシェンス・フィリップス/キャットウーマン ハル・ベリー 本田貴子 深見梨加
トム・ローン刑事 ベンジャミン・ブラット 小杉十郎太 堀内賢雄
ジョージ・ヘデア ランベール・ウィルソン 中村秀利 大塚芳忠
オフィーリア・パワーズ フランセス・コンロイ 寺田路恵 沢田敏子
ローレル・ヘデア シャロン・ストーン 深見梨加 小山茉美

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Catwoman (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月6日閲覧。
  2. ^ Daily Cognition: Top 10 Movies That Went Wrong.

外部リンク[編集]