嵐の中で輝いて (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嵐の中で輝いて
Shining Through
監督 デヴィッド・セルツァー
脚本 デヴィッド・セルツァー
製作 ハワード・ローゼンマン
キャロル・バウム
製作総指揮 デヴィッド・セルツァー
サンディ・ガリン
出演者 マイケル・ダグラス
メラニー・グリフィス
リーアム・ニーソン
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 ヤン・デ・ボン
編集 クレイグ・マッケイ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年1月31日
日本の旗 1992年4月11日
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
興行収入 $43,838,238[1]
テンプレートを表示

嵐の中で輝いて』(あらしのなかでかがやいて、原題: Shining Through)は、1992年公開のアメリカ映画デヴィッド・セルツァーの監督・脚本、マイケル・ダグラスメラニー・グリフィスの主演による。配給は20世紀フォックス。原作はスーザン・アイザックの小説(原題同じ)である。

ストーリー[編集]

西暦1940年アメリカ合衆国ニューヨークユダヤ人の父親を持つリンダは、ドイツ語が堪能だったため、弁護士のリーランドの事務所で秘書として働くことになる。やがてリンダとリーランドは、上司と部下という関係を超えて、互いに惹かれ合っていくのだった。しかし、幸せは長くは続かなかった。第二次世界大戦が激化したことで、二人の関係に変化が生じたのだ。

実はリーランドの正体は、「米軍戦略事務局(後のCIA)」の大佐であり、主に他国に潜入している諜報員の指揮を取っていたのだ。だが、大戦の影響でアメリカとドイツの対立が深まり、ドイツに潜伏させていた諜報員が殺害されてしまう。これにより、リーランドは新たな諜報員をドイツに送りこむよう、軍から迫られていたのだ。この事実を聞かされたリンダは、ドイツにいる伯母一家を救い出すために、自分が諜報員となってドイツに潜入すると彼に志願する。彼女の志願に驚くリーランドだったが、彼女の熱意に押されて了承するのだった。

こうしてアメリカの諜報員としてドイツに潜入したリンダだったが、諜報員として素人同然の彼女に様々な危機が迫る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ東京
エド・リーランド マイケル・ダグラス 小川真司
リンダ・ヴォス メラニー・グリフィス 高島雅羅 藤田淑子
フランツ=オットー・ディートリッヒ リーアム・ニーソン 佐古雅誉 堀勝之祐
マーグリート・フォン・エバースタイン ジョエリー・リチャードソン 井上喜久子 沢海陽子
サンフラワー ジョン・ギールグッド 八奈見乗児 有本欽隆
カーノハン ウィリアム・ホープ

スタッフ[編集]

受賞・ノミネート[編集]

出典[編集]

  1. ^ Shining Through (1992)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]