マイケル・レーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・レーマン(Michael Lehmann, 1957年 - )は、アメリカの映画監督。サンフランシスコ生まれ。初期は『ヘザース』『アップルゲイツ』などシニカルなコメディが多かったが、後年はやや毒気の薄まった(しかし、やはりどこかオフビートな)ロマンティック・コメディを手がけることが多くなった。『エド・ウッド』では製作総指揮を務めた。

初期は、脚本家のダニエル・ウォーターズとよく組んだ。

略歴[編集]

コロンビア大学を卒業後、フランシス・フォード・コッポラのもとで働く。

作品[編集]

関連項目[編集]

  • 山形浩生:好きな映画監督として名を挙げたことがある

外部リンク[編集]