ハドソン・ホーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハドソン・ホーク
Hudson Hawk
監督 マイケル・レーマン
脚本 スティーヴン・E・デ・スーザ
ダニエル・ウォーターズ
原案 ブルース・ウィリス
ロバート・クラフト
製作 ジョエル・シルバー
製作総指揮 ロバート・クラフト
出演者 ブルース・ウィリス
ダニー・アイエロ
アンディ・マクダウェル
音楽 マイケル・ケイメン
ロバート・クラフト
撮影 ダンテ・スピノッティ
編集 クリス・レベンゾン
マイケル・トロニック
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 コロンビア・トライスター映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年5月24日
日本の旗 1991年9月21日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $17,218,080 アメリカ合衆国の旗[2]
テンプレートを表示

ハドソン・ホーク』(Hudson Hawk)は、1991年に公開されたマイケル・レーマン監督、ブルース・ウィリス主演・共同原案のアメリカ映画である。

概要[編集]

筋書きは陰謀論秘密結社、歴史ミステリーに加え、1960年代のジェームズ・コバーンの出演映画『電撃フリントGO!GO作戦』に出てくるような一風変わったテクノロジー、これら要素が下敷きとなっている。ちなみにコバーンは本作で悪役を演じている。

また、実写映画でありながらカートゥーン風のスラップスティック(コミカルな効果音)を多用しているほか、主人公ハドソン・ホークと相棒トミー・ファイブ=トーンが協力して別々の作業へ取りかかるときは時間を計るために2人で歌を歌うなど、いくつかの特徴的な仕掛けが施された。2人が劇中で歌ったビング・クロスビー"Swinging on a Star"(星にスイング)、ポール・アンカ"Side by Side"(サイド・バイ・サイド)はサウンドトラックにも収録されている。

ストーリー[編集]

盗みと金庫破りのプロフェッショナル、エディ・"ハドソン・ホーク"・ホーキンスが10年の刑期を終えて刑務所から仮出所してきた。ホークは出所初日を祝って好物のカプチーノへありつこうとするが、保護観察官ゲイツ、零細マフィアのマリオ・ブラザーズ、CIAのカプランとその部下たちから美術品を盗み出すように寄ってたかって脅迫を受け、カプチーノはお預けのまま拉致されてローマに送られる。この映画では全篇通して、ホークがカプチーノを楽しもうとするたびに邪魔が入る。

それら何人もの手駒を裏で操っていたのはローマのエウローパに本社を置くサイコパシー・アメリカン・コーポレーションの経営者メイフラワー夫妻とその一味だった。メイフラワー夫妻は、レオナルド・ダ・ヴィンチが発明したとされる錬金術を実現した機械 "La Macchina dell'Oro"(黄金製造機)を再現することで世界征服の企みをめぐらせていたが、黄金製造機を稼働させるためにはダ・ヴィンチが生前に自らの作品スフォルツァ騎馬像トリヴルツィオ手稿、ヘリコプターの模型に隠した特別なクリスタルを集める必要があり、ホークに夜盗をやるよう脅した理由がそこにあった。

一方でバチカンの秘密防諜員、修道女アンナ・バラグリはCIAと手を組んで、ダ・ヴィンチの3つの作品に執着するメイフラワー夫妻の狙いを探っていた。そしてホークをメイフラワー夫妻の手先とみて密偵についていたものの、CIAこそメイフラワー夫妻と裏で手を組んでいたと知り、ただこき使われていただけのホークを援護する側にまわってゆく。CIA、メイフラワー夫妻、ホークらの思惑が交錯し、最後は黄金製造機が再現されたダ・ヴィンチ城での三つ巴の大決闘で映画はクライマックスに向かう。

キャスト[編集]

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ 日本テレビ
エディ・"ハドソン・ホーク"・ホーキンス ブルース・ウィリス 樋浦勉 村野武範 野沢那智
トミー・ファイブ=トーン ダニー・アイエロ 富田耕生 石田太郎
アンナ・バラグリ アンディ・マクダウェル 高島雅羅 土井美加
ジョージ・キャプラン ジェームズ・コバーン 小林清志 内海賢二 小林清志
ダーウィン・メイフラワー リチャード・E・グラント 納谷六朗 石丸博也
ミネルバ・メイフラワー サンドラ・バーンハード 小宮和枝 小宮和枝
アルフレッド ドナルド・バートン 大木民夫 上田敏也
スニッカーズ[3] ドン・ハーヴェイ 古田信幸 大黒和広
キットカット デヴィッド・カルーソ 鈴木勝美 台詞なし
バターフィンガー[4] アンドリュー・ブリニアースキー 大塚明夫 大友龍三郎
アーモンド・ジョイ[5] ロレイン・トゥーサン 喜田あゆみ 高乃麗
ナレーション ウィリアム・コンラッド 石森達幸 辻村真人
  • ソフト版日本語吹き替え:VHS・DVD・BD収録
その他吹き替え:千田光男村松康雄田原アルノ増岡弘茶風林滝沢ロコ吉田美保
演出:伊達康将、翻訳:佐藤一公、調整:荒井孝、プロデュース:吉岡美惠子、制作担当:神部宗之、制作:東北新社
制作:ムービーテレビジョン
その他吹き替え:石井敏郎辻親八荒川太郎有本欽隆島香裕、滝沢ロコ、池本小百合
演出:小出悟、翻訳:たかしまちせこ、調整:重光秀樹、効果:リレーション、制作担当:別府憲治(ケイエスエス)、プロデューサー補:小林三紀子、プロデューサー:藤本鈴子/門屋大輔(日本テレビ)、制作:ケイエスエス

