鈴木勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すずき かつみ
鈴木 勝美
プロフィール
出生地 日本の旗 日本愛知県
生年月日 1956年8月5日(58歳)
事務所 アーツビジョン
活動
活動時期 1982年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

鈴木 勝美(すずき かつみ、1956年8月5日 - )は、日本の男性声優アーツビジョン所属。愛知県出身。愛知学院大学卒業。

経歴[編集]

俳協演劇研究所10期生。かつては、オフィス央ぷろだくしょんバオバブぷろだくしょん★A組に所属していた。

元は教師を志望していたが、大学の3年生の春休みに声優についての本を見たことと、教師をしている兄や教育現場を見たことをきっかけに声優を志し、大学卒業後に愛知から上京して俳協演劇研究所に入学する。26歳の頃、『超時空要塞マクロス』の柿崎速雄役で初レギュラーを得る[1]

エピソード[編集]

養成所時代、食べることよりレッスン代が必要と考え、1日150円の生活をしていた[1]

勇者特急マイトガイン』において敵役であるロック歌手パープル役を担当した際に、役柄の都合上歌を歌った。1990年代当時のロボットアニメでは珍しく、悪役ながら後期エンディングテーマを担当し、「PURPLE」名義でシングルも出している。

また、2001年に急逝した先輩声優である松尾銀三の持ち役を数多く引き継いだ。

出演作品[編集]

太文字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

  • ゲンジ通信あげだま(ウーロン茶、ハーブ茶、ジャスミン茶、教頭)
  • ジャンケンマン(チョッキンパパ、ポリバケツおじさん)
  • 少年アシベ(味田、イエティ)
  • 魔法のプリンセス ミンキーモモ(機関士、社員C、探検隊員A、ビデオ屋のお兄さん)
  • 丸出だめ夫(おまわりさん、ピザ屋の店長、そば屋、UFO、家来A、社員B、アナウンサー、チンピラA、警官、警察官、老人、アナウンサーA、家庭教師A、初恋の恐竜、ドッチの祖父、調教師)

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

  • ケロロ軍曹(土井中村村長)
  • ご姉弟物語(執事、審判)
  • ドラえもん(タクシー運転手、案内ロボット)

2011年

  • クレヨンしんちゃん(じい、人々)

2012年

  • 忍たま乱太郎(山伏)
  • 名探偵コナン(谷中篤)
  • ONE PIECE(ヌル)

2014年

  • クレヨンしんちゃん(教官)
  • ONE PIECE(仮面の男)

OVA[編集]

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1996年

1997年

2000年

  • 紺碧の艦隊(室生直毅)

2002年

劇場アニメ[編集]

1984年

1986年

1987年

  • タッチ3 君が通り過ぎたあとに(久保田)

1990年

1993年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2001年

2003年

  • 犬夜叉 天下覇道の剣(じいちゃん〈2代目〉)

2007年

ゲーム[編集]

1993年

1994年

1995年

1998年

1999年

2000年

2001年

2003年

  • グレゴリーホラーショー ソウルコレクター(カエル占い師)
  • 超時空要塞マクロス(柿崎速雄、ワレラ、アナウンサー)

2004年

2005年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

CD[編集]

パチスロ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 渡辺由美子・アニメージュ編集部編「声優って大変だけど面白い------現役声優座談会」『アニメージュ・オリジナルレポート 声優になりたいあなたへ』徳間書店、1994年4月30日、ISBN 4-19-860101-1、69-81頁。

外部リンク[編集]