スタッフ[編集]

制作[編集]

リチャード・E・グラントは制作日誌を詳細にわたって記した自伝 "With Nails: The Film Diaries of Richard E. Grant" のなかで、本格的な撮影期間中も脚本・構想にひろく修正がくわえられ、製作側がその場しのぎの性格を帯びていたことを指摘。またアンディ・マクダウェルも雑誌のインタビューのなかで、台詞を頭にいれることより製作側の突然の要求に柔軟な対応ができるよう準備していた、ということを述べている[6]ブルース・ウィリスは1990年代のドル箱スターの1人という地位に登りつめていたが、脚本にまで手を出した作品は後にも先にも本作だけである。

評価[編集]

映画は概して評論家の否定的な論評と興行成績の失敗というかたちで評価され、第12回ゴールデンラズベリー賞では作品賞、監督賞、脚本賞の3部門にわたって受賞を果たした。興行成績が失敗に終わった理由のひとつは、コメディ路線という明確な意図があったにもかかわらず、本作公開の1年前に成功をおさめた『ダイ・ハード2』のようなアクション映画として売り込んでいたことである。実際、北米圏のキャッチコピーは劇場公開時にあった「襲いかかる興奮」の文句が、ビデオソフト発売時に「襲いかかる爆笑」へ置き換えられた。

派生作品[編集]

サウンドトラック[編集]

劇中で使用された楽曲はマイケル・ケイメンが作曲・指揮を手がけ、全11曲を収めたサウンドトラックが米国盤は1991年6月11日にヴァレーズ・サラバンド・レコーズから、日本盤が同年9月1日にサウンドトラック・リスナーズ・コミュニケーションズからリリースされた。

  1. Hudson Hawk Theme - ドクター・ジョン (05:38)
  2. Swinging on a Star - ブルース・ウィリス、ダニー・アイエロ (02:53)[7]
  3. Side by Side - ブルース・ウィリス、ダニー・アイエロ (02:18)[8]
  4. Leonardo - (04:55)
  5. Welcome to Rome - (01:46)
  6. Stealing the Codex - (01:58)
  7. Igg and Ook - (02:22)
  8. Cartoon Fight - (02:54)
  9. The Gold Room - (05:57)
  10. Hawk Swing - (03:41)
  11. Hudson Hawk Theme [Instrumental] - (05:18)

コンピュータゲーム[編集]

劇場公開後、映画を原作としたコンピュータゲームソフトが複数のゲーム機に向けて発売された。日本ではエピックソニーレコードが1991年12月27日にファミコン版、1992年3月13日にゲームボーイ版のゲームソフトを発売。北米をはじめとするその他の地域では、1991年にソニー・イメージソフト(1990年代初頭にソニーが立ち上げた子会社、en:Sony Imagesoftを参照)がNES版やゲームボーイ版、オーシャン・ソフトウェアがコモドール64版、Amiga版、ZX Spectrum版、Atari ST版のゲームソフトを発売した。内容はオークションハウスやバチカンからスフォルツァ騎馬像、手稿を盗みに入るという映画のストーリーに準じており、プレイヤーが主人公ホークとなってオークションハウスの屋根から落とそうとするダックスフント、警備員、カメラマン、修道女、テニスプレイヤー(おそらくダーウィン・メイフラワー)など、変わり種の敵たちと対決する横スクロールアクションゲームであった。

脚注[編集]

  1. ^ ハドソン・ホーク 字幕版”. ソニー・ピクチャーズ. 2008年7月14日閲覧。
  2. ^ Hudson Hawk (1991)” (英語). Box Office Mojo. 2008年7月14日閲覧。
  3. ^ 日本テレビ版では、シュークリームという名前に変更された。
  4. ^ 日本テレビ版では、マシュマロという名前に変更された。
  5. ^ 日本テレビ版では、アーモンド・チョコという名前に変更された。
  6. ^ 「Talk about Hudson Hawk」、『キネマ旬報』第1065号、キネマ旬報社、1991年9月、 53頁、2008年10月9日閲覧。
  7. ^ 原曲の歌詞通りに歌っていないため曲の長さが原曲と異なる。劇中の台詞にもある通り、5分32秒が原曲の長さ。
  8. ^ 劇中の台詞にもある通り、6分ちょうどが原曲の長さ。

外部リンク[編集]